※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あいつは僕らの生活にはあまり干渉しない。酒と少しのつまみだけもって部屋にこもってる。
それが堪らなくムカツク。何様だ?当たり前のように食料を要求、終いには預金にまで手をつけやがった。
どうしてだよ、なんで何も言わないんだ、ねぇちゃん。
どうすれば、どうすればあいつはいなくなる?
「ジュン!ジュン!」
「どうかした?」
「どうかした?じゃないわよ!あなた変よ?ずっと怖い顔してたわ」
感情を顔に出さないというのは難しいな
「大丈夫なの?」
「あぁ、大丈夫」
「それよりどこに行くのだわ?」
今日は約束のデートだ。私服の真紅は新鮮で、朝合ったときは柄にもなくドキッとしてしまった。
「そうだな、映画でも見に行こうか?」
「それなら、くんくん探偵の新作が発表されたのだわ!それを見に行きましょう」
くんくん探偵、彼はまさしく天才、事件解決の裏にくんくんありと世間は騒いでいる。
鋭い洞察力に観察眼、そして優れた推理力。気になることは全て自分で確認するという行動力。
正直彼を相手に完全犯罪をする事は不可能だろう。
有名になると同時に本やドラマなどが作られる。今では映画まで作られるほどだ
「くんくんは天才よ」
これは真紅の口癖だ。彼女は中学の時からくんくんに惚れ込んでいる。
「くんくんか、好きだなお前も」
「うるさい下僕ね、いいからついて来るのだわ!」

「ちょっとまった!」
「どうしたんだ、くんくん探偵」
「どら猫警部、何か違和感を感じませんか?」
「どういうことだね」
「ガイシャの首を見たまえ!」



話はクライマックスになるにつれテンポを上げていく。
「違う!俺じゃない!!!」
「それではこれをどう説明する!」
「うっ…」
追い詰められる犯人、次々と矛盾を突いていく探偵。
正直面白い、どんどんのめり込んで行く…

「やはりくんくんは天才なのだわ」
「意外と本格的だよな」
「あら、それは当たり前よ!実話を元に作られているんだもの」
「そうなの?フィクションじゃないんだ」
「当たり前よ、くんくんの解決した事件を忠実に再現してるのだわ」
現実に起きた事件か…。もし犯罪を、やつを抹消したとしたなら僕も映画の犯人のように追い詰められ、そして…
だめだ、やるからには完全犯罪を。発覚はすべての崩壊を意味する…
「ジュン!ジュン!」
「えっ?」
「まったくしっかりして欲しいのだわ。私とデートじゃ不満でも?」
「そ、そんなことないよ!楽しいって」
「嘘だわ、さっきから浮かない顔ばかり…」
「真紅…」
だめだ、今はデートに集中するんだ!
「ごめん。ご飯でも食べに行こうぜ?おなか減ったろ」
「…」
「ほら、ほら。奢るからさ」


「~♪」
「…ドンだけ食うんだよ」
テーブルに並べられた料理のあまりの量にメマイがした
「あら、御代はジュンもちだから私はかまわないわ」
「お、おまっ、僕は高校生だぞ!そんな余裕ないっての」
「ふふっ、主人を悲しませた罰なのだわ」
「悲しかったのか?」
「だ、誰が!」
「素直じゃないなぁ」
人から見たら仲の良いカップルだろうか?互いに軽口を言い合いながらも楽しく同じ料理を食べる。
真紅とずっとこうしていたい

「今日は楽しかったのだわ。」
「僕も楽しかったよ」
真紅は僕にそっと口付けをする。
「!…」
「…鈍感な下僕にはこれぐらいが丁度いい告白でなくて?」
真紅の顔が真っ赤だ。僕の頭は対照的に真っ白だ。
「えと、その、あの…」
真紅は恥らいながらも僕の眼を見つめている、応えなくては…
「スッ、スキdヨ!!」
しまったぁ、ここで噛むなんて…
「ぷっ。何緊張してるのよ」
「だって、いきなり」
「嫌だった?」
「とんでもない!好きだよ、真紅のこと」
もう一度キスを交わす、今度は長く

「ただいま~♪…?」
幸せが吹っ飛ぶ。部屋が暗い、すすり声が聞こえる。次いで聞こえる怒声。
「金って要ってるんだ!!!早く出せ!」
「この間、渡したばかりですが…」
ドガッ!
「キャッ!!」
「使っちまったんだよ!」
ねぇちゃんがマズイ!悲鳴の聞こえたほうへ急ぐ。奴だ、姉に手を出しやがった!
「ねぇちゃん!」
「ジュン君!きちゃだめ!」
奴と目が合う。どす黒い、欲で濁った眼。
ふと記憶がよみがえる。
---------
ピンポーン
「ジュン君出てくれるぅ?」
「わかったよ」
ガチャッ……!?
「久しぶりだな、坊主。ねぇちゃんいるか?」
「ウッ……ハイ、イマス…」
奥へと上がって行く叔父。依然とは違う。荒んでいて酒臭い
どうしてここに?連れ戻しに来たの?怖い、眼が…怖い
その夜
奴がうちに居候することになった。交通事故で家族を失ったとか…その日から悪夢が始まった。
何もすることなく部屋を占拠する。二階には常に酒のにおいが充満している。
少しは同情した、同じ境遇だったから…
---------
だが、その同情は今そぐに憎悪に掻き消された。
「ねぇちゃんに何をしてる!」
「ちっ!金だよ金!遺産相続したんだろ?」
「最初から金目当で来たのか?」
「それ以外に何がある!お前らが俺の家から出なければ、その金は俺のになってたんだよ!!」
狂ってる。すぐに殴り飛ばしたい。金欲しさに僕の幸せを壊しやがって…
「やるのか?コブシを握り締めて、」
嘲笑するかのように僕をからかう。
だめだ…僕には出来ない。あの目で見られると足が竦む。
「餓鬼が調子に乗りやがって。おい、金だ!」
叔父は姉の財布の中の札を全て取り出し家を出て行く。
悔しい、こんなに悔しいことはない。何も出来てないじゃないか…姉さえも守れない。
後ろから呼び止める声がしたが無視して部屋に上がる。

『やる…』

姉を守るため、幸せを取り戻すため…
あいつは悪だ、対抗する僕は正義だ。誰にも文句は言わせない。奴になくて僕にある力がひとつある。

力なき正義は無力…
正義に裏打ちされた力が最も実効性のある解決策…

|