※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀「保守するわぁ」
紅「させないわ水銀燈。私が保守するのだわ」
銀「なによぉ?やる気ぃ?」
紅「あなたがお望みならね」
銀「ふん…すぐつっかかってきてぇ…お子様なんだからぁ」
紅「ちょっと!今の言葉、聞き捨てならないわ!撤回なさい!」
銀「フフフッ…熱くなっちゃってぇ…ほんと、お馬鹿さぁん」
紅「………小じわ女」
銀「…なんですって?」
紅「小じわ女って言ったのよ。聞こえなかった?」
銀「………」
紅「………」
銀「こんのペチャパイッ!!」
紅「なによ乳酸菌っ!!」
銀・紅「きぃ~~~っ!」

薔薇「……保守」

銀・紅「あ」


薔薇「………漁夫の利…」(ぶい)





薔薇水晶「・・・ん・・・ジュン君・・・スースー」
ジュン「薔薇水晶、薔薇水晶、もう朝だよ」
薔薇水晶「ふみゅ・・・ジュン君・・・」
ジュン「早く起きないと遅刻するぞ?」
薔薇水晶「うん・・・モゾモゾ」
ジュン「・・・またそんな格好で寝て・・・下着ぐらい付けなよ・・・」
薔薇水晶「・・・セクシー?」
ジュン「何言ってるんだか・・・」
薔薇水晶「・・・大丈夫だよ」
ジュン「ん?」
薔薇水晶「こんな姿見せるの、ジュン君だけだから」
ジュン「な・・・(///)」
薔薇水晶「ジュン君・・・顔真赤・・・」
ジュン「ば、馬鹿なことやってないで、早く仕度しろ!遅刻するぞ!」
薔薇水晶「うん・・・おやすみ・・・スースー」
ジュン「だから寝るなって!」




薔「ジュン…明日暇?」
ジ「暇だけどどうした?」
薔「明日…浅草までついてきて…」
ジ「?」
薔「…同人誌の売り子たのむ…」
ジ「任せろ…でどんな内容なんだ?」
薔「ひ・み・つ」
薔(ホントはJUM×薔薇なんだ…////)



薔「ジュン…起きて…」
ジ「まだ…眠いよ$○☆@△*……」
ジ「………って何で薔薇水晶が家に!!??」
薔「ジュンが中々来ないから迎えに来た…」
ジ「あれ…今日何かあったっけ………あ!売り子する約束!!」
薔「忘れてたの?(;_;)」
ジ「ごごごゴメンなさい!」
薔「じゃあキスしたら許してあげる(////)」
ジ「わ、わかった……チュッ」
薔「(ほ、ほっぺじゃないよー…(////))」




J「はぁ…」
薔「どうしたの…?」
J「なんだか今日は疲れちゃったよ…」
薔「ふふ♪でも本が完売したのはジュンのお陰だよ…ありがとう」
J「そんな事な…フグ…ん……ぷは…いきなりキスするなよ(////)」
薔「へへ♪今日のお礼だよ(////)」
J「なぁ薔薇水晶…」
薔「なぁに?」
J「実はあの本勝手に読んだんだ…ゴメンな…」
薔「え、えええ(////)」
J「それで思ったんだ…あの本の様に何時までも薔薇水晶と幸せに暮らしたい…って」
薔「え(/////)そ、それって」
J「うん……愛してる…」
薔「私もだよ…(;ω;)グス…ウワーン…ジューン…」
J「よしよし…ナデナデ」
薔「…ジュン…ホテル泊まろう?」
J「え、ちょ、あ、…えええ?」
薔「ジュンと愛し合う」
J「ちょwwそれはまだ早いってww」
薔「えーケチー…ブーブー」
J「…全く」





薔「ジュン………」
J「ん?どうした薔薇水晶?」
薔「ウェディングドレス…作って…」
J「ん…イベントとかで使うのか?どういうのを…」
薔「ううん…違うよ」
J「うん?じゃあ何に…」
薔「ジュンが………私に…着せて?」
J「!!!!」
薔「…えへへ(////)」





『ジュン…気持ち良いの?』
『う…あ…や、やめ…』
『ふふ…ここをこんなにしてちゃ説得力ないよ…?』
『そ、それは…』
『ジュン…足でされて気持ち良いなんて…変態さんだったんだね…』
『ち、ちが…うああ!?』
『後ろの穴もこんなに…大丈夫だよ…私はどんなジュンでも大好きだから…』
『あ、ああ!や、やめ…』
『ほら…指が三本も…』
『あ、あああ!!?』
『きゃ…もう……早過ぎだよ…?』
『う、ああ…』
『ふふ…大好きだよ、ジュン』
『…僕も…大好きだよ…薔薇水晶…』


薔「ボイスチェンジャーで作って見ました……」
J「………何か欲しい物があるかな薔薇水晶君?」
薔「……ジュンが欲しい………」
J「……………」
薔「……………」





J「男二人で映画見に行く気か、ベジー」
ドカァ!<グエ
薔「手が滑った……」
J「…明らかにわざとな気がするけど」
薔「気のせい……それより…私と映画行こう…?」
J「…まあ、良いけど……」
薔「彼なら…大丈夫…代わりを用意しといた…」
J「ん…そうか、じゃあ明日の10時に映画館な」

J「いやー感動したなー」
薔「うん…私も…」
J「これからどうする?」
薔「折角だし…遊ぼ?」
J「ああ、じゃあゲーセンでもいくか」
薔「おー…」


薔「…さっきの映画…」
J「ん?」
薔「最後のシーンでさ…王子様と花嫁…」
J「う、ああ(最後のキスシーンの事か…)」
薔「素敵だったな…(今日も進展ないんだろうな…)」
J「ああ、そうだな…(またいつも見たいにからかわれるのかな…そうだ)」
薔「私も…着て見たいな…」
J「…俺もいつか誰かに着せてあげたいな~(たまには…な)」
薔「え!!?」
J「うわ!どうしたんだよ、急にそんな声だして」
薔「う、ううん…なんでも…そ、それで…相手は…?」
J「う~ん、誰だろうな~(いくらなんでも驚き過ぎじゃないのか?)」
薔「………そう、だよね…ジュン、モテるもんね…」
J「ば、薔薇水晶?」


薔「…ごめん…ね、迷惑…だったよね…私なんかと…映画見に行ったり…」
J「………」
薔「私と…一緒じゃ…楽しくない…よね」
J「…そんなことない」
薔「え?」
J「確かに…あのテープレコーダーとかボイスチェンジャーとかはやり過ぎかもしれないけど…
 俺は薔薇水晶と一緒にいると、楽しいよ」
薔「ジュン…」
J「それに…好きでもない奴と映画見に行ったりしないよ」
薔「え…え!ジュ…ジュン…(////)」
J「お、俺は…薔薇水晶の事、好きだよ」
薔「あ…う、うん………(/////)」
J「それで…さ(///)」
薔「……わ、私も…(////)」
J「え?(///)」
薔「私、も…ジュンの事が大好き…だよ(///////)」
J「ば、薔薇水晶…(///)」
薔「あ…ジュ、ジュン…ウン…(///)」
J「ん………ぷは」
薔「私の…初めて…だよ(//////)」
J「奇遇だね…僕もだよ…(////)」
薔「……(///)」
J「……(///)」


翠「ああああああ!!!」
J&薔「!!?」
銀「な、わ、私のジュンが…薔薇水晶といい感じに…」
真「それにその体勢…まさか…キスを…!?」
J(や、やばい!いや、薔薇水晶ならいつも見たいに…)
薔「え…あ…そ、その………(///////)」
蒼「ば、薔薇水晶が真っ赤に………」
雪「うふふふ、ジュン君、薔薇しーちゃん、お二人で何をなさってたんですか?(怒」

J「ま、まずい…」
薔「…………チュ(///)」
J「!!」
一同「!!!!!!」
J「こ!ここからが!」


梅岡「さあ、一緒にそこのホテルに…」
ベ「ほ!本当の地獄だああああああ!」






J「あれ、携帯どこやったっけ…」
薔「ジュン…」
J「ん?」
薔「貴方が落としたのはきらきーですか?銀ちゃんですか?」
J「何をやってるんだ三人とも…」
銀「さあ、ジュン!どっちを選ぶの!」
雪「ジュン君…」
J「……携帯落とした」
薔「正解…正直者の貴方には…全部あげましょう…私含めて」
ガシガシ
J「え、ちょ………なんで二人して抱き付いて来るの…!?それにそのカメラは!?」
銀「なにって…既成事実作る為に決まってるじゃない♪」
雪「末永く…よろしくお願い致しますね…♪」
J「ははは…ま、たまたご冗談を…薔薇水晶、何人の服を脱がしてるんだい?」
薔「……婚前交(ry」







薔薇水晶の家
薔「それじゃ・・・お茶入れてくるね・・・」
J「ああ、ありがとう・・・ん?なにかはみ出してる・・・」
座っているベットの隙間からはみ出している縄を・・・縄?
J「なんでこんなところに縄が・・・」
ベットの布団部分が持ち上がる・・・持ち上げてみると・・・
J「縄・・・び、媚薬・・・こ、近藤さん・・・!?」
い、いったい何なんだ!?
J「これは・・・精力増進剤・・・説明欄に・・・服用するとそれはもうやばい事になりますって・・・!」
や、やばい、薔薇水晶が戻ってきた!急いで戻して・・・!
薔「JUM君・・・お茶・・・どうぞ」
J「あ、ああ、ありがとう薔薇水晶」
お茶を机に置くとそのままジュン隣に座る薔薇水晶
薔「JUM君・・・」
J「な、なんだ薔薇水晶」
薔「・・・・・・試してみる?」
J「亜w背drftgyふじこlp;@「:」

の「なんだか最近疲れてそうだね、大丈夫」
J「・・・・・・どうだろ」




薔薇雪と SW編

今日は珍しく金糸雀がGMを申し出た。自称策士さまの実力を見せてもらうか。
金「JUM、食事が終わったところで抵抗ロールするかしら。」
J「毒でも入ってたのかこの料理(ころころ)低いな、11。」
雪「私たちは大丈夫ですわね。」
金「JUMは体に異変が起きたのに気付いた、女になってしまったかしらw」
J「うわー、ムーンライトドローンか。」

《ムーンライトドローン》
小さな粒状の毒物。男なら女に、女なら男になってしまう。効果は永続。

薔「・・・見えた。これだ!行ってくる。」
J「おい、どこ行くんだ?」
薔「ちょっと用事!」
セッションの途中だというのに突然教室を飛び出していった薔薇水晶。
戻ってくる様子もなかったのでこの日はその時点でお開きになった。


(翌日)
J「昨日はどうしたんだ?みんな心配してたぞ。」
薔「・・・ゴメン、これお詫び。」
そういうと薔薇水晶は鞄から青色の小瓶を取り出す。
J「これ変な味がするって噂の・・・。」
薔「意外とおいしいよ。飲んでみて。」
言われるままに口にする。おくすりの味・・・。
J「微妙な味だな。医薬部外品みたいな匂いもするし。」
薔「・・・ねぇJUM、今のローゼンに足りないものって分かる?」
J「さあ?・・・・・・あれ?からだが・・・。まさか!」
体の変調に気付くJUM。その場にへたり込んでしまう。
薔「・・・それは眼鏡っ娘。JUM、よろしくね。」
J「くっ、謀ったね薔薇水晶。これから私どうすれば・・・。」
雪「ふふっJUM、心配いりませんわ。これからは3人で・・・。」

梅「桜田、聞いてるのか?」
梅岡の声に反応して立ちがるとそこは教室だった。あわてて自分の体を確認する。
J「なんともない。夢?」
梅「居眠りは良くないぞ。笹塚廊下に立ってろ。」
やがてチャイムが鳴った。時計を確認する。もう昼休みの時間だ。
薔「・・・JUM、お昼一緒に食べよ?」
昼食を誘いに来た薔薇水晶の手には青色の小瓶が握られていた。 


|