※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


はしるあお

ただひたすらに走る二人。
「あっちだよ、ジュンくん!」
先を走る少女は叫ぶ。
闇を裂くのは、少女の白い息と声。
凍てつくような真夜中の寒さの中、少女の声が反響する。
空気の冷たさは、身体だけでなく心も裂くようだ、と少年は思う。
彼に待っているのは、彼女との別れ。
それでも元気に走り続け、楽しく笑い続ける彼女。
痛い。
彼の思いは、自らの骨を肉を皮膚を突き破って外界へとあふれ出る。
少年の感じる痛みは現実に感じる痛みよりも鋭く彼を切りつける。
少しずつ加速する二人の足音。
彼らは夜の闇の中、走り続ける。
「で、そこに何があるっていうのさ?」
少年は問う。
「とっても綺麗なものさ」
彼女が答える。 

走り続ける今。
彼女といられる今。
それは彼にとっては夢のような時間だった。
「あとどれくらい走るの?」
走り終わる地点。
彼女との別れの時間。
それは彼にとっては夢の終わりと等しかった。
「もっとずっと遠くだよ」
この道が悠遠くまで続けばいいと彼は願った。

空の奥のずっと遠く。
地平線から陽光が少しずつ漏れ始める。
「もうこんな時間か。少し急がなきゃ」
彼らは走り続ける。
まるで歪な坂を転がり落ちるかのように。
速くなっては遅くなり、乱れたペースで、しかし確実に進んでゆく。
「ねぇ、憂鬱でしょ」
彼女は唐突に尋ねる。
「どうして」
「僕がとっても憂鬱だからさ。もう少しジュンくんと一緒にいたかったなと思ってる」
「僕も同じ意見だよ」
「…きっとその憂鬱も晴らせるよ。あれを見れば」
彼女の横顔を見る。
少し嬉しそうで、少し楽しそうで、そして、とても辛そうだった。
少年は彼女のその表情を見て、少しだけ安心した。
なぜ、彼女の悲しそうな顔を見て安心するのか。
わからない。わからないけれど。
彼らは走り続ける。
走って走って走り続けて、ついに、たどり着いた。

そこは山の頂上。
「ジュンくんにこれを見てもらいたかったんだ」
走って走って至ったその場所。目の前には海。
黒から紺へ、そしてオレンジに変わりゆく海。
その奥には光り輝く太陽。
周りに邪魔をするものはない、剥き出しの陽の光。
「陳腐でありふれたものだけど、僕は何よりこの光が、風景が、好きだった。
 だから、ジュンくんにこれを見せて別れることにしたんだ」
美しかった。
その光に照らし出されたありとあらゆるものが彼に美しく見えた。
木の葉一枚一枚が光り輝き、雲は虹のように様々な色をたたえていた。
海は宝石を散りばめたかのようにきらめいて、そして、彼女が、隣で微笑んでいた。
涙が流れ出す。
「それじゃあね、ジュンくん」
彼女は彼の隣から消える。まるで煙か蜃気楼であるかのように。
涙が濁流のように流れ出す。
夢は覚めた。
彼の憂鬱は彼女のともに消えて去った。

|