※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「いいね、金糸雀。」

 ――わかってるかしら

「今度こそ」

 ――もう言わないで

「コンクールで1番に…」

 ――止めてっ
 私の心が、壊れてしまうから……

「うたをわすれた カナリアは
 うしろのやまに すてましょか
 いえ いえ それはなりませぬ」


【カナリアが歌うように】




「金糸雀、お前は完璧でなければならない。何もかも」

 幼い頃、ずっと言われつづけた言葉。
 私はそれがとても怖かったの。

 愛を囁かれるよりも沢山の"完璧"を求められた。
 私は忠実に"完璧"を演じた。


「金糸雀。お前はなんてすばらしい娘なんだ」
 お父様の抱擁はとても優しく、やわらかだった。
 まるで、私ではなく"完璧"を抱きしめるように。

 だけど、それでもとっても嬉しかったわ。
 ――本当に?
  ええ。本当に。
 ――それは…真実かしら?

 お父様のくれるいくつもの誉め言葉。
 それは、カナにとって愛の囁きだった。

「お父様。また、1位を取れたかしら。それも、大差で勝ったのよ!」
 私の言葉に、笑顔になるお父様。
 これがきっと幸せの在り方だと、信じて疑わなかった。
 ―いいえ。
 ……疑えなかったの。

*

「金糸雀。貴女、また草笛さんの家に行くの?」
 帰り支度をする私に真紅が声をかける。

「ええ。そのつもりかしら」
 私の答えを聞いて、真紅は複雑そうな表情をした。
 何がいけないのかしら。
 みっちゃんはカナを待っていてくれているのに。

「貴女が草笛さんを好きなことも、――家に帰りたくないのも分かってるわ。
 でもね、たまには」
「真紅には関係のないことかしら」
 真紅の言葉を遮って言い放つと、真紅はそれ以上何も言わなかった。
 鞄をつかみ、荒々しく教室を出る。
 途中、水銀燈にぶつかって薔薇水晶に睨まれたけれど、なんとも思わなかった。

「今のかなりあ……ちょっと怖かったのよ」
 教室を出るとき聞こえた雛苺の声が耳に残った。

 私って、いやな子かしら?
 少し。本当に、少し。悲しくなった。 

*

「ただいまかしら」
 いつものように部屋の中に声をかける。
 今日は残業のない日だから、底抜けに明るい声が返って来るはず。

「おっかえりぃー!カナぁ」
 予想通りの声が返ってきて、分かっていたのにホッとする。
 ぎゅうっと抱きしめられ、頬擦り。

 ――ああ、カナ愛されてるかしら。

「みっちゃん、ほっぺが摩擦熱でまさちゅーせっちゅかしらぁー」


 この場所が、カナの家になってくれればいいのに。
 それは、不可能だとしても。願わずにいられなかった。

 幸せな時間は、過ぎるのが早すぎるわ。
 カナはもう少し。もっとずっと。この空間に居続けたいのに。

|