※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベジータの代わりにコウ・ウラキが仲間に入ってみました
その1



梅岡「え~ベジータは学校を辞めることになった。んで新しく、コウ・ウラキ君が入ってきたから、みんな頼むぞ」
コウ「コウ・ウラキです。嫌いなものは人参です」



薔薇「コウ君…」
コウ「はい?」
薔薇「これ…」
っ【1/144 ノイエ・ジール】
コウ「ガトォォォォォォォ!!」
水銀燈「なかなか面白いわねぇ」
真紅「ええ」
JUM「ベジータよりマシだわ」



薔薇「コウ・ウラキって…面白…」
雪華「次はガーベル・テトラですね」

END





ベジータの代わりにコウ・ウラキが仲間に入ってみました
その2




コウ「え…ああ…前回はお恥ずかしいところを見せてしまいましたが…」
JUM「面白かったけどな」
コウ「いやぁそう言われても…」
薔薇「コウ君…前回はごめん…」
コウ「あ、良いよ…僕も取り乱しちゃったし…」
薔薇「お詫びに…はい…」
っ【1/144 GP02-A サイサリス】
コウ「(゚д゚)」
コウ「ガトォォォォォォォ!」
薔薇「ウフフ…」
JUM(こいつ絶対に確信犯…)



薔薇「やっぱりコウ・ウラキって…面白…」



END





ベジータの代わりにコウ・ウラキが仲間に入ってみました
その3



コウ「あ~…」
JUM「やあコウ、どうした?」
コウ「人参嫌いなんだよ…」
JUM「そうか…」
コウ「うん…」
ザビーネ「貴様、農家の方々が一生懸命こさえた人参を食べないだと!?」
ザビーネ「罪を償え!!」
キンケドゥ「心まで腐ったか!! ウラキ!」
JUM「…どどんまい」
コウ「…あ、ニナ?あのね、至急ステイメンを用意して欲しいんだけど。え?何に使うか?ちょっと気に食わない奴が居るから…」
ザビーネ&キンケドゥ「(((゚д゚;)))」



END





ベジータの代わりにコウ・ウラキが仲間に入ってみました
その4




JUM「そう言えばコウは何で通学してるんだ?」
コウ「ステイメンだよ」
JUM「そうなんだ…MSで通学か…」
薔薇「因みに私はアッガイで」
コウ「ないよwwwwwwwwwwwwwwww」
ベラ「あら、じゃあ私だけですか」
JUM「何が?」
ベラ「私はマザー・バンガードで通学しています」
JUM「凄いなおい」





END





ベジータの代わりにコウ・ウラキが仲間に入ってみました
その5




コウ「う~ん…むにゃむにゃ…」
雛苺「コウは授業中なのに寝てるの~」


コウ(何故ガンダムを盗んだ!! ガトー!)
ガトー(貴様に話す舌は持たん。ましてや戦う意味を知らん者にはな)
コウ(それでも、僕は連邦の士官だ)
ニナ(冷却装置を狙って!)

ガトー(覚えておけ!ジオンに逆らう者は、私により葬り去られるのだ!)

コウ「ガトォォォォォォォ!!」
梅岡「ウラキ…廊下に立ってろ」



END





ベジータの代わりにコウ・ウラキが仲間に入ってみました
その6




雛苺「うゆ~」
コウ「どうしたんだい? 雛苺」
雛苺「どう頑張っても組み立てられないの~」
コウ「ははは、学校にプラモを持ってk…これは…」
雛苺「デンドロビウムなの。アームドベースを組み立てるのが難しいの」
コウ「これは…こうして、こう…っと」
雛苺「コウ凄いの~流石デンドロビウムのパイロットなの~」
コウ「お安い御用さ」
雛苺「コウ大好きなの~」
コウ「え!? あー…その僕には…ニナが…」
JUM「気にするな。雛苺の好きは友達としての好きだ」
コウ「そうなんだ…驚いた…」
雛苺「今回は珍しくオチがないの~」



END





ベジータの代わりにコウ・ウラキが仲間に入ってみました
その7





薔薇「はい…」
っ【ノイエ・ジール】
コウ「ガトォォォォォォォ!」

JUM「しかし薔薇水晶も飽きないよな」

コウ「ガトォォォォォォォ!」
ガトー「うるせぇぞ!次うるさかったら核打ち込むからな!本気だぞ」
コウ「あ…サーセン…」
ガトー「分かったならいい。だが次から気をつけろ」
コウ「はい…」



コウ「あれ?」






END





ベジータの代わりにコウ・ウラキが仲間に入ってみました
その8




コウ「今日の弁当は何かな~」
JUM「ご機嫌だな」
コウ「久し振りにニナが弁当作ってくれたからさ」
JUM「そうか…」
コウ「あ…」
JUM「人参か…」
コウ「ガトォォォォォォ! 許さん!」



この日、学校は核の炎につつまれた

END





ベジータの代わりにコウ・ウラキが仲間に入ってみました
その9




翠星石「学校は核の炎に包まれたから当分休校です」
蒼星石「あれ? コウ君は?」
翠星石「デンドロビウムに乗って隣りのクラスのガトーを殺しに行くって言ってたです」
カミーユ「やあ」
蒼星石「あ、カミーユ君」
カミーユ「学校が休校なんて災難だね」
蒼星石「本当本当、あれ? 何でそんな汗だくなの?」
カミーユ「今シロッコから(ry」
シロッコ「見つけたぞ」
カミーユ「ここからが(ry」


コウ「ガトォォォォォォ!」
ガトー「うるせぇ!」



END





ベジータの代わりにコウ・ウラキを仲間に入れてみたけどもうガンダムに出て来るパイロットを全部ひっくるめて仲間に入れてみた
その11




梅岡「やあ!担任の梅岡だよ!残念だけど今日で僕は学校を辞めることになったよ」
クラス一同「よっしゃぁぁぁぁぁ!」
バニング「梅岡先生の後任のサウス・バニングだ。とりあえずウラキは校庭10周だ」
コウ「(´・ω・`)」




一葉&柴崎「あれ? 俺達は?」





ベジータの代わりにコウ・ウラキを仲間に入れてみたけどもうガンダムに出て来るパイロットの方々を全部ひっくるめて仲間に入れてみた
その12






水銀燈「全く…こんなに登場人物が増えると私達の影が薄くなるじゃなぁい」
巴「本当ね」
コウ「いや、それでも主人公は薔薇乙女の君達だ!胸を張っていこうよ!」
巴「たまには良い事言うのね」
コウ「って学校を辞めた梅岡とベジータが言ってたよ」
水銀燈「一瞬にしてありがたみが無くなったわねぇ…」


オマケ
真紅「胸を張っていこうなんて…私には胸がないのだわだわだわだわだわだわ(ry」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その13




真紅「この流れなら言えそうだわ」
トビア「何ですか?」
真紅「新一=トビア」
トビア「バ…バーロー…」
真紅「バーローwwwwwwwwwww」
トビア「バーローwwwwwwwwwww」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その14




雛苺「うゆ~」
セシリー「雛苺、どうしたの?」
雛苺「うゆ、セシリーとベラはそっくりさんなの」
セシリー(まさか、私がベラ=ロナである事が…)
雛苺「でもセシリーの方が若いの~。ベラはおばさんなの」
セシリー「(#^ω^)ビキビキ」



シーブック「おやセシリー、今日は何のパンを作ってるんだ?」
セシリー「雛苺パン」
シーブック「雛苺…安らかに…」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その15




セシリー「その場の勢いとは言え…雛苺を…」
雛苺「セシリー、おはようなの」
セシリー「な、雛苺…何で生きてるの?」
雛苺「黒歴史の力なの」
セシリー「ちょwwwwwwwwwww」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その16





真紅「雛苺は黒歴史の力で生き返ったのだわ。ならば私も黒歴史の力で胸を…」
ロラン「真紅の貧乳は仕様なので無理ですよ」
真紅「(゚д゚)」
ロラン「無理ですよ」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その17




カロッゾ「今日の授業は、バグによる人類抹殺についての授業をやるぞ」
水銀燈「そんな事よりヤクルトのみましょう?」
カロッゾ「まずバグとは…」
水銀燈「聞けやコラ」
カロッゾ「水銀燈、次に変な事言ったらバグでフルボッコにしてやんよ」
水銀燈「ってドレル君に言われました」
カロッゾ「授業は中止。黒の軍団(ここではカロッゾの私兵部隊)は直ちにドレルを血祭りにあげろ」

ドレル「高貴なる者は…うわなにをするやめろ
アッー!」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その10(実は抜けていた)



金糸雀「その10が無いなんて、本当に抜けてるかしら」
コウ「まるで金糸雀みたいだwwwwwwwwwww」
金糸雀「(゚д゚)」
金糸雀「カナは抜けてないかしら」
コウ「じゃあさっきの顔は何だい?」
金糸雀「…例え抜けていても、それがカナのジャスティスかしら」
コウ「…逃げたな…」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その18




JUM「そう言えばもう卒業式が終わったんだな」
コウ「ああ、晴れて卒業したんだな。僕達」
薔薇乙女達「(゚д゚)」
JUM「どうした?」
薔薇乙女達「留年…卒業出来ない…」
JUM&コウ「…」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その19




真紅「留年してしまったのは正直想定guyだったわ」
トビア「ありゃ? 皆さん留年したんですか?」
水銀燈「そうなのよぉ…」
真紅「はいトビア、いつものを」
トビア「バ…バーロー…」
真紅「バーローwwwwwwwwwww」
トビア「バーローwwwwwwwwwww」
水銀燈「ま た 同 じ ネ タ ! ? 」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その20



梅岡「やあ! 担任の梅岡さぁ」
ベジー○「何故最後は沖縄風なんだ」
梅岡「遂にこの作品もその20までいったさぁ」
ベジー○「何故俺の名前が伏せ字なんだ」
コウ「それは君が存在しない話だからさ」
ベジー○「げげぇっ、コウ・ウラキ」
コウ「梅岡先生は許す。だが君は」
ベジー○「ファイナ(ry」
コウ「許さないぞ! 長い砲身には、こういう使い方もあるんだ!」


梅岡「…というのがベジータが学校を辞めた理由なのさ」
真紅「コウ・ウラキ…恐ろしい子…」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その21




シャア「ちょっとそこのお嬢さん」
薔薇「はい?」
シャア「このMSを君にあげよう」
薔薇「何ですか急に、それに知らない人から物を貰っちゃいけないってママンが言ってました」
シャア「そうか、じゃあアッガi…」
薔薇「下さい。是非下さい。貴方とは今日から戦友(とも)です」
シャア「そうか、じゃあ頑張って使ってくれたまえ」



薔薇「と言う事があったのさ」
バーニィ「サーセンwwwwwwwwwwwアッガイで自爆しちまいましたwwwwwwwwwwwザクより使い易いっスねwwwwwwwwwww」
薔薇「(゚д゚)」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その23




薔薇「そういえばF91系統の機体って小さいよね」
シーブック「ああ、確かに…」
薔薇「…地上戦でF91vsサザビー…空中移動禁止…」
シーブック「ちょwwwwwwwwwwwテラスプラッタwwwwwwwwwww」





ベジータの代わりにコウ・ウラキ(ry
その24




真紅「wktk」
くんくん「犯人は…君だっ」
犯人「何故分かった…」
くんくん「それは(ry」
犯人「そうか…じゃあ最後に、名前を教えてくれ」
くんくん「工藤新一…トビアさ…」
犯人「ネタが無くなるとすぐそれっスねwwwwwwwwwwwサーセンwwwwwwwwwww」
くんくん「流石の僕もゲシュタルト崩壊さ」



真紅「と、いう夢を見たからよ…トビア、貴方は…貴方は…」
真紅「バーwwwwwwwwwwwローwwwwwwwwwww」

|