※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

佐原「はい、めぐちゃん、ご飯よ?」
め「そんなゲロみたいなもの…いらないわ。」
佐「そんなこと言わないの。今日のご飯はめぐちゃんのために料理長さんが特別に作ってくれたのよ?」
め「特別に…?」
佐「ほら、美味しそうでしょ?栄養もたっぷりで力もつくのよ?」
め「…別にただのスープじゃない。どこが特別なのよ?」
佐「ドーピングコンソメスープだ!!」
め「ちょwww」


NG:hokakyara

佐「はい、めぐちゃん、ご飯よ?」
め「またこないだみたいな怪しいスープじゃないでしょうね?」
佐「えぇ、こないだのことであの料理長はクビになったわ。」
め「そう……当然ね。」
佐「で、新しい料理長さんがめぐちゃんにスープを作ってくれたのよ?」
め「またスープかよ!?」
佐「ほら、今日は中華風のキノコのスープよ?」
め「へぇ……ねぇ、なんか怖いから佐原さんが一口飲んでくれない?」
佐「ええ、いいわよ。でも私が飲んだらちゃんとめぐちゃんも飲むのよ?」
め「ええ、わかったわ。」
佐「じゃあお先に……ズズ…うん、普通に美味しいスープよ?」
め「そう?じゃあ…」
佐「……待って…」
め「へ?」
佐「…も…もう一口…飲ませてくれない?」
め「え…えぇ…いいけど…」
佐「ありがとう……ズズ…うん、やっぱりおいし…おいし…おい……アババ…ババ…」
め「へ?」
佐「アヒョオォオオオ!!こンのスープさいっこぉおおおおおぅ!!アヒャヒャヒャヒャ♪」
め「ち…ちょっ!!一体何が?
ま…まさか毒キノコ!?」
?「違うな、キノコ自体は無毒だ。」
め「!?だ…誰!?」
そこにはコック服を着た凶悪面の男が立っていた


?「ある種類のキノコは無毒でも組み合わせ次第で強烈な幻覚性と中毒性を生む……いわゆるマジック・マッシュルームってヤツだ。カカカカカーッ!」
め「あ…アナタは一体…?」
秋「俺は中華の覇王秋山階一郎の孫、秋山醤!!この病院の新しい料理長だ!!」
め「えええぇっ!?」
秋「安心しろ…この俺の料理を食えば病気などイチコロだ。
そしてお前にも天国を味わわせてやろう。クカカカカカーッ!!」
佐「グギャギャギャギャギャギャ♪ウェwwwウェエエェ~♪」

め「…私以上にイカれてるわ…」





め「今日はスレ立て一周年の記念日らしいわね。」
銀「そうねぇ。」
め「じゃあ何かお祝い事のひとつでもしなくちゃね♪」
銀「お祝い事…?何をするのぉ?」
め「ふふっ…題して…『祝・スレ立て一周年!!第1回チキチキ二人羽織りでアツアツおでん大会』~♪」
銀「はあぁ!?」
め「実はもうすでに用意は済ませてたりして。」
『グツグツグツ…』
銀「ちょwww私はそんなこと…」
め「…駄目なの?(ウルウル)」
銀「…っ!!わ……わかったわよぉ…やればいいんでしょやれば…」
め「わぁい♪ありがとう水銀燈♪
(ふっ、チョロいもんね…)」
め「では早速これを羽織ってと…じゃあ私が水銀燈の口までおでんを運ぶからちゃんと食べてね?」
銀「う…うぅ…わかったから早く終わらせましょう…」
め「はいはい。じゃあ…え~っと…あ、掴んだわ!水銀燈、あーんして?」
銀「あ…あーん……」
め「(この辺りかな?)
…えいっ!」
銀「ふぎゃあああああああああああああぁぁ!!アツアツの牛スジが目にいいいいいいぃッ!!」
め「ご…ごめんなさい、水銀燈。
じゃあ次は…あ、これかな。えいっ♪」
銀「熱つつつつつうううぅ!!ガンモが頬にいいいいいぃぃッ!!」


め「あ…あれ?意外に難しいのね……今度こそ…えいっ!」
銀「ひぎゃああああああぁ!!タコが鼻の中にいいいいいいいぃぃッ!!」
め「……あれぇ~?」


結局…
め「うん、やっぱりおでんはそのまま食べるのが一番ね♪」
銀「……」
め「あら、水銀燈は食べないの?」
銀「しばらくおでんなんて見たくもないわぁ……」





たくさんの友人におくられながら空港のゲートをくぐる。
少し薬が効いて瞼が落ちそうになってくる、それを手でこすりながら皆に手を振る。
機内に入るとたまたま窓側。空は馬鹿なんじゃないかと思うほど快晴。
そんな空を眺めていると不安で息が詰まりそうになる。
でもそんなもの、あの日々のことをこれからのこと思えばなんとも無い。
夢も希望も無い私に、夢や希望を与えてくれた日々のこと。
そしてこれからしたいことやかなえたい夢。

苦しさで逃げ出したいと思った日、自分の弱さに自己嫌悪した日、友達の優しさに触れて泣きそうになった日。
人の優しさに支えられ、冬が5回、そして春が来ます。

言葉にできなくて、ただ立ってるだけ。
ゲートをくぐった先には大親友の姿。
話したいことはいっぱいあった。でも、言葉なんかでてきやしなくて。
それなのに言葉の代わりとばかりに出したくも無い涙が次々と溢れて。
そして漸く出た言葉。
「ただいま、水銀燈。」
「おかえり、めぐ。」
これから私は新しい人生を歩む。
昔のように投げやりにならず一生懸命一歩ずつでもいいから前に。

|