※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どうした? 雛苺」
「ううん、なんでもないの」
「そっか」
さて、家に帰ってゴロゴロしようかな…と思った矢先
「アッー!」
「どうした!? 雛苺!」
「忘れてたの…」
「まさか…」
「今日はお父様もお母様もお出かけで帰ってくるのが遅いの…」
「鍵は?」
「お家の中なの」
…あああ…やってくれたね雛苺…
君は俺の期待を裏切らないよ…
「分かった。とりあえず家に来な」


「そうするの」
「さて…飯を二人分用意しないと…」
そう言いながら家に入る
因みに俺は一人暮らし
両親は去年他界。兄は地元からはなれて居る
よくちょっかい出しに来るけど
「部長」
「ん?」
「ラファエロは?」
「え? おかしいな、居る筈だけど…」
「にゃ」
いたいた
あ、ラファエロはうちのペットの猫ね。勿論命名は雛苺
「じゃ、雛苺はラファと遊んでて。俺はご飯作るから」
「了解なの~」
さて、苺ジャンキーの雛苺には…大丈夫か


「雛苺~出来たぞ」
「はーいなの~」
ご機嫌だな
「とりあえずオムライスな」
「うよーい」
さて…晩餐を始めようか。つーことで…
「「いただきます」」


「ご馳走さまなの」
「お粗末様。食器は片付けちゃうから、ラファと遊んでて良いよ」
-トテトテ
全く…こうして見ると雛苺が高校生だとは思えないよ
…さて、食器も片付け終わったし
「雛苺、そう言えばおじさんとおばさんは何時に帰るって?」
「うゆ…来週なの」
ちょwwwwwwwwwwwおまwwwwwwwwwww


「来週? 本気で?」
「むぅぅ、ヒナ嘘つかないの~」
「じゃ、どうすんだよ」
「本当はトモエの家に泊めてもらおうと思ってるけど…部長の家に泊まりたいの~」
うはwwwwwwwwwwwフラグktkrwwwwwwwwwww
「あのね…雛苺…」
「ふぁぁ…もう眠いの~」
「とりあえず風呂入って来い」
「そうするの~」
しかし、来週まで雛苺を預かるのか…
いや、白崎なら兎も角、雛苺は…
あああ…もう良いや。成る様に成れ!


第二話・完

|