※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

秋といえば、何を思い浮かべるだろうか?

「みんなー、秋だから本を読むのー」

やっぱり読書かな。

In the Library-Kleine Beere-

昼休みや、放課後は基本的にこの場所に座って本を読む。
この学校の図書館は、やたらと広い。
貸し出しカウンターを任されてから半年。2年生に進級してからのこと。
最近は、「罪と罰」を読んでいる。

「ヒナ~、何読んでるのかしら?」
同じ図書委員のキm・・・もとい、金糸雀が話しかけてきた。
同じ2年生で同じ図書委員。読む本も、どこか似通っている。

雛「罪と罰なのー」
金「そんな難しい本よく読んでるかしら・・・」
雛「そんなことないのー」

私はよく、"ズレてる"と言われる事が多い。
金糸雀と読む本は似通っているとはいえ、たまに人が読まないような本をよく読む。
そこに意味があるのかと言えば、そうではない。

ただ、読みたいという衝動に駆られたから。
それだけのこと。


雛「ねぇカナ、ラスコーリニコフは誰を殺したと思うの?」


金「金貸しじゃないかしら?」
雛「うゆ?」
金「金貸しを殺したと言う事実はそこに転がってるかしら」
雛「ヒナね、ラスコーリニコフは誰も殺してないと思うの」
金「へ?」
雛「ラスコリーニコフは自分を殺したと思うの」
金「自殺ってことかしら?」
雛「それは違うの。確かに、金貸しは殺されてるの。でも、ラスコリーニコフは自分を貫けなかったの」
金「かしら?」
雛「ラスコリーニコフは自分自身を正当化できなかった、だから死んだの」
金「何言ってるかわかんないかしら!」
雛「うゆ・・・ごめんなの」
金「もっと簡単な本読むかしらー!」

やっぱり、ズレてるのだろうか。


--そんなある日

メガネをかけたさえない3年生かな?が本を借りに来た。
時事問題の本を借りに。

雛「こんにちはー!なのー!」
J「これ、借りれるかな?」
雛「大丈夫なの。図書カード出してなの」
J「ほい」
雛「おっけーなのー。返却は2週間後なのー!」

傍で見ると、何となく知的な3年生だった。
雛「あのー、ちょっといいですか。なのー」
J「ん?」
雛「罪と罰、知ってるの?」
J「ああ。夏に読んだから知ってるよ」
雛「じゃあね、ラスコリーニコフは誰を殺したと思うの?」
J「金貸し・・って言うのはあまりにも陳腐かな」
雛「うゆ?」
J「ラスコリーニコフは誰も殺してない。殺したのは・・・神様かな」
--自分の信じるものへの裏切り。
だから、殺したのは自分の中の神様。

聞いてよかった。
彼は、私の答えをもう一つレベルを上げてくれた。


J「満足?」
雛「うん♪ありがとうなのー!」
J「どういたしまして」

--2週間後
雛「あ、こんにちはなのー!」
金「かしらー」
J「返しに来たぞ。それからさ、コレ探して欲しいんだけど」
雛「うゆ?」
金「図書委員一の頭脳派、策士金糸雀にお任せかしら~」
J「じゃあ頼む」
金「かしら~」
金「ひええええええええ!」
J「!?」
雛「カナー!どうしたのー!」

蔵書庫を見ると、少し時期の早い雪崩がおきていた。

J「ぶっ・・・何が策士だよw」
雛「さすがカナなのー」

金「そんなこと言ってないで助けてかしらー!!」

私もそうだけど、やっぱり私の周りの人って"ズレてる"のかな。
ま、それでも毎日が楽しく過せてるから満足してる。
こんな日々が続けばいいな・・・
In the Library-Kleine Beere-
おしまい

|