※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は姉妹揃って豆まきするようです

薔「……買出し組、帰ってきました……」
蒼「豆はたくさん買ってきたよ。じゃあ、鬼は誰がする?」
翠「ついにこの日が来たですね……鬼はチビ苺がやりやがれです」
雛「いやなのー! 翠星石がすればいいのに!」
翠「この鬼という言葉が最も似合わない翠星石に向かって何を言うですか! じゃあチビカナがやるです!」
金「嫌かしら! やっぱり鬼は翠星石が一番似合ってるかしら!」
翠「ムッキー! さっきから人の事を何だと思ってるですか! もう許さんです!」
真「……全く、いい年して何を言ってるのやら……水銀燈、貴女が鬼をやりなさいよ」
水「やぁよ……そう言う真紅がやればいいでしょう?」
真「あら、こういう時に進んで皆が嫌がる事を引き受けるのが長女の使命だと思うのだけれど」
水「フン、都合のいい時だけよくもまあ……普段何かにつけてリーダー面する貴女がやればいいじゃなぁい」
真「私は鬼とは程遠い薔薇乙女よ。あんな変なお面を着けて走り回るなんて相応しくないわ」
水「あら、名前的にもぴったりだと思うわぁ。ねえ、赤鬼さんw」
真「な、何ですってぇぇぇぇぇ!?」

薔「さっきから、あちこちで鬼のお面抜きで豆まきが始まる予感がプンプン……」
蒼「……分かったよ、僕が鬼するから。ほら、青鬼。これでいいでしょ?」


雛「鬼はーそとーなの! (非力なりに全力)」
金「鬼はーそとーかしらー! (加減なし)」
翠「ほれほれ、鬼は外ですぅ! (容赦なし)」
真「鬼は外! 鬼は外ぉ! (もう全力投球)」
水「ウフフ、久しぶりに全力で投げちゃうわぁ……鬼は外ぉ! (真紅に張り合い最初から全開)」
薔「……鬼は外(気持ち手加減)」
蒼「い、痛っ! ……ちょっと待ってよ、そんなに力いっぱい投げないでよ!」
雛「あ、痛かった……?」
金「ちょっと調子に乗りすぎたかしら……」
翠「何を言ってるですか! 鬼は全力で倒さないと福が逃げてしまうですよ!? ほれほれほれぇ!」
真「例え実の姉妹と言えど、鬼の面を被ればその瞬間から鬼……手加減など無用なのだわ! 食らいなさい!」
水「それに、鬼役の人は豆をぶつけられればぶつけられるほど幸せになれるのよぉ? アハハハハハ!」
薔「鬼さんドMすぎ……」
蒼「それ絶対誰かに騙されてるよ皆ー! 痛、いたたたたたたた!」


蒼「……」
薔「大丈夫? まだ痛い? ……よしよし」
雛「……ねえ、蒼星石。痛かった? ごめんね?」
金「さすがにちょっとやりすぎたかしら……ごめんなさい」
翠「え、えーと……別に翠星石の事は怒ってないですよね?」
真「ま、まあ、我が国の伝統なのだし、それを身を以って体験できた貴女は私達一の幸せ者なのだわ」
水「そ、それにあれだけ豆を当てられたら、本当に幸せになれると思うわぁ……」

蒼「……」

雛「……さっきから黙ってお寿司ばっかり食べてるの……ねえ、こっち向いてよ蒼星石ぃ……」
金「他の皆が謝らないからまだ怒ってるかしら! ちゃんと謝るかしら!」
薔「……かなり根にもってそう……特にそこの三人に……」
翠「うっ……ごめんなさいです、蒼星石……今度の掃除当番代わってあげるから、許して欲しいです……」
真「わ、私も……今度、バレンタインバージョンのくんくんを貸してあげるから、ね? ……ごめんなさい」
水「べ、別にこれは伝統行事なんだし……そうだ、節分バージョンのくんくん貸してあげるから……その、ごめんなさい」

蒼「……約束は守ってよ、三人とも」
翠「! ……蒼星石!」
真「全く、巻き寿司一本食べ終わるまで振り向きもしないなんて……貴女も意外に食い意地が張ってるわね」
水「とか言って随分嬉しそうねぇ、真紅……ま、まあ、一度言った事だし……今度くんくん貸してあげるわぁ……」

蒼(ところで薔薇水晶、皆は恵方巻きの事知らないのかな?)
薔(他の皆は説明する前に「わあ、お寿司だー」って言って食べてしまったから……)
蒼(……まあいいや。せっかく色々貰える事になったんだし、黙っておこう……)
薔(さすが蒼鬼……)

|