※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジ「今日は!」
銀「普通の女の子スレのぉ…」
金「一周年記念日かしら~♪」
翠「この一年で本当に色々なSSが生まれたですぅ。」
蒼「最初からいてくれた職人さんにも途中で新しく参加してくれた職人さんにも感謝しなきゃね。」
紅「そして感想をくれたり保守をしてくれる人達がいてくれたおかげでめでたく今日という日を迎えれたのだわ。」
雛「みんなありがとなのー♪」
雪「感謝感激ですわね。」
薔「でわでわ……このめでたい日を記念して…私も一肌…」
ジ「脱ぐな脱ぐな!!」

紅「とにかく…あなた達、これからもこのスレを盛り上げてゆくと…この薔薇の指輪に誓いなさい。」

このスレをこれからも盛り上げてゆくと…
ちかいますか?
ちかいませんか?







「♪ワンダバダバダンダバダバ…」

蒼「あ、懐かしいの見てるね。」
ジ「帰ってきたウルトラマン好きなんだよ。」
蒼「あれ、確か…帰ってきたウルトラマンの名前って別にあるよね?」
ジ「あぁ、ウルトラマンジャック…。」
『バンっ!』
銀「ジャンクですってぇ!?」
ジ「いや…ジャックだけど…」
銀「そぅ、ならいいわぁ…」

蒼(いつの間に入って来てたんだろう…?)





銀「真紅!」
紅「…うそ!?」
銀「驚いた?ウフフ…驚くに決まっているわね、あんなことがあったのだから…」
紅「どうして…」
銀「私…やっぱりジュンの本命だったの!見て、ジュンの部屋の合い鍵もここに…
今なら胸を張って言えるわ…私は水銀燈!ジュンの本命。よろしくね、真紅♪」
紅「そんな…そんなこと…あなたが本命だなんて…」
銀「どうして?」
紅「だって…あなたはジュンの浮気相手じゃない…
本命は究極の人生の伴侶を目指して定義された存在…私とあなたは違う…」
銀「そう…やっぱりそうなのね…私のことずっとそう思っていたんでしょう?自分より劣る可哀想な女だと…」
紅「それは…」
銀「親友と言ってくれたことも…私の恋を応援してくれたことも…私を哀れんでいただけ…
私のことを上から見下ろして満足していただけなんでしょう!?」
紅「違う…」
銀「自分が上だと…自分はジュンに愛されていると…そう思って私を笑っていたんでしょう!?」
紅「違うわ…私は…」
銀「うるさい!嫌な女…少しばかりジュンとうまくいっただけなのに…
たまたま最初にジュンに抱いてもらっただけなのに…
私の存在なんてあなたにとっては自分の価値を高めるものでしかなかった!」


紅「違うわ!私はせめてベジータと幸せに暮らせるようにと…」
銀「それが私を馬鹿にしてると言っているのよ!
私をジュンの本命と認めてくれなかった!」
紅「だってあなたは…」
銀「あなたみないな女、ジュンと幸せになれるわけがない!
…誰よりもジュンを愛しているのは私…ジュンに妻と呼んでもらうの…愛してもらうの…」
(水銀燈、真紅を突き飛ばしてジュンから貰った指輪を奪う)
紅「?…あっ!」
銀「あなただけがジュンに可愛がられた…?」
紅「返して!」
銀「見つめられ…必要とされ…愛されてる?」
(水銀燈、指輪を力いっぱい握り締める)
紅「!?」
銀「そんな幻想…打ち砕いてあげる…誰よりもジュンを愛しているのは…この私よ!」
(指輪が木っ端微塵に砕け散る)
紅「ああ…ああああああぁぁ!ジュンから貰ったものなのに…ジュンの思いが詰まっていたのに…ああぁぁ…」
銀「ウフフ、アハハハハハハハハ!」
紅「どうして…二番目のくせに…」
銀「……なんですって?」
紅「お情けでジュンに抱いてもらった…二番目のくせに…」
銀「!!」
紅「キープ!!」
銀「うおおおおおおおおおおぉッ!真紅ううううううぅぅ!!」


の「カーット!…いいわよぅ、水銀燈ちゃんも真紅ちゃんも迫真の演技じゃない♪」
銀「……ねぇ、これ本当に幼稚園でやる演劇なのぉ?」
紅「どこからどう見ても昼ドラにしか見えないのだわ…」
ジ「…ってか何で勝手に人をダメ男にしてんだよ…?」
の「うふふ…たまには子供たちにもリアルなお芝居を見せてあげないとねぇ…♪」ニヤリ

ジ(あぁ…優しかった姉ちゃんはどこに……)

終わり





遅ればせながらセカチューを見たそれぞれの反応

翠「が…がわいぞうでずぅ…ひぐっ…ううぅ…」
蒼「うん……彼には亡くなった彼女の分も幸せになってほしいね…ぐすっ…」
雛・金「びえええええぇぇん!なんで…なんで死んじゃう(なの~)(かしら~)!?」
紅「静かになさい!せっかくの感動が台無しなのだわ!!」
雪「うぅ…いいお話でしたわ……ちーん!」←鼻をかむ音
薔「ZZZ……あれ?……終わっちゃったの?」


銀「うわあああああああああああぁぁん!めぐ…めぐうううぅぅ!!死んじゃ嫌ああああああぁぁぁッ!!」←感情移入しすぎて号泣中…
ジ「いや…めぐじゃないし……」
銀「めぐううううぅぅ!!私を置いて逝かないでええええええぇぇぇぇ!!」
め「……」





水「乳酸菌摂ってるぅ?」
金「乳酸菌摂ってるかしらー?」
翠「乳酸菌摂ってるですかぁ?」
蒼「乳酸菌摂ってるかい?」
真「乳酸菌摂ってる?」
雛「乳酸菌摂ってるのー?」
薔「乳酸菌摂ってなかったらお仕置き…」
雪「乳酸菌摂ってますか?」

薔薇乙女『誰が一番可愛かった!?(各々の語尾)』

ジ「…え…僕が決めるのか!?(薔薇水晶はともかく…)」
水「(ウフフ、やっぱり私よねぇ…元祖なんだから…)」
金「(絶対カナに決まってるかしら!)」
翠「(翠星石が一番可愛いはずですぅ!)」
蒼「(ジュン君…信じてるよ…)」
真「(ジュンは私の下僕なんだから…私を絶対に選んでくれるのだわ!)」
雛「(可愛さならヒナが一番なのー!)」
薔「(ジュン…私を選ばなかったらお仕置き…)」
雪「(そういえば最近乳酸菌が足りないような…あとでヤクルトでも飲みますか)」
ジ「うーむ……じゃあ……」

結果はあなたが可愛いと思った人です





雛「ふんふ~ん♪」
金「かしらー♪」

銀「あの娘たちは本当に小さくて可愛いわねぇ…」
薔「…ローゼンの…ロリ担当だからね……」

サラ「はいはい、おばさん達はどいて頂戴!!」
雛・金「「おばっ!?」」

銀「あの娘たち…きっと産まれて初めて言われたんでしょうねぇ。」
薔「まぁ…ヒナカナは女子高生でも……サラちゃんは…正真正銘本当の幼児だからね……」
銀「ヒナカナがおばさんならみっちゃんはどうなるのよぉ?」
薔「…ん~っと……化石……?」

み「………」



保守





翠「お雛様ですぅ~お雛様ですぅ~この縄でチビチビを拘束するですぅ~(゜д゜)」
雛「ヒイィィィッッ!!急にどうしたのー!?(((( ;゚д゚)))」
巴「ちょっと翠星石!?雛苺が脅えてるでしょ。落ち着いて…ね?」
翠「お雛様ですぅ~お雛様ですぅ~亀甲縛りですぅ~ついでに言うとただの暇つぶしですぅ~(゜д゜)」
雛「ヒイィィィッッ!!こっち見んななのーっ!!(((( ;゚д゚)))」

ドンッ!

巴「翠星石っ!!」
翠「ヒィッ!?何キレてるですか!?冗談ですよ?そんなにムキにならなくても…」
雛「トォモエ~!助けて~~!!」
巴「翠星石、あなたね~………ナイスよ!(≧∇≦)b 」

翠・雛「「…はい?」」

巴「雛苺のこんな痴態が見れるなんて今日はなんてついてるの!!流石は雛祭りってところね♪」
雛「トォモエ~…雛祭りは特に関係ないの~…(TдT)」
巴「もうw何言ってるの。今日は雛苺を祭りあげる日じゃないw今日は雛苺が主役なのよ?」
雛「……そうなの?雛祭りはヒナのための行事だったの~?知らなかったの~」
翠「イヒヒwそうですよ~この苦痛を耐え抜けば他のみんなも、ちったぁ~チビチビのことを見直すはずですよ?w」
雛「…主役なのと縛るのに何の関係があるかわからないけど~…ヒナ頑張るの~!!(`・ω・´)」
巴「そうよ!その意気よ雛苺w…でもこれだけじゃ物足りないわね……さて、こんな所に私の愛用の竹刀があります」
翠「…その竹刀をどうするですか?まさかその竹刀で殴るとか…? (((( ;゚Д゚)))」
雛「ヒイィィィッッ!!暴力反対なのーっ!!(((( ;゚д゚)))」
巴「何バカなこと言ってるの?w私の可愛い雛苺にそんな酷いことするわけないでしょ?」
翠「…じゃあそれを何に使うんですか…?」
巴「コレはね……フフフ♪」


雛「ひぎいいぃぃぃぃぃっっ!!」


巴「ああっ!雛苺、今のあなたとても素敵よ!?」
翠「ちょ!何やってるですか!?チビチビが可哀想ですっ!今すぐ止めるですぅ!!」
巴「アハハハハ♪」

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      。O

巴「そして涙で顔がグチャグチャになってる雛苺に…フフフ♪…ってアレ?雛苺は?」
J「あ~、さっきまで一緒にいたんだけどな、どっか行っちゃったよ。たぶん逃げたんじゃない?」
巴「逃げた…買い物の途中なのに…何で?」
J「柏葉のひとり言が聞こえたからだと思うよ。とりあえずどっか走ってったよ…まあ何て言うか…妄想すんのは勝手だけど口にだしちゃ駄目だろ。心の中だけに秘めとかなきゃ」
巴「え?w私もしかして変な事口にだしてた?w」
J「うん、おもいっきりね。」
巴「もう…やだ……///」
J「うん、さっきのひとり言の内容が内容なだけに顔を真っ赤に染めてもこっちとしては萌えられないよね」
巴「もうっ…!///……そう、そして私は雛苺にこう言ってあげるの─」
J「いきなり妄想を再開し始めるなって!しかも声にでてるし…ちゃんと心の中に閉まっときなさい」


おわり



巴「あ、桜田くん、ちなみにこれは妄想じゃなくて回想よ?」
J「 な ん て こ っ た 」


今度こそおわり





~ローゼンメイデンが普通の女の子だったら~

宅「宅急便でーす」
ドサッ
翠「こら真紅!まぁた訳のわからないものを買ったですね!もうやめるですぅ!」
真「私の唯一の楽しみを他人にとやかく言われたくないわね」
翠「他人じゃねぇですぅ!兄弟ですよ!あ…またものが増えてるですぅ…こんなインチキ人形どうするつもりですか…」
紅「このスリルがたまらないのよ。もしかしたらつまらないミスでこんなものを買ってしまうかもしれないというスリル…」
ガチャ
蒼「真紅、こんなものが届いたよ」
パカッ
紅「これは…人形?でもこんな精巧なものは頼んだ覚えは無いわ…」
翠「随分ブサイクな人形ですねぇ。さっさとクーリングアイするですよ真紅」
紅「クーリングオフよ…。まぁ、そうするわ。こんなもの気味が悪いもの」
J「(おいおい…ゼンマイくらい巻いてくれよ~)」

おしまい

|