※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JUMの奇妙な冒険
第一話 開幕

 

「山吹色の波紋疾走!」
男の声が響く
彼、桜田JUMが波紋の修行をしてもう一ヶ月
最強の波紋使いを目指す為に日々修行している
「JUM君~ご飯よぅ」
「今行く」
そう言うと、JUMは下へ降りて行った
「JUM君、調子はどう?」
「まぁまぁだ」
「桜田君」
「…来ていたのか。柏葉」
彼の目の前に居たのは、幼馴染の柏葉巴
「組み手…するでしょ?」
「当たり前だ」
「桜田君、手加減は無用ね?」
「この桜田JUMには夢があるッ!
それは、最強の波紋使いになる事だッ!」
「始めるわよ」
「望む所だッ!」 

その時、一人の女性が桜田家に現われた
「桜田JUMは居る?」
「誰? 貴女」
巴がその女性に尋ねたかと思いきや…
「ガハァ…」
「JUM君!」
女性はJUMに矢を突き立てた
「な…に…を」
「流石はJUM…もう傷が塞がっている様ね」
「…! 本当だ…」
「…真紅ぅ…此所に居たのねぇ」
その時、又しても謎の女性が桜田家に乗り込んできた
「水銀燈ッ…早いお出ましね…」
「貴女をジャンクにする為なら…手段を選ばないわぁ」
「く…仕方が無いわ…JUM、誓いなさい。この真紅の下僕となる事を。でないと貴方死ぬわよ?」
「だが断る。このJUMの好きな事は、自分が強いと思っている奴に『NO』と言ってやる事だ」
「なにつべこべ言っているの! 早く準備なさい!」
「遅いわよぉ! 真紅ぅ」
「こうなったら…幽波紋を出すしか…ホーリエ!」
そう言うや否や、真紅の後ろに謎の物体が現れていた
「な…これは…」
「JUM…貴方なら見えるわね。これが幽波紋…所謂スタンドね。貴方達が使う波紋を強化したものだと考えて」
「桜田君…何が見えるの?」
「あいつの後ろに…何かが…」
「なら私も行くわよぉ…メイメイ!」
今度は謎の女性の後ろに、彼女瓜二つのものが存在していた
「メイメイ…厄介なスタンドね…JUM!」
「な、なんだよ!」
「手短に説明するわ。さっき貴方に刺した矢は、スタンド能力を引き出す矢よ。矢に刺されても生きているという事は、貴方にもスタンドが使えると言う事!」
「くっ…よく分からないけど…出て来いッ!」
そう言うと、JUMの後ろにもスタンドが現われた。

第一話・完




人物紹介:桜田JUM
桜田家最強の波紋使い
史上最強の波紋使いになる為に、日夜努力している

人物紹介:真紅
謎のスタンド使い。JUMに矢を刺した張本人
スタンドはホーリエ

|