※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロ「アリス……遥か昔に存在していたと言われる、伝説の少女……」

助1「私は只の作り話だと思っていました」

助2「しかし…本当に存在していた…」

助3「現在も、地元住民からの目撃証言が度々報告されています」

助4「まあこれは本当かどうか分かりませんが…」

 

ローゼンら研究者一行は、かつては聖地と呼ばれていた、深い森の中の教会に来ていた。

辺りには木々が立ち並び、教会は古く、寂れていた。

ローゼンらは教会に静かに立ち入った。そして、そこに飾ってある一枚の壁画を見た。

 

助3「これが…至高の少女と呼ばれているアリスの肖像画…」

助4「…美しい…」

ロ「…………」

 

ローゼンは何も言わず、只その壁画を見つめていた…

その壁画には、純白の髪、肌を持ち、やはり純白の衣を纏った、少女が描かれていた。

そして、何よりも特徴的なのは、背中から生えている純白の翼である。その姿は正に

『天使』と呼ぶのに相応しかった…

----------------------------------------------------------------------------------------------------

ローゼン一行は、教会から離れたテントへとやってきていた。

 

助1「教授、これが今回発見された、アリスの物と見られる翼の化石です」

助2「これがそうなのか…」

ロ「これで…遂に我々の研究のための道具は全て揃った…」

助3「アリスを我々の手で創り出す…」

助4「教授!!絶対に成功させましょう!!」

 

そう…彼らの目的は、遥か昔に絶滅したとされるアリスを、自分達の手で復活させること

だ。アリスのDNAを採取し、一から創り出す…それが今、現実に行われようとしている。

そして、ローゼン達の姿を見つめる影が一つ、テントの外に居たが、誰も気付かない…

|