※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それはある朝のこと…
金「ああああああ!!」
み「何!?カナ、どうしたの!?」
金「み…みっちゃ~ん…」
み「!?」
金糸雀のおデコの真ん中には大きなニキビが出来ていた
金「あうぅ…ちゃんとお顔洗ってるのにぃ…なんでこんな目立つとこにできるのかしらぁ…?」
み「そ…そうね…」ウズウズ
金「しかも潰すと跡が残っちゃうし…ううぅ~…」
み「……」ウズウズソワソワ…
金「ん?みっちゃん…どうしたかしら?」
み「な…何でもないわよ!?あは…あははははは…」
金「?」
そうは言ったもののみっちゃんはひたすら心の中で叫んでいた

み(押してええええええええぇぇぇ!!)

登校後…
『チラ…チラチラ…』
金「う…なんだか妙に見られてる気がするのかしら…何でかしらぁ?」

銀(あぁ…ポチッと…ポチッとしたいぃぃぃぃ!!)
翠(あれは間違いなく起動ボタンです!スイッチオンしてぇですぅ!!)
蒼(うぅ…気になって物事が手に着かないよ…)
紅(なんであんな狙いすましたような場所に作るのよ!?あぁ…押したいのだわ!)
雛(うゆ…でもポチッとしたらきっとかなりあ怒っちゃうの…でもでも…うゆ~…)
薔(千昌夫も…真っ青……ぷくく…)
雪(お腹減りましたわ…)

その後もニキビが治まるまでの数日、金糸雀は誰よりも注目される少女となったのであった…


金「今日はカナが特性ラーメンをご馳走するかしら~♪」
ジ「金糸雀…お前卵料理以外作れたのか?」
金「あっ!失礼しちゃうかしら!カナに不可能はないのかしら!!」
み「そうよ、ジュンジュン。カナのラーメンはすっごく美味しいんだから。」
ジ「本当ですかぁ?」
金「論より証拠!今から作るから待ってるかしら!」
ジ「はいはい。」
金「じゃあカナはちょっとお風呂に入ってくるかしら。」
ジ「おい!ラーメンはどうしたよ!?」
金「これをしないとカナのラーメンは作れないのかしら。いいから待ってるかしら~♪」
ジ「…?」


数時間後…
金「完成かしら~♪」
ジ「またえらく時間がかかったなぁ…」
金「美味しいものは作るのに時間がかかるのかしら!さぁ、召し上がれ。」
ジ「へいへい…」ズズッ…

ジ「うっ…美味い!!滅茶苦茶美味いぞ!?」
金「えへへ♪でしょ?」
ジ「特にこのスープ…あっさりしているのに奥深い…でも決してくどくなく旨さが後を引く…こんなラーメン食べたことない!」
み「それにこのラーメンって食べるとお肌ツヤツヤになるのよね♪」
ジ「凄いじゃないか金糸雀、疑って悪かったよ。ところでコレ、何のスープなんだ?」
金「企業秘密かしら♪」


その夜…
み「さぁ!カナの残り湯をダシに使った“カナリアン・ラーメン”…こいつで一発当てるわよ~!!」


金「ジュン…あなたが好きです…カナと付き合ってほしいかしら…」
ジ「金糸雀…」
ある放課後、僕はクラスメートの金糸雀に告白された。
金糸雀はいつも明るくまるで妹のようだったが、今の彼女は夕陽に照らされ美しい女性の顔に見える。
ジ「金糸雀…僕は……」
僕が突然の告白に失っていた言葉を紡ごうとしたときであった…
ジ「!?」
僕の視界の片隅に2つの影が映ったのだ。
片方は大きな木の陰にチラチラと長い金髪が見えている。時折見える青い瞳からは「もし受けでもしたら…どうなるか分かっているわよね…?」とでも言わんばかりの凄まじい気迫が伺えた。
そしてもう片方、校舎の壁の向こうに見えるリクルートスーツと後ろに束ねた黒い髪と眼鏡…そちらからも同様に「カナを泣かせでもしたら、地獄以上の苦痛を味わわせてやる…」とでも言わんばかりの気配が漂っている。

金「ジュン…」
金糸雀が潤んだ瞳で僕を見上げる。
ジ「いや…あの……」チラッ
すると2つの気配は更に激しいプレッシャーを僕へと放った…。

どうするよ、僕!?…どうする!?


ライフカード、続きはWebで!!

49 名前: グラドル(愛媛県)[] 投稿日:2007/04/19(木) 22:27:32.65 ID:gbvNtGMD0
ドロー!

50 名前: イラストレーター(千葉県)[] 投稿日:2007/04/19(木) 22:32:18.32 ID:l3+NnBPj0
モンスターカード!

51 名前: ミトコンドリア(東京都)[] 投稿日:2007/04/19(木) 22:37:01.23 ID:dufgcen40
召喚!


金「ついにカナたちはやったのかしら…」
薔「性器…じゃなかった…世紀の大発明……だね…」
金「早速ジュンを呼ぶかしら!」

そして…
ジ「ったく、見せたいものって何だよ?どうせまたくだらないものだろ?」
金「ふっふっふ…コレを見てもまだそんな口が叩けるかしら?」バサァッ!
金糸雀は『ソレ』にかけてあった大きなシーツを外す。
するとそこにはジュンの見知った友人の柏葉巴の姿があった。
ジ「柏葉…?なんでこんなとこに……あれ?」
ジュンは巴の異変に気付く。
金「ふっふっふ…それは巴じゃないのかしら、それこそカナとバラバラが共同開発した試作アンドロイド!その名も“トゥMOE・初号機”かしら!!」
薔「…ドリルもあるでよ……」
ジ「ア…アンドロイドだって?まさか、そんな…」
金「論より証拠!ジュンにはカナたちの世界的発明の立会人になってもらうかしら!バラバラ!?」
薔「おk…把握……起動スイッチ…ポチッとにゃー…」ピッ
ジ(あ、やっぱそこ(ホクロ)がスイッチなんだ…)
金「バ…バラバラ!そこは!!」

『ピー…自爆スイッチの電源が入りました…周囲の方々は速やかに退避してください…』

ジ「何ぃいいいいいいいいいいっ!?」

『トゥMOE・初号機は…あと10秒で爆発します。』
ジ「ちょwww早すぎ!!」
『10・9・8・7…』
ジ「う…うわぁあああああああああ!!」
『3・2・1…ハスタラビスタ・ベイベー(地獄で会おうぜ、ベイベー。)…』

ーーーカッ!!

…………
……

金「うぅ…ゲホッ!ゲホッ!…死ぬかと思ったかしらぁ…」
ジ「SSじゃなかったら間違いなくアフロじゃ済まなかったな…」
薔「てへっ…失敗失敗…」
ジ「お前ら…どう責任取ってくれんだ?コラ…」
薔「体で償……」
ジ「黙れ!」
薔「……くすん。」
金「は…発明には失敗はつきものかしら!この失敗をバネにカナたちはまた再び出発すれば…」

ジ「お前ら…いい加減にしろぉぉおおおおおおおッ!!」
薔・金「「しーましェーン!!」」


zzzz
み「カナー、もう9時よ、いいかげんおきたらー?」
金「もうちょっとかしら…って9時!?た、大変遅刻かしらー!!」

み(あわてるカナも(ry)

金「遅刻かしらー!!」

金「ごめーんジュン。まったかしらー?」
ジ「なにいってんだ?僕は蒼星石と待ち合わせてるんだけど…寝ぼけてんじゃないか?」
金「な、なにー!?そういわれてみれば約束したときジュンは女装してたかしら…あれはきっと夢っだったかしらー!」
ジ「おい!ツッコミどころ満載だな!」
蒼「へぇー、人を待たせて自分は彼女以外の女の子と楽しくおしゃべりかぁー。詳しく話、きかせてね?」にこっ
ジ「ちょっ、まっ、誤解だーーーー!!!!!」
蒼「あっそ」
ガスッ ズルズル…
金「南無阿弥陀仏かしら…」


金「ジュン~ちょっといいかしら~?」
J「?」
金「なんと!宝くじで100万あたったかしら!」
J「そうか。よかったな。」
金「騙そうと思ってるんだからもうちょっと食いつくべきかしら!」
J「今日は二日だ。ついでに騙そうと思ってるならそれを言ったらいけないだろ」
金「!!!!!はめられたかしらー!!!!!!」
J「そうじゃないだろ…」

真「ちょっとジュン。そこの邪魔くさい金糸雀は何をしているの?」
J「自滅してめそめそと泣いてるだけだ。ほっといてもいいだろ」


保守


ジ「金糸雀、今週の日曜よかったら2人でどこか行かないか?」
金「えっ!?…そ…それはもしや…デートのお誘いかしら?」
ジ「そ…そんな大層なもんでもないけど、嫌ならいいんだ。///」
金「そんなことないかしら!カナすっごく嬉しいのかしら♪」
ジ「そ…そっか…ならよかったよ。」
金「えへへ。それで…どこに行くのかしら?」
ジ「まだ決めてないけど…金糸雀が行きたいところでいいよ。」
金「むぅ…カナの行きたいとこ………あ!行きたいとこあるかしら!!」
ジ「お、どこだ?」
金「それはぁ……」



その週の日曜…ジュンは養鶏場でひたすら産みたての卵を拾うことになる…

18 : 運転士(三重県): :2007/04/14(土) 18:16:06.49 ID:i9FjF7Ug0

>>17GJ
そして帰りにカナリアはすべての卵を割ってしまうのだった…

金「かしらー!?」

 

|