※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それは抱き枕との日常のカケラ。Ⅰ



彼、桜田ジュンの朝は早い。
休日である土曜日でもだ。

「……ふぁーあ…。ん、いい匂い」

それは、深夜三十三時のアニメを見るためでもなければ、
ジョギングで健康的な汗を流すためでもない。

───目覚ましが仕掛けられているから。
…何故仕掛けたのって?──朝の爽やかな一時を同居人と有意義に過ごすため。
…誰が仕掛けたのって?──彼の愛するストーカー…もとい、抱き枕が。

「おはよ。ばらしー」
「あ、おはよう…ジュン」

寝ぼけ眼のまま、朝っぱらから裸エプロンを着て朝食を用意している少女の頬を、指でつつく。
スライムを扱うように。大福を扱うように。ゴムボールを扱うように。
ふにふにふにふにふにと。

「薔薇水晶。僕の抱き枕。ほっぺをふにふにすると赤くなります」
「あぅ…ジュン……説明口調が素敵……」
「そりゃどうも」

ふにふにふにふにふにふに。



「いやしかし、ホントにばらしーは料理上手いな」
「……デ、デレ期って解釈で良いのかな…」
「うむ。デレシャスゥ…むぐむぐ…」

凍りついた空気をものともせず味噌汁を啜る。

ぷはー。

「ねえ…ジュン……。ビンタしても良い?」
「ずず… 抱き枕にそんな凶悪な機能求めてません」
「え、えっちな機能とかは……?」
「あ、ご飯おかわりー」



《次のカケラへ繋がる》

|