※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『桃紅』 

ここは真紅の家。今日も今日とて、僕は下僕稼業に精を出している。
「真紅~紅茶煎れようか?お前の好きなダージリンを買ってきたぞ」
「…」
本日のお嬢様は御機嫌が麗しくないようだ。
「…おっ、『クイズ魔法学園』見てるのか。」
「…」
「この金髪の回答者、なんとなく真紅に似てるよな。(胸も小さいし)」
「…」
「…なぁ、いいかげん機嫌直してくれよ…」
「!」
鈍い衝撃が頭を貫く。
「ぐあッ!グーで殴るなよグーで!」
金髪で胸控えめなこのお嬢様は、拳を固めたままつぶやいた。
「真紅はここにはいないわ」
「はぁ?」
「そう、私は……ピンク。ピンクよ。真紅じゃあないのだわ」
「はァ~??」
なるほど今日はピンクのTシャツを着てはいるが…安直すぎるセンスだが、韻を踏んでいて不思議に似合う名前だ。
「それより喉が乾いたわ。紅ち…コーヒーを入れて頂戴」
「今紅茶って言いかけダふッ!脇腹は勘弁しろよ…」
あげ足を取る暇さえ与えてくれずに、突き刺すような視線でこう言った。
「四の五の言わないでさっさとしなさい…!」
もしかしてお月様ですか?喉元まで来ていた言葉だったが、口に出すまでには至らなかった。僕がお星様になってしまうからだ。

「ほい、できましたよっと」
「あら。早いわね。」
労いの言葉をかけもせず、御所望のできたてコーヒーを口に含む。
「……ッ!ゴホッ!ゴホッ!苦いのだわ!苦いのだわ!」
「あぁ、僕はいつもブラックだからそのままだしちゃッあべし!鳩尾は危険だろ…」
「ほんとに!あなたは!鈍感すぎるのだわッ!!」
「そ、そんなに怒るなよ。今砂糖持ってくるから…」
「いらないッ!」
「なんなんだよ…もう勝手にしろ!」
つかのま、部屋に沈黙が訪れる。
「……グスッ」
沈黙を破ったのは、真紅の…
「…泣いてるのか?」
「泣いてないッ!」
赤くした目でこちらを睨むと、ばふっと勢いよくソファーにうつ伏せになってしまった。
そんな真紅を尻目に、僕はカマをかけてみることにした。
「なぁ…まさか、今日学校で水銀燈と仲良くしてたから機嫌悪いんじゃ…」
「ッ!うぅぅ~!グスッ」
どうやら図星のようだ。

「…ヤキモチか?」
一呼吸置いてから、金色の髪が襲い掛かってくる。避ける間もなく、額にみみずをこさえてしまう。
「自惚れるんじゃあないのだわッ!!」
そう言い放った真紅の顔は、名前の通り真っ紅だった。いや、ピンクか。

「わかったわかった。悪かったよ」
自然と、笑みがこぼれた。
「何を笑ってるのよ!」
まだうっすらと涙を浮かべる真紅は、ずい、と僕との距離を縮めてくる。
「安心したんだよ。」
同時に、真紅の手を取り、一気に引き寄せる。その距離も一気にゼロとなる。
「な、何をするのよ急に…!」
離れようとする真紅を、力ずくで抑えつける。
「ちょ…離しなさいって…」
「僕が」
「え…?」
「僕が真紅以外の女の子に手を出すわけないだろう?僕が好きなのは、真紅だけだ。」
「ジュン…」
抵抗していた手が緩み、潤んだ瞳は一点に僕の目を見つめる。そして、その華奢すぎる体の全てが、僕に預けられた。

「……っと、とうぜんよ!当然だわ!この私の魅力にかなう者なんて!」
バッと僕から離れると、紅くしたままの顔で不自然なまでに大きな声でそう言った。
「さっ!口直しに紅茶を用意なさい!」
「ははっ。はいはい」
どうやらいつものお嬢様に戻られたようだ。
ふと、背中に柔らかい感触。
「私、ジュンを信じてるからね…ありがと…」
さて、今日もはりきって下僕を続けるとしますか。
「(あててんのよ…わかりづらいかもしれないけど…)」

|