※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「ねみぃ…」

この季節にはあり得ないくらい、太陽がDIO様を一瞬でチリとかしてしまいそうなほど照っている。

「…そういや、ジョルノってなんで吸血鬼じゃないんだろ……」

そうボソッと呟いた時だ

「こら!こんなとこで何してるんだっ!」

ヤバい――そう思いながら、反射的に振り向く僕

「って………なんだ、あんたか…」

安堵のため息がこぼれた

「あははっ ジュン…びびりすぎだよ」

「びっ、びびってねえよ」

僕は桜田ジュン。僕の横で腹を抱えて笑ってるのは………まぁ、いいか

「まぁ、良くないよっ!あたしは薔薇水晶だよ?何回言ったら覚えるのさぁ」

薔薇水晶……だそうだ。 
これは、僕とこいつの短い冬の物語――いや、そんな大層なものではなく、ちょっとした思出話だ――


|