※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『K』~雛苺と黒猫の物語~第五夜


俺が雛苺と暮らし始めてから一週間がたったある日だった。


雛「名前をつけようなのー!」


は?


雛「ヒナね、一週間ずうっと考えてたの。猫さんに名前をつけようって!だから……」


雛苺の目がキラリと光る


雛「第一回猫さんの名前決定全国選抜選手権たいか~い~!!」


『よぉし、どこらへんが選手権大会なんだ?』


雛「東の方代表雛苺!南西の方代表猫さん!!……以上」


『代表地区アバウトすぎだろっ! てか、いきなり決勝かっ!!』


まぁ、俺も割とノリノリなわけだが


雛「ん~、やっぱ見た目からなのよぉ……黒い猫……黒」


しばらく、ん~ん~唸っていた雛苺が急に


雛「わかったのー!!最高の名前なのよ?心して聞けなの!!」


雛「ブラックハヤテ号ってどうな『却下!!』


雛「ぢゃぁ、ぢゃぁ、黒→暗い→根暗でジュンってのは?」


『……』


雛「他にも他にも、黒→腹黒いで、蒼星石は?」


『…………』


雛「猫さん?どうしたのよぉ?」


『お前、俺のこと嫌いだろ?』


雛「ぅゆ?」


『わざわざ悪いイメージの名前つけようとしやがってぇ!!』


雛「ちょっとしたおふざけなのよぉ。怒っちゃメーなの」


ったくよぉ
それから、1時間以上の時を名前について語り合った。

『なぁなぁ、かっけぇ名前思いついたぜ』

まぁ、喋りかけても伝わるわけもないので、仕方なく雛苺の洋服の裾をくわえ引っ張った。


雛「ん?なぁに?猫さん」


『カマドゥーマってどうだ?カマドゥーマ!カッケくね?』


とりあえず、伝わらない。


『だーっ!くっそ!!………そうだ!!』


俺はテーブルの上の本を引っ張ってきて、活字を指差した。
雛「か・ま・ど・う・ー・ま? 猫さんが考えた名前?」


『そうだ!』


と、激しく首を縦に振る。


雛「………却下なの。それより、ヒナ本気で良い名前思いついたの」


『ん?言ってみろ』


雛「黒き幸【ホーリーナイト】ってどう?」


予想外に良い名前。

雛「ていうか、これで決定なのよ!ヒナが気に入ったの。異議は認めないのよ~」


おもむろに立ち上がる雛苺


雛「ぢゃぁ、ご飯にしよっか?ホーリーナイト♪」

『おう』
初めて呼ばれた名前はむずがゆかったが悪い気はしなかった。


続く

 

|