※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日のこと
教「えぇ、SHRを始める前に新しい教員を紹介する」
生徒A「先生、梅岡先生はどうしたんですか?」
教「あぁ、梅岡先生は退職なさるそうだ」
生徒B「やった(小声で)」
と言う声がかすかに聞こえてきた、確かに嬉しい
ジ「・・・・・それより、新しい教師って誰なんだろ?」
教「それでは、君入ってきてくれ」
?「おう」
ガラガラ・・・・
ジ(お、若いな・・・・・・ってなんでギターを?)
教「この人が今日から皆の担任の・・・・」
バ「熱気バサラだ、皆、よろしくな!!」
ジ(それほんとに名前??)
こうして、このちょっとおかしな教師との勉強の日々が始まった・・・・・かもしれない



その日のある授業

生徒D「先生、今日はどんな授業をしてくれるんすか?」
バ「やるとはいってないぜ」
生徒一同「はぃ?」
バ「授業なんてくだらねーぜ!!俺の歌を聴けぇッ!!」
ジ(えぇぇえぇ!!何で歌うのぉぉ!?)
バ「そんじゃぁ、はじめにRemember 16行くぜぇッ!!」
こうして、一時間まるまる使って歌っていた・・・・・
終わり

おまけ

え?あの教師がどうなったかって?さぁな、なんせ忽然と姿を消したらしい。先生の話によると、机に花と置手紙がおいてあったらしい。手紙には『花に水をやっておいてくれ』と書いてあったらしい

|