※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とんだ笑いもんだよ僕はピエロだ
昨日の今日で、新しい彼氏って…
蒼星石のやつ…

J「ハハハハハハハハハ…」

渇いた笑い声が響きわたる

僕達は昨日、別れた…
………
蒼「僕達…もぅ、別れようか」

J「えっ!? ……」
蒼星石の真剣な表情に、次の言葉がでてこない。
ホントは別れたくなかった…
ヤダと言えば良かった……
でも、蒼星石の覚悟を決めたその表情に僕は……

J「えと、理由は?」

沈黙が続く…
実際は1分程度だったのだろうが、僕には何分にも何時間にも感じられた
そして、蒼星石が重い口を開いた

蒼「……他に…好きな人ができちゃったんだ…」


途切れ途切れに泣きながら答える蒼星石…
僕に原因があるのなら食い下がれただろう
だけど、仕方ないよな…好きな人ができたんじゃさ

J「わかった いいよ」

蒼「ごめんね…ごめんね…JUN君のことも大好きだけどマサトのほうが…」

僕の知らない名前
もぅ、名前で呼んでるんだ
ハハ
詳しい話を聞くと、僕達より7歳年上の大工だと言う話だ
まだ、僕達が付き合ってる時に何度か会っていたそうだ
涙が込み上げてくる…が、僕はムリヤリ明るく振る舞う今までそうしてきたように僕はムリヤリ笑うんだ
勝手に舞い上がって……所詮僕はピエロだ

蒼「…ぢゃぁ、バイバイ」

J「じゃあな 困ったことがあったら相談しろよ」

蒼「うん…」

こうして、僕達は終わったんだ


道化を演じてきたピエロ
ピエロは玉と出会います
ピエロ ピエロ
いつしか、玉を得たものと
勝手にピエロは勘違い
ピエロ ピエロ
1人でピエロは舞い上がる


ピエロ ピエロ
ピエロは嘘をつくものだ
だけれど、嘘を見抜けない
ピエロ ピエロ
その手に掴んでいた玉を
いつしかピエロは失った
ピエロ ピエロ
己の意志で演じたハズの道化だが
いつしか、演じさせられた
ピエロ ピエロ
ピエロは夢を見せるもの
見せられてたのは、俺だった
ピエロ ピエロ
ピエロのその手は空っぽだ


ピエロ ピエロ
道化を演じたつもりだが、
結局、己もバカだった
ピエロ ピエロ
ピエロは玉を失った大事なモノを失ったピエロ ピエロ
結局、ピエロはピエロだと
ピエロの幕はおりました
ピエロ ピエロ
ピエロの大事なその玉は
別の男のモノになりピエロ ピエロ
ピエロのショーは終わります
笑い話もここまでです
皆さんどうか、ピエロに拍手を

終わり

|