※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小悪魔な雪華綺晶

雪「ジュン様…私の事、どう思ってますか?」
ジ「え?どうって…もちろん好きだよ」
雪「どんな所が好きですか?」
ジ「可愛いし上品だし…」
雪「ならば襲いたいとか思いませんの?」
ジ「…襲う訳ないだろ!純粋に好きなんだから…」
雪「私……ジュン様になら何をされても構わないのに……」
ジ「き、雪華綺晶?」
パサッ・・・
雪「ほら…水銀燈ほどではないけど、結構ナイスなボディーですのよ?」
ジ「ちょ………や、止めろって……」
雪「そうは言っても、体は否定してませんね…♪」
ジ「これはちが……ん…う…」
雪「……キスだって出来るんですから、そろそろ…」
ジ「…雪華綺晶…」
雪「…ジュン様…」


雪「…なーんて、冗談ですわ♪」
ジ「…………へ?」
雪「フフ…耳まで真っ赤にしちゃって…」
ジ「え……あ…つ、次やったら怒るからな!」
雪「クスクス♪カワイイジュン様…」

保守




小悪魔な雪華綺晶2

ジ「さて、そろそろ寝るかな」
雪「ジュン様…」
ジ「って雪華綺晶ぉぉぉぉ!?なぜ布団の中に?いや、それよりも顔紅いぞ」
雪「はい…今日はなんだか変な気分なんです…」
ジ「変な気分って?」
雪「なんていうか……そう、えっちな気分です……」
ジ「ぐっ……!!(雪華綺晶+えっちな気分=破滅の力じゃないか!?)」
雪「それに…その……下半身が疼くし…」
ジ「う…!!!(や、やばい!理性が吹っ飛びそうだ!)」
雪「だから今夜は……私をめちゃくちゃにして下さい……」
ジ「も…もうダメだ!雪華綺晶っ!!」


雪「なんて本気で言うとでも思いましたか?」
ジ「っとと………え?」
雪「ただ私はジュン様と寝たかっただけで布団の中に潜ってたんです。顔が紅かったのは布団の中が暑かったから……」
ジ「…………」
雪「それより、ジュン様は本気で私を押し倒そうとしましたね?」
ジ「い、いやあれは不可抗力で」
雪「…ジュン様ってえっちな人なんですね♪」
ジ「うわあああああああ」
雪「ジュン様…やっぱりカワイイ♪」

保守





小悪魔な雪華綺晶3

雪「ジューン様っ♪」
ジ「おわっ!?いきなりなんだよ!(パ、パイオツが腕に…)」
スリスリ
雪「んふふ~♪温かいです~♪」
ジ「や、やめろって!」
雪「…あれ?なんかズボンの真ん中あたりがテント状になってますよ?ジュン様」
ジ「え!!いや、これはだな…」
雪「もしかして、私の胸がジュン様の腕に当たったから生理現象が…?」
ジ「だ…断じてそんな事はない!生理現象など起きるものか」
雪「じゃあ確かめてみてもいいですか?」
ジー
ジ「それはダメだ…ってジッパー下ろすな!」
雪「えー…もし生理現象なら治してあげようかと思いましたのに……」
ジ「治すってお前……(でも…雪華綺晶になら治してほしかったかも…)」
雪「あ、今雪華綺晶になら治してほしかったかもとか思いませんでした?」
ジ「ギクッ!!!な、何を…」
雪「…治してあげますから、じっとしてて下さい……」
ジ「う、うん……」

チュッ

ジ「!?ふ、不意打ち!?」
雪「今回は…お・あ・ず・け…です♪」

保  守





小悪魔な雪華綺晶4

チャポン・・
ジ「ふいぃ~、やっぱ風呂は気持ちいいなぁ~」
ガラララ
雪「こんばんは~♪」
ジ「おわああああああああ!?き、きらき…ってさすがにそれはヤバいだろ!!」
雪「え?それって何ですの?」
ジ「え、いや…その…バスタオル付けてても………なんでもいいけどヤバいの!」
雪「いいじゃないですか、今日はお背中を流しに来ただけなんですから♪」
ジ「(ぼ、僕に逃げ道は無いのか…?)」

雪「気持ちいいですか?」
ジ「…まあ、気持ちいいけど…(胸が当たってる…とは言えない…)」
雪「それは良かったです♪ それにしても、このバスタオルはちょっと暑いし邪魔ですね…」
ジ「いや、バスタオル無いと僕が…って嫌な予感が」
雪「脱いじゃおーっと♪」
ジ「バカ!や、止めろってそれだけは!!うわっ!」ガツッ
ハラリ・・・


雪「バスタオルの下にバスタオルです♪驚きましたか?ってジュン様!?ど、どうしたのですか!?」
ジ「・・・・・・(ひっくり返って湯船の角に頭ぶつけた)」





小悪魔な雪華綺晶5

ジ「ふぁぁ・・・・さて、そろそろ寝るかな」
雪「そうですね、寝ましょうか」
ジ「ふぅ・・・今日も疲れたぁ・・・」
パチッ(消灯音)
雪「そうですね、疲れましたね」


ジ「・・・・・・」
雪「・・・えーと、ジュン様?」
ジ「・・・・・・」
雪「ね、寝てしまいましたか?」
ジ「・・・・・・」
雪「ヒドいですわ・・・『どっから入り込んだ!?』ってツッコんでくれないまま寝てしまうなんて・・・・・」
ジ「・・・・・・」
雪「むー・・こうなったら・・・」
サワサワペロペロ・・・
ジ「ひゃうぁっ!?」
雪「あー、やっぱり起きてたのですね・・・私、寂しかったのですよ・・・?」
サワサワペロペロ・・・
ジ「わ、わかった!わかったから僕の体(肌)に触りながら首筋舐めるの止めてくれ!」
雪「ふふ・・・わかってくれたなら良いのです。 でもさっきいじめられたので、今日はいっぱい甘えちゃいます!」
ジ「うわわ・・だ、抱きつくなよ!」
雪「大好きです~♪ジュン様~♪」

雪「小悪魔だってたまには・・・甘えたい時があるのです♪」





小悪魔な雪華綺晶・一周年記念編

2/26
雪「あけまして」
ジ「おめでとうござって違う違う!今日は『ローゼンメイデンが普通の女の子だったら』スレの一周年記念日だろ!」
雪「あら、そうでしたの?私、ジュン様の事しか考えてなかったから解りませんでしたわ」
ジ「なっ…」
雪「ふふっ、冗談です。最初から解ってましたよ」
ジ「……じゃあ改めまして」
雪・ジ「一周年突破、(ぐうぅ~・・・)おめでとうございます!」

ジ「…なあ、今のぐうぅ~って…」
雪「うう…私のお腹の虫が鳴りました…」
ジ「台無しだな……」
雪「(ぐきゅる・・・)と、とりあえず何か食べましょう!」
ジ「いやいや、記念日なんだからもうちょっとひねりを加えて」
雪「ああ限界ですわ…」パタリ・・
ジ「ちょ、待てって!」
雪「ジュン様がキスしてくれれば…立ち上がれるかも…」
ジ「う……し、仕方がないな」
ちゅ・・
雪「ん…さすがジュン様♪愛してますぅ~♪」
ジ「お、おい…」
雪「(ぐぐぐぐぐうぅぅ~)で、でもダメ…キュ~」
ジ「えええ!?き、雪華綺晶!!」





小悪魔な雪華綺晶6

雪「紹介しますわ、妹の薔薇水晶…通称ばらしーちゃんです」
薔「……はじめまして……」
ジ「あ、ああ…はじめまして(なんか不思議なオーラを放ってる様な…)」
薔「………」
サッ
ジ「…?」
薔「…握手…」
ジ「え?あ、握手ね…」
ギュッ
ジ「!?っ痛てええぇぇぇ!!」
雪「ど、どうしたのですか!?」
ジ「手になんか刺さった…画鋲!?」
薔「………ぶい」
ジ「(こ、こいつか……)」
雪「あら、ばらしーちゃんがやったのですか。ならば大丈夫ですわ。 この娘は行き過ぎた事はしないし…」
ジ「(いや…握手する時に画鋲刺さらせるって充分行き過ぎてるよな?)」
雪「それに小悪魔な性格だから、そこが可愛いのですよ!自慢の妹ですわ♪」
薔「えへへー……♪………ニヤ…」
ジ「(小悪魔じゃない…!悪魔だ…!)」





小悪魔な雪華綺晶7

ジ「………」
雪「……ジュン様…」
ジ「………」
雪「なんでこっちをじーっと見てるのですか…?」
ジ「雪華綺晶があまりにも魅力的だから」
雪「え……えっと…あの…」
ジ「やっぱかわいいな、雪華綺晶は」
雪「………は、恥ずかしいので見ちゃダメです…」
ジ「いつもお前にいじられてるからな。今日は僕が雪華綺晶をいじる番だ。 という事でずっと見てる」
雪「あう……」
ジ「小悪魔も恥ずかしがるとは…初めて知ったよ」
雪「……ジュン様…私をずっと見てるって事は………こんな事を………」
チュッ
ジ「っ……!?」
雪「………したかったのですか?(うふふ……逆転です♪)」
ジ「また…不意打ちくらっちゃったな…」
雪「ジュン様が悪いのですよ、見ちゃダメって……んっ…」
ジ「……そうだよ、『こんな事』をしたかったんだ」
雪「(ふ…不意打ち…)」
ジ「顔、真っ赤だぞ」
雪「…え……あっ!」
ジ「はは…かわいいよ、雪華綺晶」
雪「うー………(ジュン様も小悪魔に…)」





小悪魔な雪華綺晶 ですが…

小悪魔(?)な薔薇水晶

薔「やあ…ジュンくん…」
ジ「ん、雪華綺晶の妹…薔薇水晶か。僕の事は呼び捨てでいいぞ、同い年だし」
薔「わかった…ジュン…」
ジ「で、用事は?」
薔「これ見て……」スッ
ジ「…?何これ?」
薔「アッガイって言うの……カッコいいでしょ…?」
ジ「うーむ、カッコいい………か?」
薔「カッコよくない…?」
ジ「どちらかと言うと…カッコよくない寄り…かな」
薔「…アッガイパーンチ…」
ジ「へぶっ!!いたたたた……なんで僕のおでこ目掛けてそのプラモの腕が飛んでくるんだ!?」
薔「たぶんカッコよくないって言われたから……」
ジ「(確信犯だな…)」
薔「あ……おでこ…赤くなってる…」
ジ「え?別に大丈夫…(そうだ、少しイジメてやろう)…じゃないから治してくれ。…舐めてもらえば治るかな」
薔「え……な、舐めるって…」
ジ「ほら、よく言うだろ?舐めれば徐々に治る…ってさ」
薔「…う……///」
ジ「(くく…顔真っ赤だ…)」


薔「……じゃあ…じっとしてて…」
ジ「うん…え?」
ペロッ・・・
ジ「うひぁ!?」
薔「ん……まだ?」
ジ「(こ…このアングルだと胸が…!!)」
薔「まだ…だね…///」ペロッ
ジ「うぁ…!! ま、待て!もう治った!」
薔「え…もう…?(あ、そうだ…)」
ジ「ああ、な…治ったよ、ありがってぶゎっ!?」
薔「おっといけない…またアッガイの腕が飛んでしまった…今度はジュンのほっぺに…」
ジ「…おい、それお前が操作」
ペロッ・・
ジ「してひう!?」
薔「だから…舐めて治さないと…」
ジ「いやいや!赤くなってないだろ!?ってかほんとに大丈夫だからぐぉっ!!!」
薔「次はアッガイの頭が………ジュンの………きのこに……………///」
ジ「ちょ…痛いけどさすがにそれは…って何脱がしてわあああああああああああ!!」

雪「あらばらしーちゃん、今日はお肌がツヤツヤですね」
薔「…小悪魔って得するね…」
雪「?」

ジ「……悪魔……」





小悪魔な雪華綺晶7

ジ「今日は風が強くて寒かったな……さ、寝るか」

雪「あ…ジュ」
バサッ
ジ「…僕は雪華綺晶の裸なんて見なかった…僕は雪華綺晶の裸なんて見なかった…僕はき」
雪「もう!ジュン様ヒドいです!私を見た途端にお布団を被」
ジ「出てくるなああああ!!」
雪「きゃんっ!?」
バサッ!
ジ「なんか前にもこんな事があった様な気がするけど…今回は状況が違くて…一撃で理性が吹っ飛ぶからさ、姿を現さないで話してくれないか?」
雪「むー…ジュン様…恥ずかしがり屋さんですね…」
ジ「………とりあえず、なんでお前が裸で僕のベッドに寝ているのか…説明を頼む」
雪「……今日は寒かったので…ジュン様を温めてあげようかと思いまして…」
ジ「何故に裸?」
雪「ほら、よく言うじゃないですか、二人とも裸でくっついてれば温かくなる、って」
ジ「それはそうだけど…って僕も裸に!?」
雪「え…裸じゃないと温まりませんよ?」
ジ「そういう問題じゃないだろ!!」


雪「…そ、そうですね……私…間違ってましたね……」
ジ「ん…?き、雪華綺晶?」
雪「ジュン様は…ぐすっ…私となんかじゃ…温まりませんよね…ひっく…」
ジ「う…く……そ、そんな事ない!雪華綺晶とならどこでだって温め合える!(だあああっ!!僕は何を言ってるんだ!?)」
雪「ぐしゅ……ほ…本当ですか…?」
ジ「(もう…どうにでもなれ、だな…)…ああ、本当だよ…」
雪「…なら…速くこっちに来て下さい…」
ジ「……え?」
雪「私が……脱がせてあげますから……♪」
ジ「あ…あの…自分で…」
雪「…ぐす……うく…私じゃ…嫌ですか…?」
ジ「そ、そんな訳ないじゃないか!」
雪「じゃあ…は・や・く……♪」
ジ「(も…もしかして……泣き真似だったのか!?って言うか小悪魔ってレベルじゃないだろ!!)」

続きはあなたの脳内で…





小悪魔な雪華綺晶8

ジ「さて、もう寝ようかな」
雪「ふあぁ…ん…そうですね…寝ましょうか」
ジ「……いつから…いや、言っても無駄か…」
雪「あの…寝ないのですか?」
ジ「雪華綺晶がいたら寝れないと言うかなんと言うか…」
雪「寝れない…?…あ、添い寝してほしいのですね?もージュン様ったら素直じゃないんだから♪クスクス…カワイイ♪」
ジ「はぁ……とりあえず僕は他の部屋で寝るから…そこで寝てろよ」
雪「…え…他の部屋で…ですか?」
ジ「ああ。じゃ、おやすみ」
パタン

一時間後
ジ「(やっぱり…気になるな……見に行ってくるか)」

ガチャ
ジ「(寝てるか…?)」
雪「…グス……ジュ…ン様……」
ジ「(…寝てる…けど……泣いてる…?)」
雪「う……ん……」
ジ「(添い寝…して"あげなきゃ"いけなかったな………そうだ、今からでも…)」
モゾ・・
雪「……ジュ……ン………?」
ジ「寂しい思いさせちゃったな…ごめん」
雪「…………ジュン……様ぁ…」
ジ「(寂しがり屋な小悪魔、か……僕が側にいてやらないとな…)」

保守





小悪魔な雪華綺晶9

雪「あ…めまいが…」クラッ
ジ「き、雪華綺晶!?」
ガシッ
雪「と見せかけて」
チュッ
ジ「っ!?」
雪「……っはぁ…ふふ…ごちそうさまでした♪」
ジ「…騙し討ちってヤツか…?」
雪「…不意打ち…とはまた違……う……」パタッ
ジ「また…二度も騙されると思ったか?」
雪「………」
ジ「………えーと、雪華綺晶さーん?」
雪「………」
ジ「……雪華綺晶っ!!」

雪「だ……大丈夫です…ただのめまい…ですから…」
ジ「"ただの"じゃないだろ!早く病院に…」
雪「……ジュン様は……」
ジ「え?」
雪「……優しいのですね……」
ジ「バ……バカ!今そんな事言わなくていいから!」
雪「…改めて…確認しました…」
ジ「…何を?」
雪「言葉じゃ…言い表せられないくらいに……好き……愛して…ま…す……」パタリ・・


ジ「き………雪華綺晶───っ!!!」

ぐぎゅる…ぎゅるううぅ~…
ジ「…ん……?」
雪「う…うう……お腹が……減り……」
ジ「………」

ジ「…ほら、あーんして」
雪「あーん♪」パク
ジ「ったく……大袈裟なんだよ…」
雪「で、でもですね、力が抜けちゃって…めまいがしたのは本当なんですよ?」
ジ「別に嘘だなんて…言ってない」
ギュッ
雪「ひゃ……?」
ジ「本当に…本当に……心配したんだぞ…」
雪「ジュン様……」
ジ「雪華綺晶……」
雪「(ぐうぅ~)………まだ…食べ終わってない…です」
ジ「……ぶち壊しかい…」
雪「でも……この温もりを…ずっと感じていたいから…だから……」
ジ「だから…?」
雪「抱きしめながら…口移しで…食べさせて下さい……♪」
ジ「………そうだな…わかった」
雪「ついでに…今の私は無防備ですから、何をしてもいいですよ…?」
ジ「…誰がするか」


雪「この気持ちはずっと変わらない………大好きです…ジュン様…♪」





小悪魔な雪華綺晶・ホワイトデー編

3/14
雪「ジュン様、今日は何の日かご存知ですか?」
ジ「今日?ああ、アインシュタインが生まれた日だろ?」
雪「え…ええ、そうですけど…」
ジ「あとは…今人気らしいあのグラビアアイドルの…そう、ほしのあきの誕生日だ」
雪「…それもそうですがっ!…その…イベントと言うか…記念日と言うか…」
ジ「記念日…ねぇ………2ちゃんねるで電車男が初めて書き込みした日…だったかな?あれ…そういえばなんで雪華綺晶がそんな事」
雪「そうかもしれないけど…全っ然違いますっ!!」
ジ「そ、そんなに怒るなよ……今日はホワイトデーだろ?知ってるって」
雪「もう…いじわるするから…」
ジ「…と言う事で、コレ…一応手作りのチョコだ。形は上手く出来た方だけど…味は期待するなよ?」
雪「ありがとうございます!…あの、食べてもいい…ですか?」
ジ「ああ、いいぞ」

雪「わ……ハート型…」
ジ「自分で言うのもなんだけど……がんばったよなぁ…」
雪「じゃあ…いただきまーす♪」
ポリッ
ジ「えーと……味、どうだ?」
雪「…あの…」
ジ「?」


雪「ちょっと甘すぎ……かもです…」
ジ「え!?そんなに甘いのか!?砂糖入れすぎたか…」
雪「でも…ジュン様の愛を感じます。だから…愛を全て…残さず受け入れます♪」
ジ「嬉しい事を言ってくれるけど…なんか恥ずかしいな」
雪「甘ければ甘いほど、愛は大きいのですよ♪」

ジ「それにしても…本当に雪華綺晶は何でも美味そうに食べるよな」
雪「…?ジュン様も食べたいのですか?」
ジ「あ、いや…そういう意味で言ったんじゃ……!?」
雪「ん…くちゅ……」
ジ「(こ、これって大人の…?…あ、口になんか……甘い……チョコか…)」
雪「っ…はぁ……どうですか?甘いでしょう?」
ジ「…うん、甘い。それで…雪華綺晶の愛が混ざってて…すっごく甘い」
雪「……たしかに恥ずかしい…ですね…」
ジ「言ってる側も相当恥ずかしいけどな…」
雪「という訳で……返して下さい♪もちろん同じ方法で♪」
ジ「な…何っ!?」
雪「これを続ければ…溶けるまでどんどん甘くなります…ふふ…♪」
ジ「(いつまでも小悪魔…だなぁ)」


おまけ
小悪魔(?)な薔薇水晶・ホワイトデー編

3/14
薔「私にも……チョコ…」
ジ「何だよ…お前からは貰ってないのに…」
薔「それでも心優しく…チョコをくれるのがジュン…でしょ?」
ジ「…あったらの話だけどな」
薔「…無いの?」
ジ「雪華綺晶の分しか作ってないから…ごめん、諦めてくれ」
薔「がーん………」
ジ「…許してくれ」
薔「そうだよね…ホワイトデーと言えば……お姉ちゃんだもんね…」
ジ「(誰がうまいことを……じゃなくて…それは関係無い様な…)」
薔「…うう…私なんか……私なんかぁ……ぐす…」
ジ「わ、わかったよ!作ればいいんだろ、作れば!」
薔「…本当に?」
ジ「…本当だけど…」
薔「わーい…♪ジュンの…手作り…♪」
ジ「(…そうだ、99%チョコの欠片でも混ぜてみるか。たちまち甘いチョコがとんでもなく苦いチョコに……くくっ…)」
薔「あ…」
ジ「…ん?どうした?」
パサ
ジ「なんだよコレ…紫…ブラジャー!?!?」
カシャ
ジ「って!何撮ってんだ!?」
薔「苦いチョコ作ったら…この写真…お姉ちゃんに見せるからね…♪ ちなみにそれ…私のだから…」
ジ「(…既に悪魔の領域を越えている気が…)」

|