※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

COOLジュン ~無人島に漂流してきてしまった~

~水銀燈~
ジ「無人島に漂流してきてしまった」
銀「とりあえず当面の目的は水と食料の確保ねぇ」
ジ「はい」
銀「じゃあジュンは東側、私は西側からよぉ」
ジ「はい」
銀「それじゃあ一時間後にまた此処で落ち合いましょう」スタスタ
ジ「はい」


~金糸雀~
ジ「無人島に漂流してきてしまった」
金「どうしたらいいのかしら・・・・カナ此処でおしまいなのかしら・・・」
ジ「そんなことは無い」
金「ジュン・・・」
ジ「金糸雀が死んでもお前は俺の中で血となり肉となり生き続ける」
金「た・・・食べる気かしら・・・」
ジ「焼具合の注文があれば今のうちに言っておけ」
金「え・・・あ・・・レアでお願いするかしら」
ジ「把握した」


~翠星石~
ジ「無人島に漂流してきてしまった」
翠「はわわわわ・・・もうおしめーです此処で翠星石は短くて儚い一生を終えちまうですぅ・・・」
ジ「まぁ落ち着け」
翠「これが落ち着いていられるかですぅ!」
ジ「なんとかなるなる」
翠「なんとかって・・・・ま・・・まぁジュンが居れば二人で・・・その・・・・子孫は作れるですけど・・・」
ジ「携帯電話の電波バリ3なんでとりあえず電話をしてみる」
翠「えーあーあーあはは・・・は・・・早く救助よびやがれですぅ・・・あはははは」

~蒼星石~
ジ「無人島に漂流してきてしまった」
蒼「大丈夫大丈夫」
ジ「頼もしいな」
蒼「こんな時の為に衛星電話を用意してきました!」
ジ「流石だな」
蒼「任せてよジュン君、えーっと電源はここだっけ・・・あれ?・・・」ポチポチ
ジ「・・・・・・・」
蒼「ジュン君・・・ここってコンセントとかない・・・かな?」
ジ「そこにあったぞ」
蒼「よかった」


~真紅~
ジ「無人島に漂流してきてしまった」
紅「・・・・・」
ジ「こんな時にも表情一つ変えぬとは流石だな」
紅「・・・・・」
ジ「し・・・死んでる・・・・」
紅「死んでないのだわ!」
ジ「なんだ生きてたのか」
紅「・・・・・・」

~雛苺~
ジ「無人島に漂流してきてしまった」
雛「なんかわくわくするの!」
ジ「僕は既に胃に穴が開きそうなんだが」
雛「ヒナは楽しいのよー」
ジ「そうか」
雛「あジュン、ヒナちょっとうにゅー買って来るのよ」
ジ「何処にだ」
雛「さっきそこでコンビニ見つけたのよー」
ジ「プリンも買ってきてくれ」


~薔薇水晶~
ジ「無人島に漂流してきてしまった」
薔「ムラムラするねジュンジュン」
ジ「いや、今はムラムラするタイミングじゃない、ハラハラしとけ」
薔「とりあえずやることがあるじゃないか!」
ジ「そのエネルギーを水と食料の確保に回せ」
薔「水分なら股間かr」
ジ「とう!」ズビシ
薔「へぶっ、なにするんだよぉジュンジュン!」
ジ「教育的指導だ」
薔「あ、今ので濡れt」
ジ「とう!」ズビシ
薔「へぶっ、あ、今ので(ry」
ジ「無限ループ恐い」


~雪華綺晶~
ジ「無人島に漂流してきてしまった」
雪「そのようですね」
ジ「随分余裕があるな」
雪「いいえ、もう正直限界です」
ジ「なんだその肉食獣が獲物を見る目は」
雪「ちょっとだけ」
ジ「何がちょっとだけだ」
雪「端っこだけ」
ジ「断る」

|