※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの世に嫌われていますねそうですね


「柿崎」

あら、どうしたの?

「あまりにも暇だから遊ぼうぜ」

何をするの?

「…看護婦さんの年齢当て」

おやおや、珍しく楽しそうな遊びをっ…くっ…

「おい、柿崎どうした」

ちょっと発作っ…くっ…

「やば…ナースコールナースコール」

看護婦「どうしたの!?」

「柿崎が…発作を起こして…」

看護婦「落ち着いて、今先生を呼んでくるわ」

「急いで下さい!」


もう嫌…

「大丈夫だ! すぐに先生が来る」

苦しい…

「そこで諦めるのか! お前の生きたいはその程度か!」

…いいえ…私は…まだ…死ね…

「柿崎? 柿崎!」

先生「どうした!?」

「先生! 柿崎が発作で…もう気絶しています! 早く!」

BJ「早く手術するぞ!」

先生「ブラックジャック先生!」

BJ「一刻も早く、手術の準備を!」




あれ? 私は…一体…
確か発作を起こして…


!? みんな居ない…何処?

水銀燈「あらぁ、こんな所でくたばるのぉ? おばかさぁん」

なに言ってるの? 水銀燈…

ラプラス「おや、此処に迷い込んだ子羊が一人」

誰? 貴方

ラプラス「私はラプラスの魔…所謂道化です」

道化…

ラプラス「先に言っておきましょう。貴女、このままだと死にますよ」

!?

ラプラス「帰りたいならイメージしなさい。帰りたくないならそのままになさい」

嫌よ…私は死ぬ気なんてまっさらないんだから


ラプラス「前回もそんな事を言うお坊っちゃんがいらっしゃいました」

そのお坊っちゃんって…

ラプラス「貴女が一番大事に思っている人ですよ」

ラプラス「おや、声が聞こえますよ。帰らなくていいんですか?」

…私は…



「柿崎! 起きろ!」

え?

「良かったぁ…やっと起きた…」

私は…一体…

「発作を起こして緊急手術したんだよ」

あ…思い出した…

「それでさ、ブラックジャック先生が心臓を治したんだよ」


そんな馬鹿な…

BJ「そんな馬鹿なことを起こせるのが私だ」

あ…ブラックジャック先生…この度はありがとうございます

BJ「礼には及ばんよ。それにしても柿崎さん…君は本当についている」

と言うと?

「今回の手術は正直、成功するかどうかが分からなかったそうだ」

…フフ…

「なに笑ってんだよ」

君、あの事故(あの世に嫌われている男、この世に嫌われている女参照)の時、変な兎に会わなかった?

「ああ、いたいた。ラプラスの魔だっけ?」


そうそう、何だかさ…

「どうした?」

私って、本当に死んじゃいけない人なんだね

「なにを今更」

えへへ

「じゃ、次は俺の体を治す番か
ブラックジャック先生…宜しくお願いします」

BJ「此方こそ」







ねぇ、ラプラスの魔…私も彼も、あの世に嫌われているんだね

ラプラス「ふふふ…簡単に言えばそういうことです。実際私の言ったことを試して成功した人間はいませんから」


あの世に嫌われていますねそうですね・完

|