※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

涙の味


それは、学校から帰る時の出来事だった。



僕はある異変に気づいた。

ジ「なあ」
薔「……」
ジ「薔薇水晶」
薔「……」

そう、僕と一緒に下校している彼女・薔薇水晶は怒っていた。…もちろん理由は解らない。

とりあえず場を明るくする為に、バカ話をしてみた。
ジ「えっと…今日の授業さ、面白かったよな。金糸雀が授業中に寝ちゃってて、梅岡がそれに反応してチョーク投げたら見事におでこにヒット!それで起きた金糸雀の顔は笑えたな、凄いビックリしてて…」
薔「ごめん……黒板の内容写してたから見てない……」

いや、嘘だ。
薔薇水晶もそれを見て笑ってたはずだ。


でも僕は
ジ「え……そ、そうか」
と言ってしまった。

やっぱり薔薇水晶が怒っているから、嘘だと言えなかったのだろう。
こんなグダグダな会話をしながら帰るのは流石にキツいので、怒っている理由を聞いた。

ジ「……あのさ、さっきからなんで怒ってるんだよ」
薔「……怒ってなんかないよ……」
絶対に怒ってる…と思う。
いつもより…なんとなく、なんとなく雰囲気が恐い。

だけど僕は、めげずに追求した。
ジ「本当か?」
薔「うん……」
ジ「絶対か?」
薔「………」
そこで薔薇水晶は足を止め俯いて、黙ってしまった。

ジ「…薔薇水晶?」
僕がそう呼んだ瞬間、薔薇水晶の顔から何かがポロッと落ちた。


…涙…?

泣いている、薔薇水晶は泣いている。
そんな薔薇水晶を見て、僕は驚いてしまった。
薔「うっ…グスッ……っく…」
次々と溢れ落ちる涙。

正直、僕はどうしていいかわからなかった。
とりあえず、どこか人目のない所に行かなきゃと思い、薔薇水晶に声をかけた。
ジ「ば、薔薇水晶、そこの公園に入ろう。こんな所で泣いてたら、恥ずかしいだろ?」
薔「……ひっく…ぐしゅ…」
そして僕らは公園のベンチに座った。





ジ「落ち着いたか…?」
薔「……うん」


ジ「やっぱり怒ってたんだろ?怒ってなかったらいきなり泣くはずがないからな(よくわからないけど…)」
薔「……うん」

落ち着いたみたいなので、もう一回、怒ってた理由を聞いた。
ジ「じゃあもう一回聞くぞ、なんで怒ってたんだ?」
薔「だって……今日…銀ちゃんとベタベタしてたから…」
ズザーッと転けたかったが、話を続けた。
ジ「そんなにベタベタしてないと思うけどな…」
というか水銀燈の場合、あっちから僕に迫ってくるから怒られるのは僕じゃないのでは?と言いたかったが、今この状況では言えないので心の中で言う事にした。……意味はないけど。

薔「だって今日の朝……キスしてたじゃない…」
痛い所を突かれた。
それは誤解だ…と言っただけじゃ意味がないので詳しく説明した。


ジ「あ、あの時は水銀燈からいきなりキスしてきたんだよ、『乳酸菌あげるぅ~』とか言いながら…」
薔「でもキスしたのは事実でしょ……?」
更に痛い……。
僕はもう反論出来なくなってしまった。
ジ「う……そりゃ…そう……だけど…」
薔「その後も鼻の下伸ばしてたし…」
ジ「……」
…やっぱりそう見えるのだろうか。伸ばしてるつもりはなくても、他からはそう見えてしまうらしい。

そして、薔薇水晶は突然僕の腕を抱いた。
薔「…どっちにしろ…私…寂しかったんだよ…?」
ジ「薔薇水晶…」
薔「銀ちゃんとジュンを見てたら…ジュンに振り向いてほしくて…ずっとがんばってきたけど…やっぱり…意味ないのかな…って思っちゃって……そしたら涙が出て…止まらなくて………」


薔薇水晶は涙を流しながら、そう言った。

ジ「…そうだな、僕って酷い奴だよな…。薔薇水晶の気持ちも知らずに…」
僕は薔薇水晶を、なるべく優しく抱きしめた。
ジ「ごめんな…薔薇水晶…」
薔「う…うわああああああああん!!」
ジ「本当に…ごめん…」

『ごめん』の一言で終わらせたくない、終わらせたくないけれど、何回も『ごめん』と言うしかなかった。

薔薇水晶は、温かくて、そして冷たかった。



薔「ご…ごめんじゃ……ひっく……許さないもん……ぐず…」


ジ「…ごめん」
薔「うく…じゃあ………これを……」


その時、僕と薔薇水晶にしか聴こえない特別な音、唇と唇が触れ合う音が聴こえた。


僕の唇に触れているその唇は、甘くて、涙の味がした。


薔「…ジュンの方から……してくれたら………許す…………」
ジ「…ありがとう…」

そして僕達は二度目の、『特別な音』を奏でた。


fin

|