※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【恋愛百景】Waltz
第四話



「水銀燈、一つ聞いて良いかな?」
「何?」
「いや、何であそこまで恨まれてるの?」
「嫉妬よぉ」
「嫉妬?」
「そう。嫉妬…男子達が私の所に寄って来るのが気に入らないんだって」
「そんな些細な理由」
「本当、笑っちゃうわよねぇ」
「本当だ」


公園から出た僕達は目的地へと向かう
「此所までで良いわぁ」
「此所で良いの?」
「ええ。今日はありがとうねぇ」
「こちらこそ。じゃ、また明日」

とりあえず任務完了。直ちに帰還する
なんて程じゃないけど、僕も帰ろう。

そんな日から数日…
DQN女子達も静かだった
だが、それは嵐の前の静けさと言うもの
こんな出来事が起こってしまうなんて、僕は予想出来なかった

「…これは」
(回されてきた手紙ねぇ…何々、この間の事を謝りたいから放課後に特別棟に来て欲しい…ねぇ)
「罠かもしれないけれど、行くしかないわよねぇ…」

あ、もう放課後か…
今日は早いな
さて…帰ろうかな…
おーい、笹塚…居ない…
「ん? 何だこれは」
そこに落ちていたのはメモ用紙
「何々…笹塚は預かった。取り返したくば、音楽室迄来るべし」


何て事だ! 僕が寝ている間に笹塚が拉致されたなんて
僕はすぐに音楽室へ向かった


「ベジータ…」
「笹塚…悪いな…」
「何でこんな事をするんだよ。小学生の時にはあんなに仲が良かったのに…」
「うるせぇ、俺にも事情があるんだ!」

音楽室…此所か…
「笹塚! 無事か?」
「てめぇか…最近調子に乗っている奴は」
「君は…この学校の番長のマックじゃないか!」
「人をおちょくるのもいい加減にしろ! 俺はベジータだ!」


「おふざけはこれ位にして…笹塚は返して貰うよ」
「なら、俺に勝手からにしろ」
うぐぅ…
ベジータのボディーブローが入る…なかなかのパンチだ
「伊達に番長を名乗ってはいないんだね…」
「オラァ!」
ぐっ…
次はキックか…
駄目だ…強い…
「オラオラ、どうした? この程度か!」
「僕は…喧嘩は嫌いだ!」
「女に手を上げている奴が何を!」
ぐ…
反撃しなきゃ…やられる…
「彼女達は、殴られて当然の事をした! でも僕は…本当は喧嘩が嫌いなんだ!」
「世の中綺麗事じゃやっていけねぇよ!」

このままじゃ…やられる…
反撃するしかない…
確かバキで、顎を殴ると脳しんとうを起こすんだっけ…
「ぐ…」
当たった。でも…
「この野郎!」
もう一発!
「くそ…なかなかやるじゃないか…」
「もうやめてくれ! 僕はもう嫌だ!」
「…駄目だ。A達に足止めする様に言われているから」
「足止め? あいつら、また何かしようとしているのか?」
「特別棟だ! 特別棟に水銀燈を…ぐはっ…」
「余計な事をベラベラ喋るな!」
「笹塚っ!」
「良いよ…僕には気にせず…向かって…」

「分かった!」
そう言うと、僕は特別棟へと急ぐ


「く、騙したわねぇ」
「私達が謝ると思ったのか?」
「ここならあの優男は来ないからな。たっぷりいたぶってやるよ!」
「最低…」
「ああ!?」
「貴女達って最低よ!」
-バチン
「生意気言ってんじゃねぇよ!」
「くっ…」
「私達はなぁ、お前が嫌いなんだよ!」
「いつもいつも男がお前の所に寄って来て」
「うぜぇんだよ!」
「そんなの嫉妬よ!」
-ゴン
「…」
「うるせぇよ…お前なんか消えればいいんだよ! ジャンク」
「死ね!」
「鬼婆!」


音楽室…此所か!
くそ、鍵がかかっている…
なら…ラグビー部奥義、フォワードヒット!

「なんだ!?」
「水銀燈!」
「…貴方…何で分かったの?」
「てめぇは…あん時の」
「お前ら…水銀燈に何をした?」
「あ?」
「何をしたぁぁぁぁ!」
「調教だよ! 聞き分けのない雌豚を調教してんだよ!」
「違うわぁ! 彼女達は…あっ」
「るせぇ! 豚が喋るな!」
…やめろ
「お仕置が必要だな!」
…やめろ
「こうしてやる!」
…やめろ


「やめろぉぉぉぉ!」
「あ?」
「ギャァァ!」
まずはAだ
「痛い痛い!」
「まだだ! こんなもんじゃなかった筈だ!」
「てめぇ!」
「邪魔だ!」
そう言ってBを突き飛ばす
Aはもう気絶している
Bも頭を打ったらしく気絶中だ
「ジャンク! てめぇが悪いんだ!」
Cが水銀燈にナイフを突き付ける
「痛っ…」
水銀燈の頬に切り傷が出来てしまった
「…」
もう駄目だ。Cは間違いなく助からない
「ヒャハハハハ! げふぅ」
「C…お前だけは…許さない…」
「痛い痛い痛い痛い痛い」
「水銀燈」
「…はい?」
「逃げるよ」


僕は水銀燈の手を引き、校舎を出る
笹塚は…大丈夫そうだ。メールが来ている

どの位走っただろうか
とりあえず学校から離れた公園で休憩することにした
「水銀燈、大丈夫?」
「ええ」
「…」
「きゃっ」
僕は水銀燈を抱き締めていた
理由なんか無い。だが、抱き締めなくていられなかった
「貴方…ちょ」
「水銀燈…辛かったよね、痛かったよね…でも、よく我慢した」
「ふぇ…うわぁぁぁぁ」
「今は誰もいないから…泣いて良いよ。僕が、君の涙を受け止めてあげる」
「うわぁぁぁぁ…うっぐ、ひっぐ…怖かった…怖かったよぉ…」
「良かった…無事で良かった…」

「ふぅ…落ち着いたわぁ」
「あの…ごめんね」
「何が?」
「急に抱き締めちゃって…」
「良いわぁ…私も…ちょっと安心したし…」
「うん」
「あ、ちょっと」
「ん?」
-チュッ
へ? キス?
「え? これは…」
「お礼よぉ…あと、貴方への私の気持ちよぉ」
「え? へ?」
「…貴方の告白、受け取ったわぁ」
ああ、告白してたんだ。知らない内に…
「水銀燈」
「はい?」
「あの…今度は、持っと気の利いた言葉を用意するから」
「おばかさぁん、私にとっては、あの言葉が一番気が利いているわよぉ」


第四話・完
|