※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【恋愛百景】Little Player
第三話


草木も眠る丑三つ時とも言いますが…
そんな時間に俺は窮地に立たされています
「世界がぐぅるぐぅる回るの~」
なんと、雛苺が酔っ払っているではないか!
炭酸で酔っ払う人が居るとは聞くが、これは酷い、酷すぎる
「うゅ~、くんくんが見えるの~」
酔っ払って幻覚まで見えるのか! 踊っているぞ
それにしてもこの雛苺、ノリノリである
「雛苺…ちょっと…」
「どうしたの~?」
-ストン
俺は雛苺に手刀をおとした
雛苺は気絶した


「はぁ…さて、運ぼ」
もう二度と雛苺に炭酸を飲ませないと心に誓いつつ、彼女を母の寝室に運ぶ
「よいしょっと…軽いな」


「さて、雛苺も寝かせたし、俺も自分の部屋に戻って寝よ」
そう言いながら部屋を出ようとしたその時!
「部長…行かないで…なの…」
「雛苺…起きてたの?」
「スー…スー…」
なんだ…寝言か
ま、たまには昔に戻るのも良いかもしれんね
「おやすみ、雛ちゃん」
そう言いながら眠りについた
勿論、俺は床だけどね


「…なの」
う…眠い…
「起…なの」
誰?
「部長、起きるなの」
「うわぁ、雛苺」
「休みだからってぐーたらし過ぎなの」
なんだ、雛苺か
とりあえず一週間預かる事になったけど…
「アッ、金糸雀、逃げないの!」
「毒味は嫌かしら~!」

「雪華綺晶~これ食べてなの」
「え…遠慮しておきますわ」
…大丈夫かな?
「おい、雛苺…その二人を放しなさい」
「うゆ、折角の毒味役なのに…」
「迷 惑 で し ょ」
「…うぃ」
「よろしい。じゃ、ご飯食べよ」
「了解なの~」
さて、二人きりの朝食が始まる
今日のメニューは…トーストとハムエッグか、なかなか無難だね
「なぁ、そう言えば作品どう?」
「まだまだなの。部長は?」
「俺? 俺は資料がね…」
「珍しいの~いつもなら何も準備しないで描くのに」
「今回はそれほど懸けてるんだよ」
他愛も無い会話
いつもは真面目にやらない部活だけど、彼女が居るとついつい真面目にやってしまう
それは多分、俺は彼女の涙を見たくないからだろう
俺達の奇妙な一週間の同居生活が、はじまる

第三話・完

|