※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「新説JUN王伝説~序章~」外伝

これはジュンと雪華綺晶との激しい闘いの翌日の記録である…
ジ「おはよー…」
朝、教室に入ってきたジュンは明らかに疲れ切っていた
蒼「ど…どうしたのさ?ジュン君…」
紅「やけに疲れてるようね。」
銀「あらぁ…ジュン、も・し・か・し・て…昨日イイ事でも頑張っちゃったぁ?」
紅「ち…ちょっと、ジュンに限ってそんな…」
ジ「あぁ、昨日雪華綺晶の家でちょっとな…」
銀・紅・蒼「!?」
ジ「いや…僕から頼んだことだし自業自得っちゃそうなんだが、随分しばかれたよ…」
銀・紅・蒼(ええぇええぇえええッ!?そんなプレイををを~ッ!?)
ジ「ん?どうした?みんな変な顔して…」
銀「ナ…ナンデモナイワァ…」
紅「ソ…ソウナノダワ…」
蒼「イ…イヤダナァ…アハハハ…」
ジ「?」

その時であった…
雪「あら、ジュン様おはよう御座います。」
薔「…おっはー、ジュン…」
ジ「あぁ、2人共、昨日はありがとうな。」
雪「いえ、私も楽しめましたわ♪」
薔「…ジュンの知らない一面が見れたからいいよ…」
銀・紅・蒼(ええぇええぇえええぇッ!?まさか3Pですかああぁぁ!?)


雪「私…あんなに激しいのは久々でしたわ…」
薔「ジュン…凄かったよ?」
ジ「ははは、元は雪華綺晶が仕込んでくれたものだろ?僕もまだまだこれからだよ。」
雪「うふふ、楽しみにしてますわ♪」
薔「…ジュン、お姉ちゃんとばっかはズルい…今度私にも教えて…」
ジ「へ?別にいいぜ?」
雪「まぁ、ばらしーちゃんったら…」
『がしぃ!!』
ジ「へ?」
ジュンが振り向くとそこには自分の両腕をがっちりホールドした水銀燈と真紅…そしてハサミを首に突きつけた蒼星石がいた…
ジ「へ?…あの~…これはどういう…」
銀「うふふ…ジュン?ちょっと私たちに付き合ってもらうわよぉ?」にっこり
紅「勿論…貴方に拒否権はなくてよ?」にっこり
蒼「じっくり君に聞きたいことがあるんだよね…」にっこり
ジ(ちょwww笑顔怖ええぇええぇえええ!!)(((゜д゜;))))
銀・紅・蒼「さぁ、行く(わよぉ)(のだわ)(よ)?」
『ズルズルズル…』
ジ「い…嫌あぁああああああああああぁあぁ!!」

一方その頃…
黒『はっ!!…今我が主の叫び声が聞こえたような………気のせいか…』

結局誤解を解くまでジュンは3人に数時間たっぷり尋問されたのであった…

|