※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジ「今日は風強いな…」
雪「ええ、そうですね…」
ヒュウゥ~
雪「きゃっ!」
ジ「お、やっぱり白か」
雪「…………見ましたわね?」
ジ「え、いや………はははは…」
雪「もうっ!罰を与えます!」

チュッ・・・

ジ「!?ん…」
雪「ん…む………これで懲りましたか?///」
ジ「まだ懲りないかな~」
雪「ならばもっと…もっと罰が必要ですね」
ジ「雪華綺晶の罰ならなんでも受けれるよ」
雪「とりあえず……罰は家に帰ってから…です♪」

保守

 



雪「あっ…ジュン様……そこはダメ…」
ジ「雪華綺晶……可愛いよ…」
雪「あん…あぁん!」

薔「保守」

ジ・雪「!?」

 

 

 


 

カサカサカサ・・・
薔「ゴ、ゴ、ゴキ・・・きゃああああ!」
雪「何を騒いでいるの?ばらしーちゃん」
薔「お・・・お姉ちゃん・・・!助けて・・・!」
雪「へ?助けてって何を(ぐきゅるるる~)・・・・・お腹が空いて力が出ませんわ・・・食べ物食べ物・・・」
薔「ま、待って!その前にあの黒きGをなんとかして・・!」
雪「G?ああ、あのゴキちゃんの事ですね・・(ぐきゅるきゅる~)・・でも私ハラペコでハラペコで・・・・・ハッ!」

雪「(あの黒い背中に乗った油・・・最高に美しくテカテカと輝いていますわ!・・・・・これはもしかしたら・・・・・じゅるり・・・)」


薔「は、速くなんとかしてよぅ・・・ってあれ?・・・お姉ちゃん・・・なんで懐から箸を・・・?」
雪「うふふ・・・もう生でも・・・・いただきまーす・・・」
薔「え!?そ、それはダメだよお姉ちゃん!ちょっと聞いてる!?あ、ダメ!!口に持ってこうとしないで!!!お姉ちゃあああああん!!!!」

 


 

ジ「ふぁぁ…そろそろ寝よ」
雪「………」
ジ「…で、なんで僕のベッドの上でM字開脚してるのかな?雪華綺晶」
雪「…セクシーですか?///」
ジ「…バカ///」
雪「そういえばジュン様の部屋に私が居る事はツッコまないんですね」
ジ「もう最近いろいろありすぎて慣れたからな」
雪「じゃ…一緒に寝ましょう?」
ジ「…襲いかねない」
雪「別にいいですよ、襲われても……ジュン様の愛を感じたいし…//」
ジ「でもな……」
雪「脱げば襲ってくれますか…?」
ジ「…いや、いい………僕が脱がすから……///」
雪「きゃ……エッチ…♪ あっ…」


薔「ふふふ……盗撮開始…………私の役を奪ったきらきーには罰を与えなきゃね……」

 


 

きらきーin the 滋賀県
雪「むむっ!こ…これは美味ですわ!早速お土産にしましょう!!」

数日後…
薔「ん…なんだろう?この大きな荷物………お姉ちゃん宛ての宅配便?」
雪「あぁ、ついに届きましたのね♪」
薔「お姉ちゃん…何か買ったの…?」
雪「うふふ♪」
『バリ…バリバリバリ…』
雪「じゃ~んですわ!」
薔「…なにこれ……樽…?」
雪「うふふ…もう待ちきれませんわ。でわでわ早速…」パカッ
『むわぁ~ん…』
薔「うぐっ!!く…くさっ!!」
雪「何を言いますのばらしーちゃん、この臭いに食欲が沸きませんか?」
薔「わ……沸くわけないでしょ……早くソレ…蓋して…うぷっ…」
雪「しょうがありませんわねぇ…」パタン
薔「はぁ、はぁ……お…お姉ちゃん…何なの?…その物体X…」
雪「ふふふ…よくぞ聞いてくれましたわ。これぞ滋賀県名物鮒寿司ですわ!」
薔「滋賀県って……こないだふらっと出掛けたっていう…」
雪「えぇ、琵琶湖のほとりで食べた鮒寿司に感動し、生産者から漬け込んだ樽ごと購入しましたの♪あぁ…この芳醇な香り…たまりませんわ♪」
薔「………」

それからしばらくの間、薔薇雪邸の食卓には鮒寿司が並んだという…
雪「~~♪」
薔「くちゃいよぅ…くすん…(´;ω@`)」

 


 

TV「これがUFO墜落現場で、この後回収された宇宙人はエリア51で解剖され…」

薔「ふーん…なんか胡散臭い……」
雪「ねえ、ばらしーちゃん?」
薔「…なに?」
雪「宇宙人って…美味しいんでしょうか?」
薔「……」


雪「冗談ですよ♪」
薔「そのわりには…目が本気だったんだけど……」

 


 

雪「まぁ、懐かしいですわ♪」
薔「どうしたの…?」
雪「ホラホラ、この写真。私たちが小さい頃連れて行ってもらったの覚えてませんか?」
雪華綺晶の差し出した写真には幼い2人が動物園の門の前で笑って写っていた
雪「本当に懐かしいですわ…私すっごく楽しかったのを覚えていますもの。」
薔「お姉ちゃん……まさか…あの事は覚えてないの…?」
雪「ふぇ?」
薔「ここを2人で回った時…お姉ちゃんは……」

回想中…
幼薔「わぁ♪見て見てお姉ちゃん、ライオンさんだよ♪」
幼雪「まぁ、凄いですわ…」
幼薔「ライオンさんって…動物の王様で凄く強いんだって前にお父様が…」
幼雪「じ~っ……」
幼薔「…お姉ちゃん?」
幼雪「…じゅるり。」
幼薔「!?」
その時、薔薇水晶の目にはライオンを妖しい見つめながらよだれをすする雪華綺晶が映った
ライオン「がぅ?……フギャァアアアアアア!!」
すると雪華綺晶と目があったライオンは突然怯えるように威嚇を始めた
幼雪「じぃ~……」
ライオン「フギャッ!?……グルル…ルル………ニ゛ィヤアアアア!!」
だがしばらくするとライオンは威嚇すらやめ慌てて檻の奥へと走り去って行ってしまった
幼雪「……ちっ。」
幼薔「お……お姉ちゃん……」
その後も雪華綺晶は目が合う全ての動物たちを同様にことごとく怯えさせ、飼育担当者の間から『白い悪魔の子』と恐れられたのであった…

回想終了…
雪「あ…あはは…そんなこともありましたっけ?」
薔「うん……私は…はっきり覚えてるよ……」
雪「ま…まぁ、若気の至りということで、今ではいい思い出ではありませんか。」
薔「…ライオンを怯えさせた幼稚園児なんて……私はお姉ちゃん以外知らないよ…?」
雪「だ…だって…本当に美味しそうだったんですもの…」
薔「……」

きらきーの食欲は1日にしてならず…
そのことを薔薇水晶はこのとき改めて認識したのであった…



雪「今日は私と理科をお勉強しましょう。
では、本日は「食物連鎖」についてですわ。」

雛「はーい。しょくもつれんさって何なの~?」
雪「いい質問ですわ、食物連鎖とは生態系の中での食うか食われるかの関係のことですの。」
雛「うゆ…よくわかんないの。」
雪「では例を挙げて説明しましょう。
まず仮に苺大福が生えていたとして、あなたはそれを食べますわよね?」
雛「うん、当然なの!」
雪「その苺大福を食べたあなたを私が食べます。
弱肉強食、これが食物連鎖の原点ですわ。」
雛「う…うゆ…(((゜д゜;)))」

雪「そして更にその私を更に強いジュン様が食べることで生態系は循環するのです。
と、いうわけでジュン様?」
ジ「やらないぞ?」
雪「ならば…私から食べさせていただきますわ♪」
ジ「ちょっ…あの前フリは何だったんだ!?」
雪「あんなのただの教科書の中の世界ですわ!そ・れ・よ・り…」

ジ「な、なにするきさ…アッー!」



うふふ。
ジュンは真紅のことが好きなのでしょう?
…顔が赤くなってるわ。可愛い。
それにしても、あなたは幸せ者ね。
あの子も…真紅もあなたのこと、本当は好きなのって言ってたわ。

残念だわ。本当に残念。
私も、あなたのことが好きだった。あなたの心が欲しかった。
もっとあなたの傍へと行きたかった。あなたに愛してもらいたかった。
それでも、あなたの心はもう彼女のモノだもの。仕方が無いわ。
でもね、私も諦めきれないのよ。あなたのこと、愛してしまったのだもの。

だからね、私、考えたのよ。
心がもう手に入らないなら、せめて体だけでも、って。
私、本当にあなたのこと愛してる。だから考えた。
どうしたらあなたを手に入れられるか。あなたとひとつになれるか。
で、考えて、考えて、こうすることにしたのよ。
しつこいようだけど、私はあなたのことを愛してる。これだけはけして変わることはないわ。
だから私はあなたをこうする。

ねぇジュン。「食人こそ究極の愛」って言った人は誰だったかしら。
うふふふふ
うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ(歯跡)



【北京12日時事】中国中央テレビ(電子版)は12日までに、北京市朝陽区の一部露店で、
段ボールとひき肉を混ぜて具にした「偽装肉まん」が違法に販売されていたと報じた。
販売業者は同テレビの取材に対し「段ボールと肉の割合は6対4で、コストを下げるために
行っている。自分では食べない」と証言した。
 日本ではひき肉偽装事件が発覚したが、北京市当局は段ボールを使った偽装肉まんは極
めて悪質なケースだとして、違法加工拠点に対する取り締まりを進めている。
 問題の肉まんは、使用済みの段ボールを劇物のカセイソーダに浸して黒っぽくした上で、
粉々にしてひき肉と混ぜ、肉まんの具として約10分間煮込んで作られる。段ボールとひき
肉が混ざった具は、外見上は本物と見分けが付かないという。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070712-00000028-jij-int


雪「そうですか!段ボールは食べられるのですね!ではさっそく……」
薔「お姉ちゃんなにしてるの!そんなの食べたらお腹壊しちゃうよぉ!
  かじっちゃダメ!かじっちゃダメ!だれかー!だれかお姉ちゃんを  止めて―!!」
|