※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2回:北海道

道内:某大型ホテルにて…
雪「第2回は…はるばる海外までやってきました♪」
薔「海外って…津軽海峡を超えただけ……北海道の方に失礼……」
雪「ほんのジョークですわ♪なんせ日本を代表する美味の宝庫に来たのですからテンションも上がってますの♪」
薔「まぁ…確かに北海道といえば…名物は一つや二つじゃないしね……」
雪「例えば何ですか?」
薔「えっと……クラーク像とか時計台…函館の夜景に流氷…アイヌ文化に温泉に…」
雪「ばらしーちゃん、私は食べ物のことを聞いていますの!」
薔「…地元の文化に触れる…ってのはどうしたの…?」
雪「さて…なんのことやら?」
薔「……」
雪「そ…それはそうと、北海道には夕張メロンにジャガイモにジンギスカン…小樽のお寿司に味噌ラーメンなどなど数え上げれば体中の指が足りないほどの美味しい名物がありますのよ。」
薔「まぁ…確かにそうだね……」
雪「ですが今回は始めに、冬の北海道を代表する名物をいただくとしましょう♪」
薔「冬の……あ!」
雪「ふふっ、お気付きになったようですわね?ならばせーの…」
雪・薔「「蟹!」」
雪「正解!素ばらしーですわ、ばらしーちゃん♪」


薔「この時期…よくテレビでやってるからね……でも、もう夜だよ……?」
雪「うふふ、ならば明日の朝は早速市場に参りましょうか♪」
薔「…まぁ、私も蟹は大好きだからいっか……」
雪「でわでわ…景気付けにホテルのバイキングを制覇するといたしましょうか♪」
薔「……」


翌日、朝市にて…
雪「ばらしーちゃんばらしーちゃん!見てください!こんなに美味しそうな海産物がいっぱい♪」
薔「はいはい……ふあぁ…眠…」
雪「もう!しゃっきり目を覚ましてくださいまし…えいっ!」バサッ
薔「ちょっ……上着返して…しばれる……」
雪「目が覚めましたか?」
薔「覚めた覚めた……覚めたから早く返して…くちゅん!」
雪「はい。」
薔「もう……でも、本当に色んなものがあるね…」
雪「あぁ…プチプチのイクラに数の子…ホクホクのホタテやコリコリのイカ…もうたまりませんわ♪」
薔「それに…やっぱり北の海…見たこともない魚も多い……これなんて特に変わってる…」
雪「本当…すみません、これは何てお魚ですの?」
店員「あぁ、ハッカクです。」
雪・薔「「ハッカク?」」
店員「正式名はトクビレっていうんですけど…ほら、体が八角形に角張って見えるでしょ?」


薔「なるほど…だからハッカクか……」
店員「しかもこいつは北海道でしか穫れない魚で本州とかには滅多に出回らない地魚なんです。」
雪「それで、美味しいんですの?」
店員「えぇ、こんな外見に似合わず脂の乗った白身でなまら美味しい魚ですよ。」
雪「ならばこのお店にあるだけのハッカクと地魚をくださいまし♪
送り先はこちらの住所までお願いしますわ。」
そう言うと雪華綺晶は懐からメモと札束を差し出した
店員「(゜Д゜)」
後に薔薇水晶はあの時の店員さんの唖然とした表情は一生忘れられないと語った…

雪「さぁ、気を取り直して本番と行きましょう!!」
薔「気合い…入ってるね……」
雪「当然ですわ、なんせ私が朝食を我慢したのなど…何年振りでしょうか…」
薔「そういえば…いつものお姉ちゃんなら…さっきの魚もその場で貪りつくのに……」
雪「うふふ…空腹は最高の調味料ですわ……実はさっきからお腹が減りすぎてばらしーちゃんがシウマイに見えますもの…」
薔「……やめて。」
雪「あぁ…空腹で世界がぐるぐると廻る…廻る…」フラフラ…

薔(このままじゃ…ヤバいかも…)


その時であった…
雪「むむっ!!」
薔「…どうしたの?お姉ちゃん…」
雪「くんくん…こ、この匂いは!!」ダッ
薔「あ、待ってお姉ちゃ……って速ッ!」
雪華綺晶は先ほどフラフラのの様子が嘘のように凄まじいスピードで市場の道を駆け抜けて行った


薔「はぁ…はぁ…も、もう…駄目…」
必死に姉の後を追いかけた薔薇水晶であったがついに雪華綺晶の姿を見失ってしまい歩みを止めた
薔「もう……知らない場所に妹を置き去りにするなんて……ん?」
すると薔薇水晶の鼻にも胸をすくような香ばしい匂いが漂ってきた
薔「いい匂い…くんくん……」
薔薇水晶は匂いに誘われるように市場を歩いていった。
するとその視線の先に満面の笑みを浮かべながらある店の入り口に立っている姉の姿が見えてきた
薔「あぁ…やっと見つけた……お姉ちゃん!!」
雪「ふぇ?ど…どうしたんですの?珍しく大声なんか出して…」
薔「どうしたもこうしたもない……私を置き去りにするなんて……この鬼……」
雪「それは…その…深い事情がありまして…」
薔「へぇ……妹を…ほっぽらかしにするような……?」
雪「いや…その…えと…つまり………………えいっ!」
薔「むぐっ!」


雪華綺晶は突然薔薇水晶の口に何かを放り込んだ
薔「っ!?………もぐもぐ…ごくん…」
雪「どうですか?」
薔「すごく……美味しいです…」
雪「でしょ?なんせ焼きたてですからね♪」
雪華綺晶が目を向けた先には七輪の上で香ばしい匂いを放っている蟹の足があった
薔「この匂いは……焼き蟹だったんだ…」
雪「こんな美味しそうな匂い、空腹の私には我慢できませんわ♪」
薔「なるほど…悔しいけど……妙に納得…でも…これ…食べていいの?」
雪「えぇ。試食用みたいですから。しかし焼きたてを試食できるなんて…やっぱりはるばる北海道まで来た甲斐がありましたわ♪」
薔「じゃあ…もう一口……」
薔薇水晶は七輪の上からホコホコと湯気が立ち上る蟹の足を手に取ると、その身を口に運んだ
薔「んっ……」
瞬間、口の中に炙られたことでより一層香ばしさが際立った蟹の旨味がほとばしる。
それはまさに至高…気付けば薔薇水晶は目を閉じ言葉を発することもなくその至福の味を噛みしめていた。
やがてそれを喉の奥に飲み込んだ時、薔薇水晶はほうっと溜め息を吐きながらただ一言「すごい…」と呟いた


「気に入ったかい?お嬢ちゃん方。」
ふいに店の奥から初老の店員がやって来て2人に話し掛けた
雪「えぇ、はるばる北海道まで来た甲斐があるというものですわ♪」
薔「ゴチになってます……」
店員「はっはっは、蟹をお求めから奥の生け簀に来なさいな。そこから選ぶといい。」
雪「是非♪」
雪華綺晶は某・いい男にホイホイついて行く専門学校性の如く店員に付いて店の奥へと入っていった。
薔薇水晶もまた姉を追って店の奥へ進とそこには大きな生け簀にびっしりと放された活き蟹がいた
雪「まままぁ♪なんて素敵な光景なんでしょう!!」
雪華綺晶はその光景に左目をキラキラと輝かせながら歓声を上げる。
生け簀の中では大型のタラバガニをはじめ、中型のズワイガニ、小型のケガニがわさわさと脚を動かして水中を歩き、店員はそこに網を入れるとそのうちの一匹を掬い上げた
雪「っきゃああああぁぁ♪」
薔「わぁ…おっきい……」
店員「ほぉら、こいつが今旬のタラバガニ。それもとびっきりの上物だべさ。」
網の中の大きな蟹は2人の目の前でわさわさと蠢く
薔「ちょっと…グロいかも……」
雪「何を言いますの!?こんな…こんなにも美味しそうなのに…あぁっ…」

雪華綺晶は光悦の表情で蟹を見つめる。その眼差しはまさに恋する少女そのものだ…
店員「今のタラバは身の入りも味も抜群!茹でてよし焼いてよし!!更にこの活きタラバならカニ刺しでも最高よ!」
雪「!!」
雪華綺晶の左目がキュピーンと音を立てそうに光った
店員「さぁさぁ、今ならお安くしとくから是非買っ…」
雪「くださいませ!!」
店員「!?」
店員が言葉を言い切る前に雪華綺晶が強い口調でそれを遮った
店員「ま…まいど…じゃあ活きタラバ1匹…」
雪「…誰が1匹などと言いましたか?」
店員「へ?」
雪「このお店のカニは…全て私がいただきますわ!」
雪華綺晶はそう言うと店の机の上にドンと数個の札束を置いた
一同『いいいいぃっ!?』
店にいた誰もがその行動に驚愕した。
だが雪華綺晶はそんな周囲の目にもくれず網の中の活きたタラバガニに歩み寄った
雪「うふっ…うふふふふふふ……お待たせしましたわ…愛しのタラバちゃん♪」
店員「あっ!触ると危ないから今おじちゃんが包装を…!」
雪「いえ、ここでいただきますからお構いなく♪」
店員「へ?」
雪華綺水晶は店員に向かってにっこりと笑うと再び視線を蟹へと向け…

雪「いっだっま~すですわ♪」ガッ!
そのまま蟹へと襲いかかった
蟹「!!」
驚いた蟹は雪華綺晶に鋏を向けるが…
『がしぃっ!』
雪華綺晶の両手がそれを遮る
雪「うふふ…この私に楯突くだなんて悪ゥい子…最早あなたの運命は決まってますのよ?」
そして雪華綺晶は鋏を掴む両手に力を込める…するとメキメキと音を立てた蟹の腕は無惨にもへし折られた
雪「うふふ…さァて…お楽しみと参りますか!!」
雪華綺水晶はそのまま蟹の足を全て引きちぎり殻も剥かずにかぶりついた
雪「あぁん♪なんという甘味…もうたまりませんわ!」
そこから先はまさに地獄絵図であった…彼女はそのまま凄い勢いでゴキゴキと音を立てて殻ごと活きた蟹を貪り喰い始めたのだ…
そこにいた誰もがその凄まじい光景に言葉を無くしていた。
だが、本当の恐怖はここから始まったのである
雪「あら?もうなくなってしまいましたわ……ならば…」
一匹をあっと言う間に平らげた雪華綺晶は生け簀に目を向ける…
雪「クスクス…まだまだたァ~っぷりいるではありませんか…ならばみんなまとめて食らい尽くしてさしあげましょう!!」
雪華綺晶はなんとそのまま生け簀の中へと飛び込んだのであった


一同『!!?』
雪華綺晶は生け簀の中に泳ぐ様々な蟹を捕まえては片っ端から音を立てて活きたまま食らってゆく…
店内の人間は皆、彼女の放つ絶対的な気迫とあまりの惨状にただ呆然と立ち尽くしていた。「止めたら殺される!」と思いながら…
そしてその悪夢のような光景は雪華綺晶が満足するまで数十分程続くのであった…


雪「くちゅん!うぅ…寒いですわ…」
ホテルへと帰るリムジンの中で雪華綺晶は毛布に身をくるみ震えていた
薔「自業自得…まったくもう……」
雪「あうぅ……そ、そうですわ!!」
雪華綺晶はポンと手を叩いた
薔「今度は…なに?」
雪「運転手さん、このまま札幌までお願いします♪」
薔「え?」
雪「うふふ♪冷えた体にはあったか~いラーメン…つまり味噌ラーメンですわ♪」
薔「ま…まだ食べるの!?」
雪「当然ですわ♪せっかく北海道まで来たんですもの…名物という名物は全て制覇するまで帰りませんことよ?さぁ、れっつごーですわ♪」

薔「こ…この姉は………はぁ…」

薔薇水晶は姉の底知れぬ食欲と行動力にただただため息をつくしかなかったのであった…

続く…


デザート(おまけ)

薔「お姉ちゃん…私、登別に行ってみたい…」
雪「あら、温泉ですか?」
薔「違う……クマ牧場…北海道といえば…クマやキタキツネ…可愛い…」

と、いうわけで…
薔「すごい…ほら、お姉ちゃん…クマさんいっぱい。」
雪「もぐもぐ…」
薔「お姉ちゃん…それクマの餌…もう、クマにあげるんだから返してよ!」
雪「あぁ!酷いですわ!」
薔「ほ~ら…餌だよ…」
薔薇水晶はクマに向かい餌を投げる
薔「あっ…食べてる食べてる……可愛いなぁ…」
雪「……ねぇ、ばらしーちゃん?」
薔「…ん?」
雪「クマはね、右掌が美味しいんですのよ?…なんせ冬眠前に右掌でたっぷり蜂蜜を掬うらしいですから…」
薔「何?突然………まさか…お姉ちゃん…」
雪「…じゅるり。」
薔「!?」
すると次の瞬間、雪華綺晶はフェンスをガシガシと登り始めた
薔「だ…駄目!!お姉ちゃん!!」がしっ
雪「離してくださいばらしーちゃん!目の前にあんなレア食材がうようよいるのに!!」
薔「いくらお姉ちゃんでも…相手はヒグマだよ…?勝てるわけない…」
雪「そんなのやってみなくてはわかりませんわ!それに…食材と闘って果てるなら本望です!!」


薔「馬鹿言わないの!!誰か…!誰かぁぁあああああああああ!!」
その後、薔薇水晶のあらん限りの叫び声を聞いて集まった数人の男たちに引きずられながら雪華綺晶は園外へと連行されていった。
薔薇水晶はせめてもの慰めにと帰りの売店で『熊カレー』を買っていってあげるのであった…

終わり
|