※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【恋愛百景】Little Player
第四話


「ヘブンズ・ドアーなの~」
「ちょ、俺の顔に落書きするなッ!」
何故こうなっているか、これを説明するには少々時間を逆上らなければならない
きっかけはジョジョ四部
ま、大方予想がつくわな
そう。彼女はスタンド使いという事で、只今俺に落書きしまくりなんです
「よりによってヘブンズ・ドアーとは…」
「隙ありなの~」
「モルスァ」
あちゃ、やられちまった…
「雛苺! ちょーっと顔洗って来るから…大 人 し く 待 っ て な さ い」
「う…うぃ」
よろしい。では、洗面所へ…一体なんて書いたんだか…
鏡を覗き込むと…
-部長が真面目に部活をやる
-うにゅーを買って来てくれる
ふと、笑みがこぼれる
「高校生にもなって…」
顔を洗いながら、もう一つ
見つかりにくい所にある落書きを見つける
-部長がヒナの事を好きになる
…開いた口が塞がらないとはまさにこの事か
いや、確かに雛苺はかわいいよ。お持ち帰りしたいよ
でも…それは幼馴染みだからであって、一人の女性としては…
いや、でも雛苺は魅力的だし…
でも…(以下エンドレス)


つまり
彼女は俺の事が好きと
いう事かなぁ…
嬉しさ半分、でも不安も半分
とりあえず…様子を見てみますか

「雛苺」
「う…うぃ!」
「駄目だぁ…可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い(ry」
「ぶ、部長、どうしたの~?」
作戦1 かぁいい作戦
某キャラクターの如く、かぁいいかぁいい連呼してお持ち帰りを狙う作戦
「うゅ、部長…」
なんだか表情が暗くなったので終了

作戦2 三倍アイスクリーム作戦
まぁ…甘いもので釣る作戦
「とりあえず、苺ムース食おうぜ!」
「うよ? 確か甘いものが何も無い筈なの…」
作戦2…失敗

「部長…」
「どうしt…」
雛苺が急に抱き付いてきた
「ごめんなさいなの…部長の顔に落書きなんかして…ごめんなさいなのぉ…」
「雛…」
彼女は、泣いていた
「こっちこそ…ごめん」
そう言うと俺は抱き返していた
「雛苺の落書きを見てたら…急に雛苺をいじりたくなって…こっちこそ…ごめん」
「落書き」に反応したのか、雛苺の顔が赤くなっていく
「うゆ、もしかして…」
「うん、見ちゃった」
しばしの沈黙
「部長!」
気がつくと…
俺は
押し倒されていた
「分かっているなら早いの」
「へ? あの?」
急な事なので頭が追いつかない
「部長…大好きなの」
そう言うと彼女は俺に唇を落とす
「む…んぐ…」
急な事なのでもうだめぽ
「やめ…これ以上は…らめ…」
最早舌も回らない
雛苺は艶やかな笑みを浮かべている
「部長…」
「おっやすみなさーい」
「あ痛」
雛苺はそのまま眠りについてしまった
「…とりあえず、俺の貞操は守られたの…かな?」
よく分からない
だが、彼女の感触が忘れられない
駄目だ、理性を失いそうだ
でも…いや、まだ我慢できる
「雛ちゃん…おやすみ」
そう言って俺は彼女に唇を落とした
「ちぇ…」
そんな声が聞こえた気がした


第四話・完

|