※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

「だからぁ、真紅は乳酸菌が足りてないのよぉ。すぐそうやって目吊り上げちゃって。」

「馬鹿ね。怒りっぽい人に足りてないのは、カルシウムなのだわ。」

 

いつもより賑やかな帰り道。いつもより疲れる帰り道。

 

~重なる想い(Side:桜田ジュン)

 

退屈極まりない始業式が終わり、僕らは帰途についた。・・・僕らというのは、僕と真紅と雛苺、翠星石に蒼星石に水銀燈の六名である。

柏葉が剣道部の部活、金糸雀が生徒会の仕事で帰りが遅いため、暇人揃いのこの面子が完成したわけ。

 

「何で下校のときまでこんな目に・・・」

 

自分の鞄に加え、真紅と翠星石、水銀燈の鞄を持つ羽目になった僕は、重い足取りを進めつつ深く溜息をついた。

 

「何言ってやがるです。翠星石の鞄を肩にかけられるチャンスなんて滅多にないですよ?光栄に思うです!」

「どこに光栄に思う要素があるんだよ!」

「やれやれ・・・翠星石がお前を奴隷として認めてやると言ってるのに、何が不満なんです?」

「全てだ!全てが不満だ!」

「ジュン、重いの?大丈夫?」

「・・・い、いや重さは全然大したことないけど・・・」

「じゃーあ問題ないですねぇ。これから毎日荷物持ち決定ですぅ!」

「な、なんでそうなんだよ!」

「ちょっとジュン、静かにして頂戴。うるさいわ。」

「な・・・元はと言えばお前がいきなり荷物を押し付けてくるから・・・!」

「あら。いつものことじゃない。いまさら何を言うつもり?」

「いまさらって・・・大体いつも持たされてる状況だって・・・」

「まったくもってうるさい家来ね。鞄ぐらい大人しく持てないのかしら?」

「う・・・そ、そもそも何で水銀燈の荷物まで僕が・・・」

「あらぁ?ジュンが二人の荷物を持ってあげてたから、便乗しただけよぉ?」

「だからそこで何で便乗するんだよ!」

「何よ、私の鞄だけは駄目って言うのぉ?それは差別じゃない?」

「そ、そういうわけじゃないけど・・・」

「じゃ、いいじゃなぁい。二つも三つも変わらないわよぉ。・・・明日の朝からは私の鞄も持ってもらおうっと。」

「あ、朝もかよ・・・」

 

つ、疲れる・・・ていうか悪夢だ・・・何でこいつらはこう口が達者なんだ。

と、僕が二度目の大きな溜息をついたとき、ずっと微笑んでこちらを静観していた蒼星石が口を開いた。

 

「ジュンくんは優しいよね。」

「・・・これを僕の優しさだと解釈するのは間違ってると思うぞ。」

「そうかな?」

 

何故か蒼星石は妙ににこにこしている。なんかいいことでもあったんだろうか。

 

「なんだかんだ言って、結局みんなの鞄持ってあげてるじゃない。」

「こ、これは無理矢理・・・!」

「無理矢理持たされてるのに放り出したりしないのは、やっぱりジュンくんが優しいからだと思うよ?」

「そ、そうか?」

 

励ましてくれているのだろうか?とにかく褒められるのは悪い気しない。なんだかちょっと元気が出たようだ。後でお礼を言っておこう。

二年生初日から既にお疲れモードだったけど、明日からも頑張ろう。・・・って僕、荷物持ちさせられるのを認めちゃってるよ。

 

「それじゃ、ボクも鞄持ってもらっちゃおっかな?」

「んな!?」

「へへ、冗談だよ。」

 

満面の笑み。・・・やっぱり、何かいいことがあったんだろうな。いつもより妙に明るいや。

 

「じゃ、私はここで。ジュン、鞄ありがとねぇ。」

「うゆ、雛もここでお別れなのよ。みんな、ばいばいなのー!」

「それじゃ三人とも。また明日、なのだわ。」

 

二人分の荷物が僕の肩から外され、残りは僕と双子の三人だけ。

人数が減っても僕と翠星石は口論を続けていて、気付いた時には、もう僕らは双子の家の前にいた。

 

「ほれジュン。とっとと荷物を渡すです。」

「持たせといてお礼ぐらい言えないのかよ、この性悪。」

「な、なんで翠星石がジュンにお礼を言わなきゃなんねーですかぁ!」

「人に仕事させたら労うのが常識だろ?水銀燈だってお礼言ったぞ。」

「む・・・で、でも真紅は何も・・・」

「翠星石。お礼ぐらいはちゃんと言わなきゃ駄目だよ。」

「そ、蒼星石まで・・・」

「・・・ね、翠星石。」

「・・・しゃ、しゃーねぇですねぇ、蒼星石がそう言うなら・・・あ、ありがとです、ジュン。」

「ん、どーいたしまして。ほら、鞄。」

「きゃっ!と、突然投げんなです!怪我でもしたらどうするですか!」

「空の鞄で怪我なんかするわけねーだろ、性わ・・・いってぇ!」

 

ま、また脛を・・・そろそろ僕の足、ガタが来るんじゃないか?

蹴られたところを摩っていると、翠星石は踵を返して家の方に走っていく。

 

「ざまみろです!さあ、蒼星石!とっとと中に逃げるですよ!」

「あ、うん。今行くよ。」

 

おっと、一言言っておかないと。僕は、後ろについて走り出そうとした蒼星石を呼び止めた。

 

「蒼星石。」

「何?」

「その・・・励ましてくれて、ありがとな。」

「え?」

 

ぽかんとされた。・・・何だろう。見つめ合ってるこの状況が、無性に恥ずかしくなってきた。

 

「そ、それじゃ!また明日な!」

 

別に走る必要もないのに、僕は走ってその場から立ち去った。

残された蒼星石は、軽く首をかしげ、それから微笑み、翠星石が二階の窓から自分を呼ぶ声を聞いて、慌てて家の中に入っていった。

 

 

 

 

 

 

 

|