※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大学進学を機に地元を離れた僕、桜田ジュン。
ある日、桜並木が続く道を散歩していた時のこと。

どこからか聞こえるピアノに、僕は吸い込まれるようにその音色へと足を向けたのだった・・・

-日曜日のアラベスク-~出会い~

-日曜日のアラベスク-~予定~

-日曜日のアラベスク-~準備~

|