※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は草笛家ですき焼きです。


み「みんないっぱい食べてってね♪」
蒼「ありがとうございます。とっても美味しいです。」
金「やっぱりみっちゃんのすき焼きは最高かしら~♪」
雛「あぁ!翠星石、それヒナのお肉なの~!」
翠「うっさいですぅ!おめーは肉だけじゃなく野菜を食えですぅ!!」
紅「幼稚ね…。」


そして宴もたけなわになったときであった…


金「そういえば、今日はみんな泊まっていくんでしょ?」
蒼「まぁ、ご迷惑じゃなければそのつもりだよ。」
み「迷惑だなんて、むしろ大歓迎よ♪」
紅「ありがとう。ならば今夜はありがたくお世話になるのだわ。」
雛「うわーい♪みんなでお泊まりなのー♪」
翠「じゃあこの後なんかゲームでもするですぅ。」
蒼「いい案だね。金糸雀、トランプとかはあるかい?」
金「もちろんかしら。後で取ってくるかしら。」
紅「それで、何をするの?」
翠「みんなでやるなら大貧民とかどうですか?」
み「(ピクッ)……大貧民?」
そのとき、みっちゃんの表情が引きつった。
そして次の瞬間、みっちゃんが高らかに声を上げた。


み「箸を置けぇーーい!!」


一同『ビクゥッ!!』
皆は突如大声を上げたみっちゃんに驚き箸を止める。
紅「なっ…なんなの?」
金「あ…あわわわ…ついに恐れていたことが…(((゜д゜;)))」
蒼「ど…どうしたんだい?これは…」
金「い…いいから黙ってこれからみっちゃんの言うことを復唱するかしら!」
雛「ほ…ほえ?」
み「ひとぉーーつ!」
金「ひとぉーーつ!…ほら、みんなも早く!」
一同『えっ…ひ、ひとぉーーつ…』
み「草笛家・家訓!」
一同『草笛家・家訓…』
み「大富豪を大貧民と呼ぶ奴は…」
一同『大富豪を大貧民と呼ぶ奴は…』
み「身ぐるみ剥ぐまでぶん回す!」
一同『み…身ぐるみ剥ぐまでぶん回す…』
翠「……って、えぇぇえええええええええ!?」
金「蒼星石!真紅!そっちからテーブル持ってかしら!移動させるかしら!」
蒼「え?あ…うん。」
紅「な…何が起こるのよ?」
2人は言われた通りテーブルを運びながら金糸雀に問いかける。
金「見てればわかるかしら…」
すると金糸雀はテーブルを起き台所からフライパンとお玉を手に取りそれを鳴らした。

み「うおおおおおおお!!」
直後、みっちゃんが凄まじい勢いで翠星石に組みかかる。
翠「ひっ…ひいぃっ!一体何を……」


み「とぉりゃあ!!」
翠「きゃあっ!」
するとみっちゃんは内股で翠星石を床に倒すとその両足を脇に固め…
み「いくわよ~、てぇぇえええええええええい!!」
思いっきりぶん回し始めた。
翠「ぃぃぃいいいいい!!目ぇがぁぁあまぁぁあああわぁああぁあああるぅぅうううですぅうううう!!」
その光景を前にした皆は唖然として高速回転を繰り返す2人を見ていることしかできなかった。
雛「う…うゆ…あれは…なんなの?」
金「家訓に背く行為をした者は誰であろうとぶん回す…それがウチのルールなのかしら。」
翠「さぁぁあきぃぃいにぃいい言ぇぇええでぇすぅうううう!!」
金「そろそろね…」
金糸雀は再びお玉でフライパンを鳴らした。するとやっとみっちゃんはその回転を止め、解放された翠星石と共に床に崩れ落ちた。
み「ゼハーッ、ゼハーッ…ゲホッ!ゲホッ!」
翠「はぁ…はぁ…バ…バターになるかと思ったです…」


金「この技を使うとみっちゃんも相手と同様大幅に体力を消耗するのかしら…」
蒼「…何故そこまでして?」
金「さぁ…?でもそれがみっちゃんの正義(ジャスティス)だって前に言ってたのかしら…。」
紅「無意味な正義ね…。」
雛「なの…。」


そして再びすき焼きが再開され…
み「ごめんね、翠星石ちゃん。こればかりはウチの家訓だから…」
翠「……」
金「ほ…ほら、翠星石、もっとお肉食べるのかしら~。」
蒼「いや…ジャイアントスイングの後にお肉はキツくないかな?」
紅「それにしても…あまり迂闊な発言はできないわね。」
雛「うゆ…ヒナぐるぐるはやーなの。」
み「大丈夫よ、普通に話してくれる分には家訓にはそぐわないと思うから。」
金「カナは以前ウルトラセブンをウルトラマンセブンって言っただけで思いっきりぶん回されたかしら……。」
み「あはは…そんなこともあったっけ?」
紅「まったく…あら?メールなのだわ。」
雛「誰からなのー?」
紅「あら、ジュンからだわ…」
み「…ピクッ」
再びみっちゃんの表情が強張る。
紅「まぁ!くんくんの劇場版が決定し…」
み「箸を置けぇーーい!」
一同『ビクゥッ!』再び上がったみっちゃんの怒号に皆はまたもや箸を止めた。
み「ひとぉーーつ!」
一同『ひ…ひとぉーーつ!』
み「草笛家・家訓!」
一同『草笛家・家訓!』
み「食事中に男とメールするような奴は!」
一同『食事中に男とメールするような奴は…』
み「ここが地獄の一丁目!」
一同『ここが地獄の一丁目!』


紅「……って、ちょっと!?」
真紅が取り乱すなか、金糸雀たちはテーブルを隅へと移動させる…
み「うぉりゃあ!!」
紅「きゃあっ!」
みっちゃんは真紅を押し倒すとその両足を担ぎ思い切りぶん回し始めた。
そして金糸雀が鳴らしたフライパンの音と共に2人が崩れ落ちる…
紅「はぁ、はぁ…予想以上に…キツいのだわ…」
み「はぁ、はぁ…ゲホッ!……ウェッ!!」

 

その後も、みっちゃんの体力が尽きるまで数時間の間、草笛家からは悲鳴が耐えなかったという…。

 

|