※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐‐仰げば、尊し・・・

よくよく考えると、なんとも厚かましい話だ。そんな悪態をついても、誰も気にもとめない。
そんな卒業証書授与式を終え、外に出る。

‐‐あぁ、僕はもうこの学校から追い出されたわけか。
未だに大学も決まらずに。

だが、どうやら僕だけではないようだ。

-ハチミツレモンキャンディ-
Graduation

卒業式を終え、友達とバカ騒ぎをしに行くも心底騒げない。
未だに滑り止めすらままらない僕の心境をわかってくれるのは、彼女だった。

薔「・・・やっほー。」
J「よっ。卒業おめでと。」
薔「おめでと。」
J「卒業式出た?」
薔「・・・学校には行った。」
流石です。
J「そっか。だから制服なんだ。」
薔「そのとお~り♪」
J「ってかもう決まった?」
薔「・・・決まってない。もうどこでもいいから行きたいお・・」
J「じゃあ、日曜受けるの?」
薔「・・・うん。経営。君は?」J「僕は産業社会。」

 

決まってないのは、彼女も一緒だった。
それに二人とも国公立結果待ち。
悲しいが、どうしても親近感が湧いてしまう。

‐‐それでもよかった。

理由は、特に無い。
あるとすれば・・・

薔「・・・はい、卒業祝い。」
彼女が渡してくれた、キャンディ。
J「ありがと。」

口に含むと、やっぱり甘酸っぱかった。

薔「・・・日曜で終わるといいなぁ。」
J「大丈夫だよ。信じてたら大丈夫。」
薔「・・・うん。」
J「じゃあ僕からも。はい、卒業祝い。」
僕が彼女に渡したのは・・・

何故か、緑茶キャンディだった。其処に、大した意味はない。

仮に、あったとしても・・・

‐‐心のアルバムに、しまっておくべきものだから。

 

薔「・・・これで、日曜受かるよ。」
J「間違い無いw」
薔「・・・頑張ろ♪」
J「うん。受かって来よ。そんじゃ僕、帰るわ。」
薔「・・・ばいちゃ。」
僕は、塾を後にした。

西の空は、まだ燃えている。

まだ、終わってないからそう見えるのだろうけど。
そうだとしても、僕は次で終わらせる。
そう、堅く心に誓った。

|