※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石さんと蒼星石さんと一緒にお昼を食べているといきなり、

蒼「JUN君。明日……暇…かな?」

J「え…!?///」

先輩や薔薇水晶にはこの短期間で幾度となく誘われたが、蒼星石さんからの積極的なアプローチは初めてだ。
でも、普通こうゆうのって2人っきりの時とかに誘うんじゃないかな…なんて赤面してると、僕の勘違いに気付いたらしく

蒼「あっ、いや……違うんだよ。そうゆうんじゃなくて……翠星石と3人で…買い物に付き合って欲しいな……って…」

慌てて付け足す蒼星石さんも赤くなっている。

J「え…あぁ!」

翠「翠星石の可愛い妹がチビ人間なんかデートに誘うわけねぇです」

ケラケラと笑いながら、ここぞとばかりに攻めてくる翠星石さん。だけど、口先で僕に勝とうなんて千年早い!!

J「だよねぇ。翠星石さんと違って、可愛い蒼星石さんが僕なんか誘うわけないよね。なんたって、双子の姉とは似ても似つかぬほど可愛いんだもん」

翠「なっ!?」

その後、ギャーギャーと不毛な争いになったのは言うまでもない。


蒼「…で、明日暇かな?」
一瞬何の話か分からなかった。それほど長く言い争っていたのだ。

翠「引きこもりのチビ人間は暇に決まってますですぅ。 もちろん、行きますですよね?」

J「起きれたらな」

翠「なっ!こんな可愛い双子が誘ってるですよ」
J「起きれたらな」

翠「--ッ!」

ラウンド2に入りそうになった瞬間、蒼星石さんが

蒼「……ダメかな?」
うっ!?
そんな顔されたら断れるわけがない

J「わかった。行くよ」
すんなりとオーケーしたのが気に入らなかったのか、むくれてる翠星石さん

翠「随分、翠星石と蒼星石では態度が違うですぅ!」
抗議する翠星石さんはスルーして
J「で、集まるとことか時間は?蒼星石さん」
蒼「ん~、詳しいことは夜メールするね」
J「わかった。ぢゃぁ、そろそろ戻ろうか」
ギャーギャーわめいてる翠星石さんを置いて、教室に戻った……後に、翠星石さんに殴られたのは言うまでもない。


~その夜~

~コノママドコカトオクツレテーテクレナイカァ♪

メールだ。
送り主は蒼星石さんだった。

蒼【明日は、駅前に10時で良いかな?】

……早いな
休日の10時とは、僕にとって熟睡真っ只中
まぁ、計画があるだろうし【いいよ】送った。

~コノママドコカトオクツレテーテクレナイカァ♪

瞬時に返信が返ってきた

蒼【ありがと。明日、楽しみだね】


続く。

|