※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

31

巴「保守…と。ついにきたわ」
J「どうしたんだ?」
翠「くぉのチビ助があぁー!!」
J「す、翠星石!?な、何怒ってるんだよ…」
翠「いいですか、おめぇは原作では翠星石のマスターなのですよ!」
J「そうだけど…」
巴「さすが翠星石、まったく私のことが目に入ってない」
翠「なら!アリスは誰かと聞かれたら、当然翠星石と答えるべきなのです!」
J「またそのことかよ…っていうかその理屈なら、真紅と答えた方がいいんじゃないか?先に契約したのはアイツだし…」
巴「今は第一段階…」
翠「え…あ、そそ、それは違うです、ジュンは真紅とばかりいちゃいちゃしてやがったのですから、
  こういうときくらいは翠星石を選んでも…あ、いや、違うです、そんなことが問題じゃなくて…」
巴「きた、第二段階、やはりこれみよがしにアタックをしかけてきたわ」
翠「と、とにかく、お前のそのだめだめな認識を改めにわざわざこの翠星石が来てやったです…ありがたく思えです!」
J「なんだよそれ…だいたいお前みたいな性悪がアリスなんて無理に決まってるだろ?」
巴「ああ、なんだか私が蚊帳の外に思えてきた」
翠「なななっ!?だ、誰が性悪ですかぁ!」
J「どう見ても性悪じゃないか!」
巴「この短編って私がヒロインだよね?」
翠「翠星石のどこが性悪だっていうんですか!」
J「普段の自分の行動を考えてみるんだな」
巴「友だちの友だちが話に入ってきたようなアウェー感」
翠「うぐぐ…チビの癖に生意気ですぅ…。おまけに最近は巴なんかといちゃいちゃしやがってぇ…」
巴「あ、こっち見た。私がいること、一応わかってたんだ」
翠「でもその快進撃もここまでです、翠星石は最近インターネットを覚えたですよ。
  そして世の殿方がみんな夢中になっているという、ツンデレを知ったのです!これを身につければジュンもイチコロですぅ!」
巴「バカデレ乙」

 



32

巴「私はお人形」
J「何を今更」
巴「…なんだか最近、私が人形である必要性がない保守ばっかりの気が…」
J「…確かに、文だと柏葉の姿もわからないしな…」
巴「というわけで、今日は人形らしいことをしようと思うの」
J「人形らしいって…具体的にどんなだ?」
巴「ここに資料があるわ」
J「資料って…Rozen Maidenの漫画本じゃないか」
巴「これで真紅たちのやってることを調べるの」
J「ふぅん」
巴「…まず、紅茶を飲む。スコーンを作る。ジュン登りをする。姉妹喧嘩する。
  苺大福を食べる。お絵描きする。おめざの足踏み運動をする…」
J「…確かにやってるけど…あんまり人形っぽくないなそれ」
巴「つまり文だけの巴メイデンで、私にあまり人形っぽさを感じなくても仕方ないということね」
J「開き直るな。諦めたらだめだろ」
巴「でもどれもいまいち…」
J「おめざの足踏み運動オススメ」

 



33

巴「今日こそ私の人形としての魅力を伝えなくちゃ…」
J「保守、と。で、まだやってたのか。前回そんなの無理って言ってたのは、柏葉だろ」
巴「一つだけ、すごく人形っぽいのがあるの。ちょっと照れくさいんだけど」
J「そうなんだ」
巴「うん。じゃあいくね。だ……」
J「だ…?」
巴「だ…その…だっ…」
J「?」
巴「脱毛して頂戴」
J「なんで!!?」

 



34

巴「ともキャラ!」
J「柏葉…ついに壊れたか?」
巴「そうじゃないの…ただ私、しゅごキャラなら主人公になれたんじゃないかと…」
J「ああ、なりたい自分、だっけか」
巴「むこうは少女漫画だから、ヒロインの方から男選びほうだい…
  一方私はどう?なにこの倍率の高さ。しかも望み薄」
J「そ、そんなこと言われてもな…」
巴「私と主役級の人たちの間に何が違うのか、私なりに考えてみたの」
J「…一応聞くけど」
巴「主役級はみんな、素直じゃないツンデレもどきの要素をもってるのよ!」
J「もどきってお前…」
巴「桜田くんだってそうでしょ?あとは逆にすごく素直なパターンとか…」
J「なっ…だだ、誰がだ!…っていうか、結局柏葉はどうなんだよ?」
巴「私はダメ…ただ暗いだけ。いかにもサブヒロインっていう感じで…」
J「自分のキャラをそこまでいうか…」
巴「キャラなりってわけじゃないけど、私も変わろうと思ったの。その結果がこの巴メイデン」
J「ふぅん…」
巴「……やっぱり反応薄いね」
J「まぁ…なんつーかその、言い辛いんだけど…まだサブキャラ臭がけっこうするっていうか…
  清純派ヒロインの引き立て役みたいな…ルーアン的というか…っていうかなんだかんだでやっぱり暗い…」
巴「もうどうしろと」

 



35

巴「GWも終わって、保守も少しは楽になってきたかな」
J「うーん。まだまだ油断はできない感じだぞ…今回は頑張ってる人もいるからいい感じだけどさ」
巴「でも暑い日も増えてきたよね…。原作の雛苺たちは、夏にもあんなドレス着てるのかな?」
J「人形に暑さとかはないんじゃないか?柏葉はどうだ?」
巴「暑さ…あまり感じないね。適温」
J「そっか…」
巴「?ちょっと残念そうだね」
J「…それじゃあさ、夏服は着ないのか?」
巴「…ああ、そういうこと。着てほしい?」
J「べべ、別に……ただその、夏に目の前で暑苦しいかっこしてほしくないなってだけで…」
巴「学校に来たら?」
J「はぁ!?な、なんでだよ!」
巴「6月になったらいっぱい見られるよ」
J「なるほど…そうだよな、そしたらみんなのブラ透けも見られるし…学校逝こうかな…」
巴「って冗談だったのにほんとにそんなんで復学されたらそれはそれで嫌なんだけど」

 



36

巴「桜田くん、保守してるとこ悪いけど、また刺客が…」
J「刺客…?」
銀「久しぶりねぇ、ジュン」
J「うわ、水銀燈!?」
銀「うふふ…ジュンは水銀燈の魅力がまだわかってないみたいだから、今日はそれを教えにきてあげたのよ」
巴「…だそうよ」
銀「それにしても…ジュン、あなたこんなぺったんこな娘がいいのぉ?不健全ねぇ…」
巴「ぺ、ぺったんこ…?そんなこと…年齢を考えたら、普通くらいはあると思うけど…」
銀「果たしてそうかしらぁ…少なくとも、全然凹凸が見られないわねぇ…クスクス…」
巴「き、着痩せ…するんだもん…」
銀「あら、すねちゃったぁ?ごめんね~」
J「ちょっと待てよ」
銀「ジュン?」
J「確かに大きいってことはなかったけど、そんなに小さくもなかったぞ」
銀「…そうなの?」
J「コクン。…それにまだ14だし…その…水銀燈が発育よすぎるっていうか…」
銀「ごめんなさぁい…そうねぇ、私の発育がよすぎるのよねぇ~」
J「うわ、ちょ、ひ、ひっつくなって…!」
銀「うふふ…照れてるのぉ?」
J「くっ…か、からかうなぁ!ま、まぁ…そういうわけだから柏葉…全然気にすることとか…ないんだからな…」
巴「っていうか何で桜田くんが私の胸の大きさしってるの?」

 



37

巴「お嫁に行けない…」
J「最初の一行がそれかよ」
巴「前回、いつの間にか桜田くんに胸の大きさをサイジングされてた…」
J「あ、あれはずっと以前お前が脱いだ時にみただけだ!人を変態みたいにいうな!」
巴「……そういえばそんなことあったね」
J「柏葉はたいていのことはやってるよ…」
巴「…そうかな」
J「うん」
巴「他になにかしてほしいことはある?保守以外で」
J「え、なに、リクエスト?」
巴「そう」
J「………じゃあ、これ…」
巴「…やっぱり何か頼むんだね…って、これは…」
J「ランドセル。大丈夫、今の柏葉なら全然いけるから」
巴「そういう問題じゃないよ…っていうかさすがにこれは犯罪…」
J「な、なんでだよ、最近はファッションとして大人のランドセルもあるし、ゴスロリアイテムとしても…」
巴「これはどう見ても児童用学習院型ランドセルだから」
J「でで、でも、ちゃんとたて笛まで用意してるんだぞ!」
巴「ごめんなんかもういろいろ無理」
J「頼む、緑の羽根あげるから!」
巴「なぜもっている」

 



38

巴「雛苺、可愛いな、ほんとに、もう…」
雛「と、トモエ、くすぐったいのよ~」
J「人形が人間を愛でるの図、か…」
雛「そうなのよ、雛はここでは立派なれでぃーなのよ!トモエの方がお人形さんなんだから、
  ヒナを子供扱いしたらめーなの!」
J「人間だろうが人形だろうが、ガキはガキだけどな」
雛「うぅ~、ジュンはいじわるなの。でもドールのトモエになでなでされるのはやっぱり変な気分なのよ…」
巴「そ、そうかな…」
雛「トモエはもっとお人形さんらしくした方がいいの」
巴「…どうやって?」
雛「ずばり、ジュン登りなの!」
J「なっ!?」
巴「え、ええっ!?でも雛苺はここでも普通にやってるし、そんなことしても人形っぽくなるわけじゃ…」
雛「今のトモエなら大丈夫なのよ、恥ずかしがることないのー」
巴「う、ううっ…」
J「え、柏葉…まさかほんとに…?」
巴「じゅ…ジュン登り…」
J「あ…ちょ……かか、か柏葉…や、やめ…」
巴「ひ、雛苺がいってるから…ね、我慢して『違うのー!』きゃっ!」
J「柏葉!?おい、雛苺、なに怒ってるんだよ、お前がやれっていったんだろ!」
雛「今やってとは言ってないのー。翠星石の目の前でやってほしいのよ」
J「狙ってたのか」

 



39

巴「保守…ついにやってきたわね」
J「また誰か来たのか?」
薔「じゃーん…みんな大好きばらしーだよ…。私の性格がアリスなのはジュン公認…」
J「うわ、ば、薔薇水晶!?」
薔「私はアリスとかあんまり興味ないけど…ジュンにそう言われるのは…悪くない」
巴「……容姿は私の方が好みみたいだけどね(ボソッ」
薔「…女は中身…っていうか容姿も私がアリス…だよね、ジュン…?」
J「…っ…!って、ていうかあれはそもそもノリで言っただけで…」
巴「だって。残念だね、じゃあね」
薔「ジュン…照れてるんだね…大丈夫、私はジュンの気持ちはわかってるから…私は女王様にだってなれる…」
巴「そ、そんなの…私だってなろうと思えば…」
薔「それに私はMP超高い…MPとはムチムチプリンの略…巴はぺったんぺったん…MP0の戦士…」
巴「懐かしいことを……私はスレンダーなのよ。
  それに、ほどほどにはあるし…節操のない脂肪なんて、桜田くんの好みじゃないわ」
薔「あれだけ毎回迫ってるのに全然進展しない時点で、ジュンは巴の体に興味なんてもってない…
  せっかく人形になっても意味なしだね…」
巴「お生憎様、少しずつ進展してるわ…会えてすらないあなたにはわからないでしょうけど」
薔「そう、まるで二人はロミオとジュリエット……」
巴「…じゃあ結末は死なのね。でも多分、ロミオはこないわ。そのジュリエットの姓は、きっとキホーテよ」
薔「それはどうかな……ね、ジュン…」
巴「来るわけないわ。だってそのロミオは私といっしょにいるんだから…そうだよね、桜田くん」
J「っていうかお前ら素で怖い」

 



40

巴「お兄ちゃん」
J「ズターン」
巴「保守…と。盛大にずっこけても、会話文じゃあまりわからないね」
J「おおお…お前は何を考えてるんだよっ!!」
巴「そういう趣味もあるかと思って」
J「勝手に変な想像するな!」
巴「じゃあやめた方がいいかな」
J「しばらく続けてくれ」

 



戻る
|