※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中学生時代の金糸雀

梅「よし金糸雀ーこの単語を言ってみろー」
ガタッ
金「ふぇ!?は、はいかしら!」

金「セ○クスかしら!」

全員「・・・・・・」

シーン・・・
ジ「お、おい金糸雀…それ靴下だから…」
金「へ?何か言ったかしら?」
ジ「……イヤ、なんでもない……」

梅「えーゴホン!じ、じゃあ次を桜田…」


金「こんな過去があったかしらー」
み「そ、そうなの……(カナ…それは天然どころじゃないわよ…)」
金「ところであの時はなんでシーンとなってたのかしら?カナはちゃんとソックスって言ったのに……」
み「何っ!?今にもなって気づいてないですと!?」
金「みっちゃん何か言ったかしら?」
み「……イヤ、なんでもない……(この天然ぶりは異常だわ…でも可愛い♪)」

保守





金「みっちゃんに貰ったグロスを塗り塗りっと…うん、完璧かしら♪
今日のカナはちょっと大人びてるのかしら、これでジュンのハートをゲットするかしら!!
そして、あわよくばこの唇に……きゃーっ///カナ困っちゃうかしら~♪」


金「ね…ねぇ、ジュン?」
ジ「ん?どうした、金糸雀。」
金「うふふ、今日のカナはどうかしら?」
ジ「どうって…いつも通り見事なデコで…」
金「そうそう…ってそうじゃないかしら!いつもとどこか変わってないかって聞いてるのかしら!!」
ジ「んん?そんなこと言われてもなぁ…」
金「もう、ヒントは唇かしら…」
ジ「唇?……あぁ!!わかった!!」
金「ほ、本当かしら!?」
ジ「駄目だぞ?肉料理食べたら唇拭かなきゃ…脂でテカってるじゃないか。」
金「……」
ジ「ん?どうした、カナ…」
金「太陽拳かしら!!」
ジ「目が…目がああああぁっ!!」





金「うぅ…昨日夜更かししたせいで目がシパシパするかしらー…」
雛「あー、それならヒナいいもの持ってるの~。はい、かなりあ♪」
金「これ…目薬かしら?ありがとうかしら。じゃあ早速…」
『ポタッ…』
金「……ぴぎゃああああああああああああああぁ!!」
雛「やっぱりレモン汁はよく効くのねー♪」


金「うぅ…酷い目に遭ったかしら……」
薔「大変だったね……はい…これ…」
金「ふぇ?あ、ありがとうかしら。」
『ポタッ』
金「……ひぃぎゃあああああああああああああああああぁ!!」
薔「うわぁ……ラー油を目に入れる人…初めて見た……」

それから一週間、金糸雀は学校に来なかったという…





金「みっちゃん、今日は普通の女の子スレ一周年の記念日なのかしら♪」
み「うん、勿論わかってるわよ。カナ♪」
金「さてさて、ひとつの節目を迎えたにあたってみっちゃんからは何か言うことはあるかしら?」
み「う~ん、そうねぇ……やっぱり私はこれからもず~っとカナにまさちゅーせっちゅし続けてたいなぁ~♪」
『ガバッ』
金「きぃやぁぁあああああ!!ま…まさちゅーせっちゅ~!!」



み「あと……できればたまにはもうちょっとマシな役回りがほしいってことぐらいかな……」
金「……みっちゃん…」





NG:biero?

梅「やぁ、金糸雀ちゃん。」
金「先生…ちゃん付けで呼ばれるのはなんか子供扱いみたいで嫌かしら…」
梅「そうかい?可愛いじゃないか♪」
金「うぅ…でもなんとなく生理的に嫌なのかしら!もっと普通に呼んでほしいのかしら!!」
梅「う~ん…じゃあ金糸雀さんと金糸雀君、どっちがいいかな?」
金「君にしてほしいかしら!クンに!!」
『ざわ…ざわざわ…』
金「ん?なんか周りが騒がしいかしら…」

ジ「金糸雀…お前あんなこと大声で…しかも学校で言うなよな…」
銀「しかも…よりにもよって梅岡に…何考えてんのぉ?」
金「へ?…え?みんな何言って…」
薔「…大声でク○ニしてほしいなんて……このエロス……きゃっ///」
金「!!!!(///)
ち…違うかしら!!これにはワケが……梅岡先生!!みんなに説明を……あら?」
ジ「梅岡ならとっくにどっか行ったぞ?」
金「かしらー!!お…おのれ梅岡…よくもカナを策にハメてくれたわね……びえええええええええええぇぇん、みっちゃああああああぁぁん!!」ダッ


その夜、梅岡宅で鬼神と化したみっちゃんと梅岡との壮絶な死闘が繰り広げられたのは別のお話…





もし金糸雀がウルトラセブンだったら…

金「くらうかしら!必殺・エメリウム光線!」
『チュドーン!』
ジ「やったぁ!!怪獣を倒したぞ!」
雛「ばんざーいなのー♪」
金「えっへん!地球の平和は私にお任せかしらー♪」

ジ「流石デコビームは強力だなぁ。」
金「へ?い…いや、今の技はエメリウム…」
雛「デコビームさまさまなの~♪」
金「ちょっ…だから今のは…」
ジ「そっれデ・コビーム♪デ・コビーム♪」
一同『デ・コビーム♪デ・コビーム♪』
金「う…うわあああああああああん!!みっちゃああああぁぁん!!」シュバッ

雛「あ、デコが飛んでったの~!」
ジ「ありがとうデコ~!また頼むぞ~!!」

金「二度と来ないかしらーー!!」





金「たっまご~、たっまご~、たっまごっやき~♪」
薔「…金糸雀は…本当に玉子が好きだね…」
金「うん♪カナと言ったら玉子!玉子言えばカナかしら~。これはもはや切っても切り離せない関係なのかしら~♪」

薔「…そう……金糸雀と…玉子……略してキンタ…」
金「ストーーップ!!略さないでいいかしら~!!」




薔「……ちぇっ。」





金「うぅ…明日は初めての海外旅行かしら…緊張するかしら…」
蒼「金糸雀はまだ飛行機にも乗ったことがないんだっけ?」
銀「へぇ…金糸雀、知ってるぅ?」ニヤリ
金「へ?何をかしらー?」
銀「飛行機は土足厳禁だからちゃぁんと靴を脱がなきゃ駄目よぉ?」
金「えぇ!?そうだったのかしらー!?」
蒼「ちょwww」
薔「更に…赤道には……海の上に赤いラインが引いてある……見逃さないようにね……」
金「し…知らなかったかしら…ありがとうかしら!2人とも、危うく世間知らずと思われちゃうとこだったかしら~♪」
銀「旅行…楽しんで来るのよぉ?」ニヤニヤ
薔「…是非…感想を聞かせてね……」ニヤニヤ
金「うん、ばいばいかしら~!!」



蒼「あぁ…行っちゃった。あれは本気にしてる目だったよ?」
銀「さ~ぁ、水銀燈知らなぁい♪」
薔「……みぃとぅ…」
蒼「君たちは……」





金糸雀とみっちゃんがカラオケに来ています
BGM: Mr.Children、youthful days

金「♪胸~の~か~ね~の~音~を~鳴~らして~よぉ~♪」
み「きゃーっ!カナ上手~!!」
金「♪壊れ~る~ほ~ど~の抱擁と~、キ~スでぇ~♪」
み「!!」
金「♪露~わ~に~こ~こ~ろ~を~さ~らして~よぉ~♪
♪ずっとふた~り~で~い~ら~れ~たぁら~いぃ~♪
♪いつもふた~り~で~い~ら~れ~たぁら~い~ぃ~♪」
金「ふぅ…やっぱミスチルはいい歌なのかしら♪…あら?みっちゃん、なんだが鼻息が荒くて目が血走って……」
み「カナーー♪」
『ぎゅむっ!』
金「ぐえぇ!み…みっちゃん…どうしたのかしら…?」
み「何って…カナの胸の鐘の音を鳴らすのよ……壊れるほどの抱擁とキスでね……ハァハァ…」
金「いいいぃ~!?あ…あれは歌の歌詞で…」
み「あぁん♪しかもずっと、いつも2人でいられたらいいなんて…なんて…なんてきゃわいいのおおおおぉぉう!!!」
金「きぃやああああぁ!!ま…まさちゅ…んぎゃああああああああああぁぁ!!」

あまりにも過激過ぎるため映像は省略しました
続きは音声のみでお楽しみください…m(_ _)m

『ぶちゅううぅ~!!レロレロレロくちゅくちゅ…むぎゅううううぅ!スリスリスリスリスリ…かぁしぃらあああああああ!!』





み「はい、カナまっしぐら。お砂糖たっぷりの卵焼きよ♪」
金「うわ~い♪ありがとうかしらみっちゃ~ん。
もふもふ……んん~、たまんないかしら~♪」
み「ふふっ、カナは本当に卵焼きが好きね。」
金「もちろんかしら!カナといえば卵焼き、卵焼きといえばカナかしら♪」

み「ふぅん…じゃあさ、私と卵焼き…どっちが好き?」
金「うっ!……え…え~~っと……
……………
………
……

み…みっちゃん……かな?」

み「……そこまで悩むことなんだ……」





薔「突然ですがクイズです…」
金「この策士にかかればどんな難問もイチコロかしら~!」
薔「では問題です……黒くて硬くて…こすればこするほど濃い液が出るものってな~んだ…?」
金「いぃっ!?」
薔「…どうしたの……?どんな難問も…イチコロの筈だよね?」ニヤニヤ
金「うぅ…そ、そんな問題卑怯かしらぁ…想定の範囲外かしら…(///)」
薔「ほっほぉ……ではでは…「私・金糸雀は薔薇水晶さんの知能に完敗しました。生意気言ってすいませんでした。」って言ってもらおうかな……」
金「ええぇ!?そ…そんなぁ…」
薔「嫌なら……ちゃんと大きな声で正解をぷりーず……」
金「う…うぅ…わかったかしら…背に腹は代えられないかしら…
わ……私・金糸雀は薔薇水晶さんの知能に完敗しましたかしら!生意気言ってすいませんでした!!
…こ…これでいいかしら!?」
薔「おっけーおっけー♪」
金「くぅ…屈辱かしらぁ…」
薔「あ、因みに正解は…習字で使う硯だよ……」
金「へ?」
薔「なんでこんなのが恥ずかしいのか……私には理解できませんなぁ……」ニヤニヤ

金「は…はめられたかしらーー!!」





かなりあ は しんく の さいしゅうおうぎ を みて あたらしい わざを おぼえようと していた
かなりあ「らくして ずるして さいしゅうおうぎ を おぼえる かしら」
そして ついに かなりあ は さいしゅうおうぎ を おぼえた
かなりあ「これぞ あらぶるたかのぽーず を さらに きょうか する かしら」
かなりあ「あらぶるつるのかまえっ」
  ○ヘ
 /|
  >>

|