※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『 Eine Paradiesische Phantasie 』

「第一話 Begegnung」 #2 Enju

真「…」
ジ「…」
真「…」
ジ「…」
真「何か話しなさいよ」
ジ「って言われても…」
真「聞きたい事とか無いの?」
ジ「う~ん…。じゃあ、どうして神子に選ばれたの?」
真「…」
ジ「ほら、聞いたら聞いたで答えないじゃないか…。」
真「選ばれた理由は知らない。生まれた時にはこのローザミスティカを手に持っていたの」
ジ「その指輪の宝石?」
真「そう。これが神子の証…」

最初の塔、地の塔へと向かう途中の馬車の中
真紅とジュンは会話少なげに時を過ごした
ジュンが真紅から聞いた話は魔法について、神子の仕事について
ジュンは魔法が使えなかった
この世界で魔法が使える人は少数派だった
しかし、これといって特に使える人に条件は無い
「魔法の属性は何種類?」と聞いたら馬鹿にされた
「近衛隊隊長の癖に何も知らないの?」と

最初に向かう塔は、地の塔
ローゼン王国領土内にある
六つの塔は六つの魔法の源を象徴する
この世に確認されている魔法は、天地海光闇無の六つ
六つの源が開放されたということは、すなわち世界に流れ出る魔力が増えたということ
崩壊を止めるには多量のマナが必要と考えられている
強大な魔力を持って輪廻は遂行される
地の塔は王国の整備が行き届いているので、危険は少ないだろう…

会話が止み、日が沈み、夜が明けた
魔法で動く無人の馬車が止まった

真「…着いたようだわ」
ジ「ここが地の塔?」
真「そうよ。伝説になっているけれども、地の塔は王国の管理下にあるわ。何十紀もの間」
ジ「だから綺麗なのか…」

大地が突き上がったかのような巨大な塔
外壁は土によって出来ており、纏うかのような風がやさしく吹いている
その様子はまるで御伽噺
ジュンが伝説に出会ったのは二度目だが
この伝説は優しい感じがした

真「登るわよ」
ジ「わかった」

警備のものへ挨拶し、中へと進む
ジュンは魔物に警戒していたが、一匹も出ずに拍子抜けした
長い螺旋階段を上がり、いくつもの階を歩いていく
伝説とはよく言ったものだ
魔力の無いジュンにも空気に満ちた魔力の強大さに気付いた

しかし、とてつもなく高い塔だ
旅疲れもあり、偶然見つけた小部屋で一泊することにした
魔物もいないし安全なのだが万が一を考えジュンは警戒し、真紅だけを眠らせた…
何も出ない塔
魔力だけが満ち、このような高いところに人が入ったのはおそらく50紀前の輪廻の時以来だろう


真紅とジュンが塔に入ってすぐ
ある人物が塔に近づいていた
彼の名は槐
引き連れているのは二人の少女
名は雪華綺晶、薔薇水晶
槐の放つオーラには異質さを感じるが
二人の少女の放つオーラはさらに異質
周りの空間が歪んで見えるほどだ

塔の入り口を通過しようとする
警備兵が静止しようとしたその刹那
二人の少女が手をかざす
不意を疲れた警備兵数人は一瞬のうちに息絶えた

槐「二人とも、よく聞きなさい。中には神子が既に入っている。神子だけは殺してはだめだよ」
雪「お供のものは?」
薔「殺していい?」
槐「好きにしなさい」

槐が微笑むと二人とも微笑む
三人は静かに真紅の後を追って塔へと入った
静かに静かに、真紅とジュンの身に危険が迫っていた…

ジ「真紅、真紅」
真「んっ?」
ジ「そろそろ出発しよう。何か嫌な予感がする…」
真「そうね、誰かがこの塔に入ったみたいだし」
ジ「わかるのか?」
真「ええ、かなりの魔法の使い手が二人…。それと、もう一人は…わからないけど、三人だわ」
ジ「近づいてくるのか?急いで上に行こう!」
真「ええ」

二人は急ぎ足で上を目指す
五時間ほど歩いただろうか?最上階と思しきところへ出た
広い空間に、大きな宝石が埋められている
宝石?いや、魔力の原石
魔力が固まって出来た石だ
強烈に、肌を刺すように魔力が降り注いでくる

真「ここが…封印の間」
ジ「ここの封印を解けばいいのか?」
真「そうよ」
ジ「どうやって?」
真「壊す」
ジ「えっ!?」
真「壊すのよ!神子にしか使えない魔法があるわ。古代の解除の魔法…『Freilassung』」
ジ「それをぶつけるのか?」
真「そう。地の魔法は大地と炎を司る。大地と炎を解除する!詠唱に時間がかかるから少し待って」

真紅は詠唱の体勢に入る
指をを目標に向け、眼を瞑る
柔らかな唇からは古代の言葉らしき呪文が漏れ出す
ジュンが今まで見てきた魔法とは少し違う
なんというか、周りを遮断しきっている感じだ
今はどんな物事も真紅の興味を誘わない

槐「さぁ、やめようか。その耳障りな詠唱を…」
ジ「!!」

突然後ろから声が届いた
それと同時に突風がジュンの身を打つ
床に叩きつけられ頭がくらくらしたが立ち上がって声の主を探した
金髪で背の高い男
整った顔からは冷たい何かを感じる
その両脇には二人の似通った少女
まるで鏡に映したように左右対称の女の子
白いほうが手をかざしている

ジ「お前らか!この塔に侵入していた奴らわ!」
槐「薔薇水晶」
薔「…」

薔薇水晶と呼ばれた紫の女の子は手をかざす
詠唱も無く飛んできたのは闇を固めたような球体
ジュンは慌ててリュックで受けた

唖然とした
衝撃は無かったが、リュックが消し飛んだのだ
いや、消し飛んだという表現は違う
無くなったのだ!

薔「…それに触ったら…消える」
雪「私のに触ったら、生まれる」
「「私達は天と闇の魔法使い」」

ジュンは初めて見る魔法に動揺を隠せない
ファイヤーボールや氷の矢など、普通の魔法には臆する事無く突っ込んできたが
今回の魔法はヤバイ
天の力を見たわけではないが、闇の魔法だけでも危険だ

ジ(僕だけでは勝てない…。真紅は?)

真紅はこの騒ぎの中でも自分の世界に没頭している
心を閉ざして体内で魔力を練っていく過程に、周りの状況なんて関係ないからだ
ジュンは今までに無い恐怖を感じた
死線はいくつも超えて生きたが、今回ほど死を覚悟したことは無かった

ジ(やばい、…やばい!)

とりあえず剣を抜いた
だが、あの力を見た後では剣がとても頼りなく思えた
今までは剣だけで自らの命を守ってきた
しかし、この剣も今日は役に立たないだろう

部屋の中を走り回り、標準を外す
しかし、薔薇水晶はお構い無しに次々と球体を放ってくる
避ける度に床に空間が出来た

槐「薔薇水晶、神子を狙え。あいつは庇おうとするはずだ」
薔「…はい」

薔薇水晶は標的を真紅に変える
真紅は詠唱中で身動きが取れない

ジ(まずい!)

とその時!
突然真紅の手が輝く
指輪が真紅の魔力を吸い込み増幅する
増幅した魔力は光となり溢れ出す

 ―詠唱が止む―

 ―眼を見開く―

 ―手を、翳す―

真「『解除、Freilassung!』」

急激な空気の渦が部屋一体を包む
それは一回収まり一気に広がる
と同時に強烈な光が魔力の塊を貫く
魔力の塊は音も無く砕け散った…

槐「しまった!封印が解かれてしまった!」

魔力の石が砕け、柔らかな光が溢れ出す
そして、神子の体を包んでいく

真「塔に宿る命よ!我が名は真紅、輪廻の神子である!守護神の名の下に契約を結べ!」

溢れ出していた光は徐々に勢いを落とし
真紅の左手の薬指へと吸い込まれていった

槐「雪華綺晶!薔薇水晶!神子の指輪を壊せ!」

二人が同時に白と黒の球体を放つが、真紅は契約の途中
塔の大いなる力によって契約者は守られた

真「私が詠唱中に邪魔者が入ったみたいね…」
ジ「奴らはヤバイ!特にあの二人!」
真「わかってるわ。天と闇の担い手…。」

真紅と薔薇水晶、雪華綺晶が対峙する
ジュンは真紅がどんな魔法を使うのか見たことが無いのを思い出した

ジ(あいつ、解除以外にどんな魔法を使うんだ?)

真「逃げるわよジュン!」

ボソッと、真紅が何か言った

ジ「何?聞こえない!」

嘘だった
ジュンの眼は確かに見た
真紅の口が「逃げるわよジュン」と動いたのを

真「逃げるって言ってるのよ!」
ジ「戦わんのかい!」
真「さっき自分でも言ってたじゃない!あいつらやばすぎよ!目的は達成したし逃げるわよ!」

真紅は急いで何かを取り出す
こんな時のために王から授かっていたマジックアイテム
瞬間移転の魔法が入った魔法の筒
急いで開け唱える

真「私と桜田ジュンを塔の下へと送りなさい!」

空間が歪み二人を包む
二人の少女が慌てて放った白い球体と黒い球体が、二人の消えた空間を虚しく空を切った…
寸での所で二人は脱出できた

槐「逃げられたか…。まぁ封印が解かれたのはまだ一つ、後の五つを止めればよい…」


~#2 Enju~

|