※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

「どうしたの?口を開けすぎなのだわ。」

「唖然、って言葉を身をもって味わったんだよ・・・」

 

新しいクラス。何やら波乱の予感。

 

~重なる想い(Side:桜田ジュン)

 

「やあ、ジュンくん。同じクラスみたいだね。」

「あーあ、チビが二人もおんなじクラスとは。先が思いやられるですぅ。」

「な、何だとこの性悪女め!」

「誰が性悪ですか!このチビチビオタク小僧!」

「僕はチビじゃない!お前より身長高いだろうが!」

「す、翠星石は心の広さを問題にしてるんです!」

「それだって僕のが大きいだろ!」

「なんですって!?」

「なんだよ!」

 

登校時にはなかった、これまた“いつもの光景”である。

 

「やっぱり、これがないと学校に来た気がしないや。」

「喧嘩するほど仲良しさん、なのー。」

「コラチビ苺!勝手なことほざいてんじゃねーですぅ!」

「どこをどう見たらこれが仲良しなんだよ!」

「・・・ご、ごめんなさいなのー。」

 

翠星石との言い合いはもはや恒例行事である。誰かが仲裁に入らないと、いつまでも言い合っている。

今日は誰が仲裁に・・・?って、もうみんな談笑始めてる!止める気ないのかよ!

・・・と、思った矢先。突如肩に何かの重みが加わってきた。

 

「・・・はぁい、ジュン。ごきげんよぉう。」

「あ、ああ。・・・って水銀燈!おま、何して・・・!」

 

肩の重み、その正体は!・・・水銀燈の豊満かつダイナマイトな胸であった。

 

「どんな挨拶だよ!」

「あら、つれないのねぇ。“もうちょっとそのままで・・・”とか素直に言えばいいのにぃ。」

「言うか!」

 

こいつの毎朝のセクハラ行為にもいい加減慣れてきたが、教室では是非やめてほしい。

だ、だから周囲の男子の目が・・・もう殺意を帯びてきているみたいで・・・

 

「・・・す、水銀燈!朝からセクハラとは何事ですか!」

「あぁら、ごめんなさぁい。二人の時間を邪魔しちゃったわねぇ。どうぞ、続けてくれて結構よぉ。」

「な・・・!な・・・何を言って・・・」

「痴話喧嘩は犬も食わない、って言うわよねぇ?安心して、野暮な真似はしないから。」

「・・・・・・・」

 

翠星石は固まってしまった。ナイス、水銀燈。助かった。

 

「あら、水銀燈。てっきり遅刻してくるとばかり思っていたのだわ。」

「失礼ねぇ。私だって登校時間ぐらい守るわぁ。」

「どうだか。」

 

・・・ん?何だろうこのデジャヴ。あー、そういやこの二人の言い争いも恒例行事だったっけ。

・・・な、なんか思い返すと・・・僕らって朝の町並みにすごい迷惑な集団だったんじゃ・・・

そうして僕が今までの所業を反省し始めた時、ちょうどチャイムが鳴った。

 

「よーし、みんな席につけー。」

 

続いて担任が・・・ちょっと待て、何でこいつがここに・・・いや、いいや。もうツッコむ気も失せた。

とにかく間違いない、このクラス分けにはチャ○ズが関わってる。

 

「どうも。このクラスの担任、梅岡です。みんな、一年間よろしくなー。」

 

軽く自己紹介すると、梅岡は「出席とるぞー」と早速呼名を始めた。

何かとありそうな僕の一年間。それは、ここから始まった・・・

 

 

 

|