※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

41

巴「お兄ちゃん」
J「どうしたんだ、柏葉。保守か?」
巴「…すっかり適応してるね。というか、いつもより心なしか声とかも優しいような…」
J「そ、そんなことないって」
巴「…それでも柏葉…なんだね。妹のこと、苗字で呼ぶ兄なんていないと思うけど…」
J「え…」
巴「お兄ちゃん、照れてる?」
J「ばばば、馬鹿なこと言うなよ!…ただ一つだけ、気になることが…」
巴「なに?」
J「妹なのはわかったよ。でもそれは義妹か実妹か?それが問題だ」
巴「貴様真性か」

 



42

巴「お兄ちゃん」
J「まだやるのかそのネタ」
巴「さすがに飽きた?」
J「…そうはいってないだろ…」
巴「ふふ…素直じゃないね、お兄ちゃん」
J「……!と、とりあえず、保守だ…!」
巴「…お兄ちゃん、抱っこしてほしいな…」
J「え、あ、ああ、わ、わかった!」
巴「(ボソボソ)…これ思ったよりいけるかも…私も妹だと思ったら、なんだかいつもより大胆になれるし…」
の「ジュンくん、だめよぅ!」
巴「!?」
J「うわ、お、お前、いつの間に!?」
の「巴ちゃん、ジュンくんは姉萌えなのよぅ、妹萌えじゃないのよぅ!ね、ね?ジュンくん、そうだよね?」
J「な…おま、何言って…」
巴「…お兄ちゃんは妹がほしかったんだよね?」
J「か、柏葉まで…!」
の「違うよね?姉萌えだよね?お姉ちゃん、ジュンくんのこと信じてるから…」
J「ぼ、僕は…」
巴「…お兄ちゃん」
J「僕は両方ともアリだと思うんだけど」
巴「まぁそういうだろうなとは思った」

 



43

巴「桜田くん」
J「…柏葉か。保守しにきたのか?」
巴「なんだか浮かない顔だね」
J「そ、そんなことないけど…」
巴「…もしかして、お兄ちゃんって呼ばなかったから?」
J「べべべ、別にそんなわけじゃ…!」
巴「私としては続けてもよかったんだけど…」
J「だから違うって!」
巴「なんだかあのままいって定着したら、取り返しのつかないことになる気がして」
J「……まぁそれは確かに…でも僕は別に…元からどうでもよかったというか…全然がっかりとかしてないし…」
巴「そう。ならいいの、桜田くん」
J「……なぁ」
巴「何?」
J「これから雛苺呼んでおままごとしないか?」

 



44

巴「保守50回記念」
雛「なのー!」
J「……」
巴「どうしたの?」
J「いや…44って書いてあるけど…」
雛「番外編がこれまでに6回あったから、今回で50回なのよー」
J「あ、そっか…じゃあ、今回で50回か…」
巴「そう。よく続いたよね」
J「そうだな…同じようなネタ、何回もやってるけど…」
巴「……毎日何かしようと思ったらどうしても……」
雛「うゅ…二人とも、おめでたい回なのに暗いのよ…もっと明るい話をしましょうなの!
  この50回で新しくわかったこととか…」
巴「新しくわかったこと?……桜田くんが想像以上に変態だった」
J「か、柏葉には言われたくない!そもそもたいてい柏葉が変なネタ振ってくるんじゃないか…!
  いきなり脱ぎだそうしたり、きわどいこといってきたり…」
巴「それを想定の範囲外のクオリティで返されることが多いんだけどね。フェチにもほどがあるわ」
雛「喧嘩しちゃめっ、めっなのよっ。それに、いろんな意味で二人とも似たもの同士なのね。お似合いなのー!」
J「なっ…ひ、雛苺、何バカなこと…!」
巴「そ、そうだよ…ご、ごめんね桜田くん、雛苺が変なこといって…」
雛「っていうかそんな風にいつもいつも大胆なところと純情ぶるところ間違えてるなの。いい加減にしなさいなの」

 



45

巴「桜田くん、お客さん」
J「お客?」
み「久しぶりー、ジュンジュン!なになに、保守してるの?」
J「うわっ…な、なんであんたが!」
み「ジュンジュン、年上に向かってあんたはないんじゃない~?って、あれ?巴ちゃん…?」
巴「あ、はい、どうも。私、ここでは人形です」
み「……っ!」
巴「……?」
み「……っか、かわいいいぃぃぃぃ!!!!!」
巴「!!?」
み「可愛い可愛い可愛い可愛い!巴ちゃんすっごく可愛い~!スリスリスリスリスリスリスリスリスリスリ」
巴「ひっ……やめ…い、いたいよ……さ、桜田くん、もしかしてこの人…」
J「変態だよ」
み「ってぇ!ジュンジュン聞き捨てならないわねぇ、私はただ可愛いものに目がないだけよ。
  あ~もう、でもでも、やっぱりドールって可愛いよねーほんとに、みっちゃん感激!」
巴「ご希望なら、自分も人形になれますよ。なってみたらどうです?」
み「え?」
巴「ですから、みつメイデンに。誰かもいってましたけど」
み「……みつメイデン……私も考えたことは…でも、カナにはやめてって言われたし……」
巴「そうですか?私もドールって可愛いと思いますよ。桜田くんも好きだし…」
J「え、いや、僕としては…」
巴「戻りたかったらいつでも戻れますし、桜田くんのお姉さんもなりましたし」
み「で、でも…私もうけっこうな年だし…そばかすだってあるし…」
巴「ドールになったら気になりませんよ。むしろそこがチャームポイントになるかも」
み「………ううん、やっぱりやめておくわ」
巴「賢明ですね」
J「悪魔かお前」

 



46

巴「桜田くん…って、いないの?」
 「このパターンは…また微妙な知り合いとかが…」
 「……誰もいない」
 「…私だけ?」
 「桜田くんの部屋に、私だけ?」
 「………桜田くんのベッド………」
 「……私、何を考えてるの?私はただ、保守をしにきただけ…。
  そんなこと…でもクリスタルの戦士だって、お姫様のベッドを見つけた時には…」
 「……キョロキョロ」
 「ポフッ」
 「ゴロゴロ…」
 「ピタ」
 「………ん……桜田くん……」
 「……ん……うん……ジュンくん……ジュン……!」

金「屋根の上で遊んでたら……見てはいけないものを見てしまったかしら……」
雛「なんでトモエ、ジュンのベッドの上で寝てるのなの?でも、すっごくいい顔してるのよ!」

 



47(番外編7に補足)

巴「こんにちは、桜田くん」
J「柏葉か、今日も保守してるんだな」
巴「うん。ところで今日は紹介したい人がいるの」
梅「やぁ桜田!担任の梅岡だよ!突然だけど、桜田と仲良くなるために、先生人肌脱ごうと思うんだ」
J「……!ひっ……な、なにしてるんだよ……か、柏葉…助け…っ!」
巴「ダメよ桜田くん。実は私、最近801にはまっちゃったんだけど、ホモ絵がうまくかけないの。
  だからその参考資料になると思って…ね?」
J「か、柏葉…!?」
梅「先生な、男には男がいれば十分だと思うんだ。人形なんて邪道だよ。大丈夫、痛くないようにするから」
J「うわ、や、やめろ、く、くるなくるなくるなくるな、くるなぁーー……!!!」
梅「はっはっは、今さら照れるなよ桜田。柏葉が僕たちの素敵なホモ絵を描いてくれるぞっ!先生、ホモ絵大好きなんだ。
  さぁ、先生の頑張る元気を桜田の宝物に…」
J「あ…あ…ガクガク」
巴「桜田くん、腰が抜けて動けないのね…可愛い。これはいいホモ絵になるわ…」
J「やめ…ヒク…お願い…た、助け…誰、か……」

巴「…えがすき、ともえがすき、巴が好き、巴が好き……」
J「う、うーん……ホモ…ホモ…」
巴「……だめね。寝ている間にマインドコントロールしてみようかと思ったけど…。
  なんだか変なこといってうなされてるわ。このままじゃかえって印象悪くなりそう」
雛「本当に、やり方が暗すぎるの…」

 



48

巴「桜田くん、お客さん」
J「お客?」
一葉「……久しぶりだね。保守の調子はどうだい?」
J「うわぁ!?な、なんであんたが…」
一葉「私としても、自分の出番のなさには少々思うところがあってね…」
J「それは確かに…出番なさすぎでどう略していいかわかんなくて、一葉って書かれてるし…」
一葉「……なるほど。出番ないとは思っていたが、まったく定着していないのだな…」
巴「だからって無理矢理絡みにこなくても…」
J「…それは柏葉も人のこと言えないような…」
一「とりあえず一ということでお願いしよう」
J・巴「はぁ…」
一「しかしなんだね、私にも君たちのようなあだ名があれば、あるいはもう少し親しみやすくなるかもしれん。
  そう、JUMとかトゥモエといった類の…」
J・巴「あなたにその名を呼ばれると何故か無性に腹が立つ」

 



49(ジュンのルックスは原作仕様でお願いします)

巴「桜田くん、お客さん」
J「またあんたか」
一「…あまり歓迎されてないようだね。保守のお邪魔だったかな?」
J「別にそういうわけじゃないけど…何話していいかわかんないっていうか…」
巴「私に至っては接点ゼロだから、どう呼びかけていいかすら…」
一「そうか…それはもっともだ。こういう時は、共通の友人の話などが好んでされるようだが」
巴「共通の友人?」
一「私は蒼星石と懇意にしていてね。君もあの子とは相当仲がいいはずだが」
J「…え、いや、べ、別にそれほどってことは…」
一「照れることはない。それに、そんなことを言っては彼女が悲しむ。なかなか綺麗な子だと思わないかね?」  
J「……ま、まぁ……綺麗っていうか……」
一「少し少年のような気もあるがね、しかしそれがまたあの子の美しさを際立たせている。
  …そして思うに君も、なかなか素質があると思うんだが…」
J「……は?」
一「いや、つまりだ…すまないが、ちょっと眼鏡を外して見てくれたまえ…。うむ、やはり…。
  蒼星石のような、中性的魅力というのは、実際どうして得難いものなんだが……それだけに素材を見つけた時の喜びは…
  ……まぁひと言で言えばだ、君、ちょっとこの少女服を着てみる気はないかね?」
J「柏葉、竹刀貸してくれ」

 



50

巴「50回記念」
J「……」
巴「桜田くん?どうしたの?」
J「ちょっと前にも50回記念しなかったか?」
巴「あれは保守50回記念。今回は巴メイデン50回記念」
J「……詐欺だろ」
巴「一つのネタ、最低2回は使いたい、柏葉巴です」
J「だからってこういう記念ネタまで使い回すかフツー…」
巴「でも今回は本当に記念なのよ。みんなも来てくれたわ」
J「え…うわ、いつの間に!?」

雛「50回おめでとうなの!ヒナも嬉しいの、きっとそのうち長編もいっぱい投下されるのよ!」
紅「そうね、これだけ頑張っているのだから。…ジュン…せっかく私がたまに来たのよ、紅茶くらい入れてくれないかしら…」
金「巴おめでとうかしら!長編…カナも頑張るかしら…」
み「私はちょっとアレな目に遭いかけたけど…私からもお祝いしとくわ。おめでとう、巴ちゃん、ジュンジュン」
銀「……ま、やるだけやればぁ?無駄だと思うけどぉ…ジュンもすぐに飽きるわ、こんなの…まぁ、せいぜい頑張りなさい」
一「私からもいいかな。…いや、そんな怖い目をしないでくれたまえ。
  辛抱強く続けていけば、いつかきっと目標が達成されるときがくる。50回、おめでとう」
薔「…50回続けたのは…えらい…でもジュンは私のものだけど…。
  ……長編、もっと投下されるといいね…。……ジュンは私のものだけど…」
翠「50回…50回もジュンと…。こ、このチビ、たまには翠星石とも一緒に…!
  あうぅ……なんでもない、です…。……これからも、せいぜい頑張るがいいです…でも時々は、翠星石のこと呼ぶですよ…」
蒼「おめでとう…といっておくけれど…ひとついいかな」
巴「…蒼星石?何かいいたいことでもあるの?」
蒼「思うんだけれど、こんなこと50回もしてる間に長編5本はやれたんじゃない?このまま続けるよりも新しく長編でもやり始めたら…」
全「…………………」
蒼「…え?なに…?」
翠「…我が妹ながら、空気の読めんやつです…」

 



戻る
|