※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日、僕はとある失敗をしてしまった。僕は深く傷ついていた

「…JUM…あんまり気にしちゃダメだよ……?」

そんなとき薔薇水晶が慰めにきたのか、励ましの言葉をかけてくれた。だけど…その優しさが今は辛いよ…

「……あぁ…心配してくれてありがとな…」

僕はそう答えるのが精一杯。今は一人にしてくれ

「…でも…ホントに気にする事でもないと思うけど……たかだか──」

彼女の話を聞くやいなや、僕は頭の中で何かが切れた感じがした

「……さいっ……」
「……JUM…?」
「…うるさいって言ってるんだよっ!もうわかったから帰れよっ!!」
「…何怒ってるの…?」



彼女の冷静さに…彼女の瞳に見られて…僕はもう…止まりそうになかった

「怒ってないっ!!…お前も口では慰めてるけど、内心どう思ってるんだかな!?わかったもんじゃないねっ!!」
「……」
「お前だけじゃない!他の奴もそうだっ!!真紅たちだって…!!」
「……JUM…落ち着いて…これを見て…?」
「……?」


彼女はそう言いカバンの中から何かを取り出した。それをおもむろに自分の頭に着けはじめた

「…ニャ…ニャ~…///」

猫耳だった。見事に僕のツボをついてくるその姿に気がついたら僕は彼女を押し倒していた

「…ニャ!?ニャン///」
「…薔薇水晶…ごめんなひどい事言っちゃって…最低だよな…」
「…別に気にしてない…ニャン」
「…あの時は確かにスレはおちてたんだ…それでホントに焦ったんだ…」
「…うん」
「…画像を貼ってくれた人に一言お礼が言いたくて…でも書き込めなくて…ならさっさとスレを立てちゃおうと思って…」
「…うん…焦ってたんだね…失敗なんて誰でもするニャン…だから気にしちゃダメニャン♪」
「…ッ!……うわああぁぁぁぁぁぁぁ!!」
「……よしよし…良い子、良い子…」

僕は泣きだしてしまった。やっと救われた、そんな気がしたからだ

…それにしてもこの猫耳、反則である。僕は泣いてる勢いで彼女の胸に顔を埋めた。そして───


おわり



薔薇「あんなこっといいっなー♪ヤれたらいいなー♪あんなことこんなこといっぱいあるけどー、
いっしょにキめえて、トびたいなー 「はい、【バイアグラぁー!!】」 アンアンアン、とっても大好き 
サクラーダジューン♪」
ジュン「たのむ、大声で歌うな、人が見てる。脱ごうとするな、欲zy…人に見られる。」
薔薇「ぶぅ」
ジュン「元ネタはあれか、青ダヌキか?」
薔薇「きらえ●んに教えてもらった」
ジュン「歌うなら家で二人っきりのときにしてくれ」
薔薇「今の言葉、ボイスレコーダーに記録した。嘘ついたらこれをばら撒く。
欲情するって言いかけたのを真紅に言ったら…」
ジュン「やめてくれー!!!!」
薔薇「まずは、アッガイのコスプレして」
ジュン「ああ、奴隷生活の幕開けだ」

薔薇「ニヤリ」





薔「♪ばばば、ばばば薔薇水晶~
ばばば、ばばばば薔薇水晶~♪」

ジ「……」

薔「♪ファイナルフュージョン!…はい。」

ジ「し…承認だ?」

薔「おK…れっつファイナルフュージョン…」ヌギヌギ

ジ「ちょwww脱ぐな!!」



薔「さてさて…早速ジュンのディバイディングドライバーをば…」ゴソゴソ

ジ「な…何をする貴様ー!!」





J「何してんの?」
薔「・・・このスレとJUNとの愛を保守」
J「前者だけにしてくれ」
薔「・・・JUNのいけず(クスン」
J「それはそうとご当地アッガイの大阪アッガイ買ってきたぞ」
薔「GJそして乙」
J「ところで大変な事に気が付いた」
薔「・・・何?」
J「勢いで書いたからオチがない」
薔「・・・そこはやっぱりJUNに一肌脱いでもらう」
J「僕は脱がn・・・って何する貴様ー」






保守が大好きな薔薇水晶

薔「保守保守保守保守・・・」
ジ「おいおい、そんなに保守レスしてたら荒らしと間違えられるぞ」
薔「保守保守・・・(エンドレス)」
ジ「最早聞いちゃいないな。 ほら、アッガイのフィギュアやるから止まれ」
薔「間に合ってます・・・保(ry」

ジ(しょうがないな、できれば言いたくなかったが…)
ジ「じゃあ僕をあげるかr」
薔「ジュン~♪」
ジ「どわっ、いきなり抱きついてくるなよ!」
薔「ふふ・・・絶対に逃がさないからね・・・」
ジ「待て待て!頬摺りしながら服を脱がすな!
ほっぺが摩擦でまさちゅーせ……うわあああああああ!!」

保守





ジ「俺とアッガイどっちが好きだ?」
薔「ジュン」
ジ「即答だな」
薔「アッガイは好きだけど、ジュンは比べられない程好きだから……」
ジ「じゃあ俺とザクレロなら?」
薔「……………………………」

ジ「…………」





TV(梅酒のCM)
薔「さ~らりとした~う~め~しゅ~・・・飲んでみたい」
ジ「ヒント:未成年」
薔「・・・ダメ?」
ジ「お前が良いと思うのならば飲んで良いが」
薔「ゴクッゴクッ」
ジ「一応犯罪になると言うことを………って!本当に飲む奴がいるかあああああ!!と言うかそれはいったい、どこから!?」
薔「さらりとしてますぜ・・・旦那・・・」
ジ「誰が旦那だ!そして僕の質問に答えろ!」
薔「ひどいわ・・・そうやって私をいじめるのね・・・」
ジ「いじめてないし、しかもお前は誰だ」
薔「わかったわ・・・脱ぐわよ・・・!脱げばいいんでしょう!?」
ジ「お前の眼にはどういう僕が映っているんだ!」
ヌギヌギ
ジ「じゃなくて脱ぐのをやめろおおおおお!!!
そして僕を押し倒すなうわあああああ………」

結局 襲われてしまいました





ヒラリ
薔「今日のばらしーのパンツは何色でしょうか?」
ジ「紫」
薔「見たのね・・・えっち」
ジ「今見せつけられたからな」
薔「更にえっち・・・」
ジ「保守」







――保守短編

ジュンが薔薇水晶と結婚したいそうです

J「お義父さん!! 薔薇水晶を下さい!!」
薔「wktk」
雪「(´・ω・`)ジュンサマ……」
槐「ダメだ。お前に薔薇水晶はやれん」
J「そうですか……」
薔「(´;ω;`)」
雪「(´・ω・`)バラシーチャン……」
J「だったら雪華綺晶を下さい」
薔「(゚д゚)」
雪「(゚д゚)」
槐「それならいいよ。幸せにしてやってくれ」
薔「(  Д )  ゜ ゜」
雪「v(^∀^)」

こうしてジュンは雪華綺晶と結婚し、末永く幸せに暮らしたそうな。

めでたしめでたし

薔「(゚д゚)」





図書館にて…
ジ「お、薔薇水晶じゃないか、何してんだ?」
薔「……勉強…語学の…」
ジ「英語…じゃないよなぁ、これ何語だ?」
薔「ポルトガル語…」
ジ「また随分と狭い範囲の言葉だな…ブラジルでも行くのか?」
薔「ただ…なんとなく…響きがいいから…」
ジ「例えば?何か話してくれよ。」
薔「こっほん…モノを値切るときの言葉は…フィカリーア・ウンポゥコ・マイス・バラート(もうちょっと安くして)…」
ジ「わかりにくいな…」
薔「実はこれ…略した言い方があるの…」ニヤリ
ジ「へぇ、どんな?」
薔「…ウンポコマイナス…響きが素敵www」
ジ「マジかよwww」



皆さんもブラジルへ行ったら是非試してみてください。





エンジュ「薔薇水晶」

薔薇「駄目じゃないかぁ!! お父さんは死んでなきゃ!!」

エンジュ「心まで(ryいや何でもない」

薔薇「罪を償え!!」

エンジュ「ちょwwwwwwwwwwwwwwwwムラサメブラスターはX-3」

薔薇「空気嫁よ駄目親父…」

エンジュ「なかなかどうして、娘に好かれないのか…」

薔薇「隙あり」

エンジュ「アッー!」

|