※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


   赤い表紙の本の話

「その本、面白いのぉ?」
 先ほどから頬杖をついて、つまらなそうに此方を眺めていた水銀燈は、やはり退屈そうに尋ねてくる。
「私には、面白く感じられるわ。貴女がどう感じるかはわからないけれど」
 あっさりと言い放つと、彼女は目をぱちくりとさせて「つれないわねぇ」と笑った。
 その声があまりにも優しかったから。私は顔を上げて彼女の顔を見つめた。
「何よ?」
 と、声をあげる水銀燈はなんだか照れたような表情をしていた。

「どうして?」
 だから、疑問だった。
「どうして、そんな表情が出来るの?」

 強いて言えば、羨ましかった。さらに言うなら怖かったのだと思う。
 何がなのか、それがわからないのがもどかしかった。
「だって、これが私だもの」
 と、臆面も無く言う水銀燈は、きっと私よりずっと大人なのかもしれない。

 いつも幼稚なことばかりしているのに、彼女の周りにはよく人が集まった。
 下心がある連中もいたのかもしれないけれど、それでも、私には輝いて見えた。
 いつも、最初に頼られるのは私なのに、最後は彼女の元へ離れてしまう。
 雛苺や翠星石も、気付けばこの子と一緒にいることが多い。
 それがどうしてなのか、私にはわからない。

「どうかした?」
 覗き込むようにして、上目遣いに私を見る水銀燈。
 ん? と微笑を浮かべる彼女は、まるで「悩みなら聞くわよ」とでも言っているみたいだった。
「何でも無いわ」
 素っ気無く返事をすると、水銀燈は「ええ?」と素っ頓狂な声をあげて笑う。

 ――ああ、そうか。
 あの子達は、彼女のこの表情に惹かれたのかもしれない。
 作られたものではない、自然な表情。コロコロと変わるその顔が、仕草が。
 包み込むような安心を与えてくれるのだわ。
「……かなわないわね」

「なにがぁ?」
 そう言った水銀燈は、驚いた表情で私を見つめていた。
「どうしたの? 私の顔に何かついてる?」
 尋ねると、水銀燈はカラカラと声をあげて笑った。
「しんくぅ……貴女もそんな表情することがあるのねぇ」
 彼女の言っている意味は、よくわからなかった。

「私、貴女の無愛想な顔も笑った顔も好きだけど、驚いた時の顔が1番好きだわ。間抜けなんだものぉ」
 笑いながら彼女は言った。
「こんなに笑わせてくれるの、真紅だけよぉ」
 それは心底楽しそうで、つられるように私も笑った。

 私は、自分で思っているより愛されてるのかもしれない。
 誰かにとって、安心できる存在の彼女もまた、私で安心してくれてるのだとしたら……

「それは、光栄だわ」
 私たちはしばらく、二人で笑い続けた。

|