※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイタニックの一等客室の客が脱出する際にオーケストラがいたという逸話は、映画のお陰で有名になった。
でも私は、それが何と無く気にいらなかった。
それに大した理由もないなかったが。

Melody of Joy-Kanarienvogel-

‐‐夕刻
私はいつも一人で音楽室にいる。
拙いが、自分の好きな旋律を奏でるために。
‐主よ、人の望みの喜びを‐
別に自分がクリスチャンってわけでもない。
ただ、好きなだけ。
その旋律‐一音一音を楽しむこと‐が好きなだけだった。
時期的にも丁度合っていたし。

そんな折・・
音楽室に意外なお客が来た。
ガラッ
金「~♪」
「・・・いいメロディだな。」
金「かしらー!?」
私は思わず叫んでしまった。
だって誰か来るなんて思ってもみなかったし。
「…そんなに驚くことでもないだろ」
金「ごめんなさいかしら…。」
「気にするな。続けてくれ。」


正直、人前でなんて弾いた試しがない。
人一人いるだけでこんなにも違う。
手は汗だく、足はガクガク、心臓バクバク。
…それでも不思議と弾けるのは、体が覚えている為なのだろう。
一通り引き終えると、一人しかいないお客はスタンディングオベーションで向かえてくれた。
夕陽に照らされたM字のデコが、輝いていたのが第一印象。
今思えば失礼な話だが、デコキャラは私も同族。それに彼なら笑い飛ばしてくれるはずだ。
そんな彼の名前は…
金「そう言えば、あなたの名前は何かしら?」
ベ「俺はベジータ。やがて世界を支配する、サイヤ人の王子だ。」
何をわけのわからない事を言っているんだろう。電波の人だろうか。
そんな事を思った。‐これも、失礼な話だ。
金「私は金糸雀かしら。いつもは図書館にいるかしら。」
ベ「韓国人か?」
金「違うかしらー!!」
よく言われる。これで698回目。
ベ「それはすまん。それより他に弾ける曲はあるか?」


金「へ?」
間抜けな声が音楽室に響く。
響くのは不響和音で十分なのに。
金「んー。とりあえず聞いてみるかしら♪」
私はなんとなく思い付いた曲‐G on Aria‐を弾くことにした。
静かに、優しく。
でも、しっかりと。
音楽の世界は何だか矛盾していたりする。
音楽が、人によっては【音が苦】に成かねない。変な世界が広がっている。
まぁ、少なくとも今いるお客は【音が苦】ではない様子。
彼は、目を瞑り私が奏でる旋律に耳を傾けていた。

‐‐平穏と力の共存は、中々できることじゃない。

彼は演奏後にこんなことを言った。
金「どういう意味かしら?」
ベ「力と力がぶつかる時、そこには平穏など存在しない。あるのは喧騒だけだ。しかし…」

‐‐お前はそれを共存させ、尚且つ調和させている。

金「あ、ありがとうかしら////」
ベ「凄いことをやってのけるんだな、お前は。また聞かせてくれ。」


金「これくらいの時間にいつもここにいるかしら~♪」
ベ「わかった。また来よう。」

彼は帰った。
その後は少しだけ弾いた。

彼は、その日から毎日のように私の演奏を聞きに来るようになった。
私も人に聞かせることを意識するようになったが、自然とその感覚は薄れた。理由はわからない。
ただ、自分も楽しめて目の前にいるお客も楽しめている。
一応、利害関係は一致している。
いつしか私は、その日課を楽しみにするようになった。
そんなある日…
ベ「なぁ金嬢。クリスマス暇か?」
金「へ?」
だから響くのは(ry
ベ「予定、あるのか?」
クリスマス…独り身の私にとって縁のない行事。なにそれ美味しいの?コレが率直な感想だ。

金「入ってないけど…どうしたかしら?」
ベ「いつもいい演奏を聞かせてもらってる礼だ。映画でも行かないか?奢るゼ。」
‐‐これって、デートの誘い?
無論私に、そんな経験はない。


金「え、え、え~っと…」
ベ「予定、あるのか?」
あるわけないでしょ。
金「い、今はわかんないかしら!!帰って見てみないと…」
ベ「そうか…。」
何だか少し、悪い気がした。
正直断る理由もない。
この人が嫌いなわけでもない。

でも…
何だろう。
凄くドキドキする反面、今の関係を維持したいと思う自分がいる。
こういう自分が、少し嫌になる。
音楽室を気まずい沈黙が包みこむ。
それをぶち破ったのは…彼だった。
ベ「…もう一曲、頼めるか?バッハのヤツを頼む。」
金「わかったかしら♪」
私は-主よ、人の望みの喜びよ-を弾く。
彼は、真剣に聞いていた。
そんな彼を見て、私の脳裏に彼と初めて会った時の思い出が映る。
‐‐なんだっけ?平穏と力の共存だっけ?あれって、誉めてくれたんだよね…。

金「…終わりかしら。」
ベ「ありがとう金嬢。それじゃあな。」
彼が…帰って行く。


金「待つかしら!!」
‐えっ?何で呼び止めてんの私。
衝動ってこういうことなんだろう。
これに支配されたら、もう止まらない。近くによく衝動買いする人がいるからよくわかる…何て言ってる場合ではないが。

ベ「?どうした金嬢?」
金「あの・・・・その・・く、クリスマス・・」
彼は私が言い切るまで無言を貫くだろう。
金「クリスマスは暇かしら!!だから誘ってくれて嬉しかったかしら!!映画に行くかしら!!」
‐‐言ったよ。言い切ったよみっちゃん。

ベ「そうか。嬉しいゼ金嬢。」

クリスマスにデートなんて…。生きててよかった。ホントによかったよみっちゃん。

その日は、ウキウキだった。


デート当日は、完璧なまでのエスコートを‐デートの経験がない私でも分かるほど‐やってのけてくれた。

そしてラストのディナーで…

‐‐お前の奏でる旋律が、俺に喜びを与えてくれる。

ベ「無論、お前自身もな。」

遠回しの、告白。
シネコンがあるホテルの最上階のレストランにて。
そこで流れていた曲は、初めて出会った時の曲だった。

私の返事は…勿論こうだ。

‐‐喜んで、かしら。

みっちゃん、一足先に幸せになります。

Melody of Joy-Kanarienvogel-
おしまい

|