※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【恋愛百景】Waltz
第六話



…遂に来た、運命の時
「遂に来たわねぇ」
「うん」
「これで、僕達の春が決まるんだからね」
「では、テストを返す」
遂に来た、テスト返却
やばいよ怖いよ。数学ピンチだよ
「笹塚」
「はい」
「水銀燈」
「はぁい」
「これは…ジョルノ…誰だ?」
「あ、それ僕です」
「お前…名前を勝手に変えるな」
「フヒヒwwwwwwwwwwwサーセンwwwwwwwwwww」
さて…お待ち兼ねの結果を見てみようかな
ちょっと期待しているけど…

  /\___/ヽ +
+/"""  """:::\
|(●),  、(●)、|
| _ノ(、_,)ヽ_ :|
|  `-=ニ=-′ ::|+
+\  `ニニニ′.::/
_イヽ、ニ__ー―ノ゙-、
"|ヽ \__ノ| ヽi
 | \/(_)\| 〈|
 >  ヽハ | ||
「なぁにい? そのものっそいほどにすっきりした顔は」
「数学…赤点…」
「ご…ごめんなさぁい」
「水銀燈は?」
「私はぁ…科学が赤点ねぇ…幸い追試の心配は無いけどねぇ」
「どうしよう…このままじゃ…」
そう、このままじゃ愛すべき(殴)水銀燈と離れ離れに…
水銀燈が2年で僕が1年…
「…そんなの…そんなの嫌だ…」
「あらあらぁ…泣かないでぇ」
え? 泣く? あ、何だか水銀燈が霞んで見えたのは涙のせいか…
「う…あ、ごめん…」
「良いのよぉ…貴方と別の学年になれば、私も寂しいし…」
「水銀燈…」
「貴方…」
「お二人さん、メロドラマは放課後にして欲しいね」
「あ…」
うん、人目をはばからずにメロドラマしてたんだ…
「と、とりあえず、多分大丈夫よぉ」
「だ、だよね」
「じゃあ質問、君の一年間の数学のテストの平均点は?」
「…30点ギリギリ…」
「際どいわぁ…」
「あとは神様に祈るしか無さそうだね」
「うん…そうするよ…じゃ、僕は帰るね…」
「あ、私も帰るわぁ」


…神様に祈るしかない…か…
こりゃ本気で追試を覚悟しないと…
「留年する訳じゃないんだからぁ…」
「そう言うけどね…僕数学はどんな問題でも50点以上は稀だから…」
「…」
沈黙…


「仕方が無いわねぇ…」
「ん…わっ」
何をするかと思えば、急に水銀燈が僕の事を抱き寄せて来た
「おばかさぁん…貴方が留年する訳ないわぁ…」
「水銀燈…」
「それは私が信じてるもの…留年なんか…」
「ごめん…僕が気弱になりすぎたよ」
「分かってくれれば良いわぁ」
「ごめんね」
「良いわぁ…それより、喫茶店に行かない?」
「…分かったよ。僕の奢りね」
「分かってるわねぇ」
僕達は喫茶店へと足を運んだ
その後、水銀燈をちゃんと送って家に帰って…ガクブルしてたけどとりあえず進級出来たって事で
ありがとう。水銀燈

第六話・完

|