※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昼休み
べ「あー雨降ってきやがった」
J「折り畳み傘もってきてよかった・・・」
笹「いいなー僕も傘もってくればよかった・・・」
薔「・・・・(ピキーン)」
薔薇しー傘忘れる→濡れながら帰る→傘をさしたジュンと会う→相合傘→いい雰囲気→ジュンの家で休ませてもらう→ジュンの服を借りる→○s×jf■△あ⊿αh

銀「どうしたの薔薇水晶?」
真「なにかあったの?」
薔「・・・ううん、なんでもない」
薔「・・・・・・・(・・・いける)」

放課後
べ「じゃあな、ジュン」
笹「また明日!」
J「風邪引くなよー・・・さて、俺も帰るか」

帰り道
J「ん?あれは・・・薔薇水晶!」
薔「あ・・・ジュン君(タイミング良し・・・)」
J「おいおい、びしょ濡れだぞ、急いで帰ったほうが・・・」
薔「家遠いし・・・あんまり変わらない・・・(もう少し粘って・・・ジュン君の家に・・・)」
J「けどそんなんじゃ風邪引くって、一回僕の家寄れよ。傘かしてやるから」
薔「・・・ありがとう(フラグ来た・・・)」


金「あー薔薇水晶とジュンかしらー」
J「お、金糸雀。今帰りか?」
金「そうかしらー一緒に」
薔「・・・・・・・ジロ(・・・帰れ・・・帰れ・・・帰れ)」
金「か、帰ろうかとおもったけど用事思い出したかしらー!」
J「・・・なんだったんだ?」
薔「・・・・さあ?(邪魔者撃退・・・)」

J(しかし・・・よくよく考えると相合傘・・・恥かしいな)
薔「・・・どうしたの、ジュン君?(相合傘・・・うれしい・・・)」
J「い、いや・・・!(か、顔が近いって!)」
薔「・・・・?(急接近・・・ドキドキ)」
翠「あああー!薔薇水晶!なにジュンと相合傘してやがりますか!」
J「翠星石?」
薔「・・・翠星石(・・・ち)」
翠「薔薇水晶、抜け駆けはやめるです!」
薔「・・・蒼星石が怒ってたよ?(・・・嘘だけど)
翠「え゛!?」
J「蒼星石怒ると怖いよな・・・早く帰ったほうがいいんじゃないか?」
翠「う゛・・・わ、わかったです・・・」
薔「・・・(後で蒼星石に砥石でもプレゼントしておこう・・・)」


ジュンの家
J「ただいまーって、姉ちゃんまだ部活か・・・ほら、タオル」
薔「ありがとう・・・(なんとか・・・家に上げて貰わないと・・・)」
J「ああ、この傘なら・・・」
薔「イタイイタイ・・・くすん(仮病・・・)」
J「ど、どうした?」
薔「・・・お腹イタイ・・・くすんくすん(我ながら完璧な演技・・・)」
J「あ、ああ・・・じゃあ少し休んでいくか・・・?」
薔「うん・・・(よし・・・)」

J「じゃあ何か暖かい物でも・・・」
薔「着替え・・・(ほんとに寒い・・・ガクブル)」
J「は?」
薔「洗って返すから・・・着替えかして・・・(できればジュン君の・・・)」
J「うーん、姉ちゃんの部屋鍵かかってるしな・・・」
薔「ジュン君の服でいいよ・・・(むしろそっちのほうが・・・)」
J「ん、じゃあジーパンとシャツと・・・」

J「はい、こんなものしかないけど着替え」
薔「ありがとう・・・それじゃあ・・・(脱ごう・・・)」
J「わあ!?いきなり脱ぐなよ!」
薔「・・・ごめん(ジュン君顔真っ赤・・・)」


薔「・・・・・・(次の手を・・・)」
J「・・・・・・(気まずい)」
薔「ジュン君・・・今日はありがとう・・・(なにか次の手は・・・)」
J「いや・・・友達だしさ」
薔「・・・・・(友達・・・)」
J「・・・・・(好きだからなんていえないな・・・)」
薔「ねえ・・・(私は・・・)」
J「うん?」
薔「私ね・・・(言っちゃだめ・・・)」
J「・・・・」
薔「・・・好き、だよ(拒絶されたら・・・)」
J「・・・え?」
薔「ジュン君が、好きです・・・(けど、友達じゃいや・・・)」
J「・・・お、俺も・・・」
薔「え・・・?(ジュン君・・・?)」
J「俺も、好きだよ。薔薇水晶のことが」
薔「・・・ほん、とう・・・?(夢じゃない・・・)」
J「う、うん・・・」
薔「・・・・ジュン君!」
J「う、うわ、薔薇水晶!?急に抱きつくなって!」
薔「だって・・・だって・・・うわーん」
J「まったく・・・しょうがないな、薔薇水晶は・・・」
薔「ぐす・・・だって・・・本当に嬉しいんだもん・・・!(ピキーン)」
J「ん?どうした、薔薇水晶?」


の「ジュンくーん!ただい・・・スースー」
J「ね、姉さん・・・って、寝た・・・?」
薔「・・・・命中」
J「薔薇水晶・・・その構えてる腕時計は・・・?」
薔「・・・腕時計型麻酔銃・・・」
J「コナン・・・っていうか何でそんなものを・・・」
薔「ジュン君を拉・・・じゃなくて・・・危険から守るために・・・」
J「いま拉致って言おうとしなかったか?」
薔「・・・・気のせい」
J「・・・・そうか」
薔「それよりも・・・」
J「薔薇水晶・・・キス・・・しよう」
薔「先に言われちゃった・・・」
J「俺だって男だよ。たまにはリードしたいさ」
薔「ジュン君なら・・・どこへでも付いていくよ・・・♪」
J「ありがと・・・ん!?」
薔「ん・・・チュー」
J「ぷは、薔薇水晶・・・」
薔「えへへ・・・私だってジュン君リードしちゃうよ・・・♪」
J「ふ・・・こいつぅ」
薔「きゃん・・・ジュン君のエッチ・・・」


通学中

金「あ、ジュンに・・・薔薇水晶かしらー」
J「おはよう」
薔「おはよう・・・」
金「おはよう、かしらー(今日は機嫌いいかしらー)」

翠「こうらぁ!薔薇水晶!嘘つきやがりましたです!」
蒼「薔薇水晶・・・嘘はだ」
薔「これ・・・」
蒼「こ、これは・・・最高級の砥石・・・!」
薔「・・・」
蒼「まったく・・・翠星石、それぐらいで怒っちゃだめだよ」
翠「な゛!?なに買収されてるんですか!?」

銀「あら~ジュン。今度の休みに一緒に遊びにいきましょうよぉ」
真「だめよ、ジュンは私と遊びに行くのだから」
J「い、いや、俺は・・・」
薔「私とデート・・・」
一同「え゛!!!??」
薔「ジュンは私と一緒に遊園地にデートに行きます・・・」
J「ちょ、薔薇水晶!?」
薔「だって・・・私達は『愛し合った仲だから』・・・」
一同「!!!!!!!!!!?????」
J「ば、薔薇水晶・・・」
薔「今まで・・・思ったこと、言いたかったこと、言えなかったけど・・・ジュン君に勇気もらったから」
J「薔薇水晶・・・」
薔「だから・・・誰にも渡さないからね♪」
終わる

|