※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第9話『アッガイって何?』

午後の授業が終わり、掃除の時間なのだが…帰り支度を始める僕。
自慢じゃないが、入学してから一度も掃除をしたことがない。
そそくさと教室をでて、昇降口で靴を履き替え外にでると、校門の所に少女が立っていた。
その娘が、こっちに向かってピョンピョンと飛び跳ねながら、手を振り始めた。まだ掃除の時間だ…あたりには僕以外誰もいない。
ってことは、僕に手を振っているのか?しかし、この距離じゃ顔が見えない。
平静を装って近付いていくと、立っていたのは薔薇水晶だっだ。


とりあえず、薔薇水晶と分かったので手を振り返すと、益々嬉しそうに手を振ってくる。

薔「JUN。…遅いよ」

遅いと言われましても…ね。約束してたわけじゃないし。

J「お前、なんでこんなとこにいるんだ?」

薔「…JUNを待ってた。」

J「なんで?」

薔「……恋人が一緒に帰る…当然」

と、言って軽くVサインをする。
掃除もしないでバカなことを…てか、誰が恋人だよ。

J「一緒に帰りたいの?」

薔「……うん」

まぁ、一緒に帰るくらいいいか。ということで、薔薇水晶と一緒に帰ることになった。


校門をでて、しばらくの間、薔薇水晶が今日の出来事を話していた。

薔「……で…きらきー……が……で……なの」

楽しそうに雪華綺晶さんの話をする薔薇水晶。彼女のことが大好きなんだろう。そんなことを考えると思わず笑みがこぼれてしまう。

薔「……私…変なこと言った?」

J「いや、違うよ」

そう言いながらも笑っている僕を見て困惑する薔薇水晶だったが、諦めたようにまた話始めた。

薔「JUNは……どのシーンの…アッガイが…好き……?」

J「はィ!?」

素っ頓狂な声をだしてしまった。
アッガイってガンダムのアレか?
僕はガンダムに詳しくない。
アッガイだって名前だけで、どんなナリをしてるのか知らない。

J「ごめん。ガンダムあんまし知らないんだ」

薔「!?」

いや、そんな『え?ギャグでしょ?てか、そのギャグ全然面白くないよ』みたいな顔されても困りますよ…


その後、薔薇水晶のガンダムトークを延々と聞かされ、僕んちの近くまで来た時気付いた。

J「僕が普段帰る道で来たけど、薔薇水晶んちってこっちなの?」

薔「…?……だって…JUNの家で…遊ぶ……」

何言ってんの?
ダメに決まってんじゃん。
男の1人暮らしだよ?めちゃめちゃ汚いんだよ?

薔「え~……イジワル…」

と、言われまし………うっ!?
卑怯だ……涙目上目遣いなんて

J「……次…次、一緒に帰った時には入れてあげるからさ…」

満面の笑みを浮かべ
J「///」

抱きついてきた

薔「…ありがと。JUN」

そう言って、僕からはなれると駆け足で帰って行った。

薔(…JUNに……抱きついちゃった…///)

続く

|