※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少女時代。私は決して裕福ではない、アパート暮らしの慎ましい生活を過ごしていた。
父は仕事柄家を空ける事が多く、月に数回しか会うことはなかった。
『お父様はお仕事がとても忙しいの。だから、水銀燈がいい子にしてないと帰ってこないかもしれないわよ?』
―お母様は寂しくないの?。
『そりゃ寂しいわよ。でもね。いくら離れていても、ずーっと遠くにいても、お父様は私達を愛してくれているの』
そして決まって柔らかい笑みを浮かべて頭を撫でてくれる。
独特の髪と目のせいでいじめられる事は多かったが、その度に抱き締め、慰めてくれた。
私は、そんな優しい母が大好きだった。
高校に入学して、夏服に袖を通す頃、母が倒れた。心労が原因だった。
父は、病院に現われなかった。

病状は日に日に悪化していく。髪は抜け落ち、目は窪み、手は水風船のようにパンパンに腫れ、呪文のようにお父様の名前を繰り返していた。
…見る影もない。母を見るのが苦痛の日々が続いた。


学校と病院と家との往復生活に慣れた頃、父が数か月ぶりに帰ってきた。
―今まで何をしていたの?お母様のことが心配じゃなかったの?なんでもっと早く帰って来れなかったの?
息が切れるくらい質問を浴びせ続けた。
『いいんだ』

『もうジャンクになってしまったから』

―何を…言ってるの?
『もう壊れたジャンクだから、必要ないんだ』
心臓が肋骨を突き破りそうになった。
―ふざけないでぇっ!
『私は大真面目だよ。水銀燈。そうだ、ジャンクになったお母様の代わりに、私の新しい妻を紹介しよう。君の、新しいお母様だ』
新しい…なんですって?

『おいで、薔薇水晶』

家を空けている間、こんな少女と逢瀬を重ねていたの?
お母様は、今も病院でお父様の名前を呼び続けているのに。信じているのに。まるで…壊れた人形のように。
『どうした?ご挨拶なさい。水銀燈』
―あなたが!あなたがお母様を…!壊したのよ!あなたがジャンクだわ!!
『何を言っているんだ?全てあいつ自身の責任だろう?』

何かが、はじけた。
私は、近くにあった包丁を握り、父に向かって――


気がつくと私は腹部を押さえて倒れていた。紅い血だまりの中で。父の姿はなかった。


「水銀燈?どうしたの?またいじめられたの?」
「…大丈夫よ。貴女は強い。強くなれる。私と、お父様の子だもの。その赤い瞳は、泣いて赤くするようなものじゃあないわ」


………

…ここは?
辺りはカーテンが遮り、周囲の様子を伺わせない。闇の中からかすかに漏れる柔い光から、今が夜だということだけ理解できる。
…なぜ私は寝そべっているの?私の腕から伸びる管は?ここは……病院?

病院!?
なにをやっているんだ。帰らなきゃ…体を起こそうとすると、下半身に力が入らない。ベッドから降りることすらかなわない。
あれ?体が立つ事を忘れちゃったかな?…そう自嘲していると、わずかにめくれた服の隙間から、腹部に大きな傷痕が見えた。
真っ白なキャンパスに急に出現した裂け目のような、それを無理矢理絵の具で押さえ込んだような、違和感のあるものだった。

………何これ…?

瞬間、世界が逆転する。

「嫌ぁぁあぁぁああ!!」
悲鳴。声をあげるだけで、私のお腹はズキズキと痛む。
つかのまの静寂が訪れた後、聞きつけた忙しく動く看護士の様を見ているうちに、私の意識は途絶えた。


……何かがちくちくと私の頬を刺す。目を開けると、眼前にはち切れんばかりの笑顔が広がっていた。
「アハッ♪起きた起きた!」
「うぇっ!?何よぉ!?」
我ながら情けない声を出してしまった。いや、誰だって寝起きに髪の毛がかかるまでの距離で人に覗かれたら驚くだろう。
「貴女でしょ?昨日の夜歌ってたの!」
歌?昨日の叫び声を歌と言ってるの?
「いやぁ、私も歌うの好きなんだけどさ、貴女みたいな綺麗で高い声がなかなかでなくてさー」
…わけがわからない。
「ちょっとめぐ。初対面の方に対して不躾すぎるのだわ」
鮮やかな金髪が視界に入ってくる。
「そっか!じゃあまず自己紹介だね。私は柿崎めぐ。めぐって呼んでね!」
…溌剌で、正直苦手なタイプだ。私と同じ服を着ているからにはここの患者だろうが、なんでこんなに元気なんだろう。
「初めまして。私は真紅。よろしく。えっと…」
「…水銀燈」
「そう。よろしくね。水銀燈」
長い黄金色の髪が太陽に反射してきらきらと輝いている。そして私に向ける微笑みは、その髪よりさらにまぶしく目に映った。きっと逆光のせいだ。そう自分に言い聞かせた。


「…もう、用がないなら帰って」
「…いいわ。貴女も目覚めたばかりでつらそうだもの」
「また来るね!水銀燈!」
私は、おもわず頭までばふっと布団をかぶった。なぜだか、無性に照れ臭かった。―そうだ、お母様に…
「…待って。車椅子、持ってきて。お母様に会いに行きたいの」
「…」
つかのまの沈黙。布団の中から声をかけたから聞こえなかったんだろうか。
「ねぇ、車椅子を…」
布団から出てみると、先程の空気から、状況は一変していた。
「水銀燈、落ち着いて、よく聞いて。貴女のお母様は…」
その表情は何?さっきまでの笑顔に戻して。
柿崎めぐは、そっぽを向き小刻みに肩を震わせている。
「ちょっとぉ…」
思わず苦笑してしまう。
真紅は私の肩を掴み、つかのま、ものすごい力を込めて言い放った。

「お母様は、地下室にいる。会えるけど、会えない」

「貴女が目覚める二日前に…お亡くなりにな―」
「嘘よぉ!!」
「きゃ…落ち着きなさい!水銀燈!」
鋭い痛みが頬に走る。殴られた…?
「……一人になっちゃったぁ」
放心状態から、やっと言葉が出てくる。
「…しかも歩けなくなっちゃうし…グスッ、どうしてぇ?グスッ」
「どうしてぇ?お母様…お父様。グスッ」
ふわりと、紅茶の香りが。
「…大丈夫よ。貴女には、私達がいる」
見ず知らずの女。けれど、なぜかとても安心できた。紅茶の香りが、胸いっぱいに広がった。

|