※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この世に嫌われた女と、あの世に嫌われた男


…あら、また来たの?

「うっさい、また怪我したんだよ」

今月に入って入院何回目?

「通算3回。骨折が2回と事故による怪我が1回」

そして、その3回、全部君と同じ部屋って何? いじめ?

「いいんじゃねぇの? 多分おば看護婦の事だから仲がいいと思ってんだろ?」

で、一体今度は何の怪我なの?

「またラグビー」

確か前回はスクラム中に味方が倒れ込んで足が複雑骨折だっけ?

「ありゃあもう勘弁な」


で、今回もラグビーで足を折ったと

「本当に、なかなかどうして怪我ばっかりするんだろうな」

あなた病院に好かれているんじゃない?

「確かになぁ…でも、命に関わる怪我は絶対にしないんだぜ」

まるで自分は死なないみたいな言い方じゃない

「何言ってんだよ。人間てのはいつか死ぬんだ」

私は早く死にたいけどね

「馬鹿」

なっ…何よ

「命は大事にしとけよ。保険は利かないんだぜ」

あなただって知ってるでしょ? 私は心臓病で長くは生きられないことを

「努力が足んないだけだろ」

そう言うけどね…


「柿崎…お前は死んでいい奴じゃないだろ」



「お前には心配してくれる奴が居るんだからさ」

じゃああなたはどうなの?

「俺か? 俺にはいないよ。みんな、死んじまったからさ」

え…?

「だから、まわりの人を大切にしろよ」

ちょっ、何を…

「おやすみ、柿崎」

またそうやってはぐらかす…

確かに私は死にたい。でも、そういう時に限って彼は入院してくる
元々彼は怪我の多い人間で、年も近いせいかよく話す

「…柿崎…死ぬんじゃねぇぞ…」

何を言ってるんだか


で、もう彼は退院

「じゃあな柿崎」

もう2度と会いたくないわね

「うっさい」

そうは言っても、顔はにやけてるわよ

「へへっ…どうせまたすぐにそこに舞い戻って来るから、ちゃんと空けとけよ?」

はいはい、今度はせいぜい死なないように

「へーい」

彼はそう言い残し、退院した
このペースだと次は2週間後だろう。そう、彼はすぐに戻ってくる

看護婦「大変よ。めぐちゃん」

あらどうしたの? 看護婦さん

看護婦「あの子が…あの子が…」

彼が?

看護婦「さっき車に…跳ねられた…」


え…
何質の悪い冗談を言ってるの?

看護婦「それでね…めぐちゃん…実は…今夜が峠なんだって…」

嘘よ…嘘よ嘘…
そう言いながらも集中治療室に足が向かう

「俺には心配してくれる奴がいないよ」

ううん、それはちがう
だってここに居るもの。あなたの心配をする人が…

先生「…」

先生、彼は…

先生「大丈夫だ。奇跡的に助かったが…」

先生「もう2度と、まともには運動できない」


え…、あの超が付くほどのラグビーバカの彼が…

先生「とりあえず、また入院だ。君のベッドの隣になるよ」


「…」

ねぇ…

「なぁ、柿崎…俺さ…」

「俺さ…何でもかんでもいい方向にしか考えらんなくてさ、入院するのも、お前に会えるからいいやって思っていたんだ」

「でもさ…今回は流石に辛いわ…死に…」

-ピシッ

「おい柿崎…」

聞こえる? 私の鼓動が…

「ああ」

こんなに不定期な鼓動なのに、生きたいから常に動いている


もし君がさ、死ぬっていうなら…私も死ぬ…

「…バーロ…何言ってんだよ…」

だってさ…私辛いもん。君が居ないと辛いもん

「…何か柿崎変わったな」

そう?

「ああ、前より辛気くさくなくなった」

ねぇ…

「ん?」

君は、私の心臓が治るまで待っててくれる?

「ああ、いつまでも待つよ。その代わり、俺が死ぬまでには治せよ?」

大丈夫よ
だって君は、あの世に嫌われてるんだもん

「そらお前もだな」


|