※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この日ジュンはこの前通販で買った自慢のIPodを学校に持っていく事にした。

ジ「まぁ一曲しか入ってないけど」


彼のIpodには一曲しか入っていない。


何故ならその音楽以外知らないからだ


そしてその音楽とは「禁じられた遊び」である。


ジ「何か、名前が良いよね、イヤ、性的な意味で」


そうこうしてる間に登校の時間となった


ジ「しまった、クローゼットに学生服をしまってしまった!!」


ジュンのシャレは悲しく部屋に響いてシラケた


場の空気が58%ダウン

 

彼は自分まで悲しくなりその日の登校路は憂鬱でしかなかった

学校に着くと真紅がいきなり寄って来た

ジ「な、なんだよ、朝からテンション下がるんですけど」


ジュンは朝のシラケの事で学校が始まる前から疲れ切っていた。


真紅「ジュン、貴方Ipodを持っているのだわ。」

真紅の指摘にジュンは動揺した

いや、なんで知ってるんだよ、ストーカーですか?

彼はその言葉を心の奥にしまった

ジュンは仕方なく真紅にIpodを渡した

真紅「あら?一曲しか入って無いじゃん、マジ引くのだわだわ」

そういうと彼女はIpodを放り投げた

ジ「いやいやいやいや、おかしいだろ!オイ」

そして次に水銀燈が入って来た。

水「あらぁ、ジュンIPod持ってるわねぇ」

ジ「・・・」

ジュンはまた仕方なくIPodを水銀燈に渡した

水「あらぁ?一曲しか入ってないじゃなぁい、マジキモッ」

そういうとまた投げ捨てた

ジ「・・・(この展開って・・・)」

金「ジュンはIPod・・・」

ジ「キター、だが断る」

金「かしらぁぁぁ」

そこに笹塚が教室に入って来た

笹「あ、ジュン君おはよ・・・」

梅「笹塚、廊下にたってろぉぉ」

笹「いやいやいやいや、早すぎじゃね!?」

ジュンの朝は毎日こんな感じだった







|