※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『K』~雛苺と黒猫の物語~第六夜


それから月日が過ぎ、秋も終わりに近付いてきた。もうすぐ雛苺と過ごす二度目の冬がやってくる。

雛「うゆー。ホーリーナイトぉ、もうちょっと気品漂う感じにできないのー?」


『気品ってよぉ。血統書付きの猫にでも頼め』


一緒に住み始めてからの二年、ほとんど毎日絵を描いて過ごしてきた。
かくゆう今日も絵を描いている。
今日は、ちょっと遠出して小高い丘の上に来ている。
春になると一面にタンポポが咲き乱れ、ここから見える湖とマッチして最高なんだ
が……


『なぁ、寒くね?』


雛「あはは~。失敗だったのー」


そんな明るい顔で言われましても…


雛「ぢゃぁ、お弁当にしようなのー」


と、レジャーシートをひきはじめる雛苺。
なぁんでまな板はないのにレジャーシートはあるんだ?
そう、雛苺宅にはまな板がなかったのだ……って余計な話だったな。
ピクニック気分でウキウキの雛苺は、早起きしてお弁当を作っていた……のだが


『おいっ!!うにゅーしか入ってねぇぞ!?』


雛「うよ?問題あるの?」


『ありまくりだわっ!猫に、んなもん食わせんなっ!!』


雛「ハァ……ナイトはわがままなのよ ろくな大人になれないのよ?」


『黙れ!万年ロリ娘がっ!!』


雛「なにをー!?」
雛「……ッハハハ」『……ッハハハ』


ほぼ同時に笑いだす。
これが普通の会話。約2年で培ってきた信頼の証。
茶化し、じゃれあい、ふざけあう。
こんな幸せな日々がいつまでも続くのだと思ってた…
そう冬がくる前までは


続く。

|