※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねーねーじゅんくん」
「そーちゃんどうしたの?」
「えーとね、うんとね…わたしおおきくなったらじゅんくんのおひめさまになりたいな♪」
「じゃぁぼくはそうちゃんの『ないと』になるよ!」
「ほんとー?『ないと』はおひめさまをまもるんだよー。じゅんくんもわたしのことまもってくれるの?」
「もちろんだよ!ぼくがそうちゃんをまもるよ!」
「うれしい♪じゃぁゆびきりしよっ?」
「うんっ!」
「「ゆーびきーりげーんまーん……」」


「…星石…です…!」
ん…誰…?せっかく人が気持ちよく寝てるのに…
「こーなったらしゃーねーです…」
ガンガンガンガン!
「そーせーせきー!起きるですよっ!」
…耳元で何かを叩くような音がする…うるさいなぁ…これじゃイヤでも目が醒めちゃうじゃないか…
「ん……って、うわっ!すっ、翠星石!?どっ、どうして…?」
慌ててベッドから飛び起きると、姉の翠星石がフライパンとお玉を持ちながら、『翠星石は怒ってるですぅ』という顔をして仁王立ちしていた。
「『どっ、どうして…』じゃねーですっ!もう7時半ですよっ!?遅刻したいんですかっ!?」


翠星石が僕の真似をしながら頭の上で叫ぶ。寝起きにこんなにギャースカ言わないでよ…頭に響くじゃないか…
「ん…今何時だって…?」
まだまだ眠たい目を擦りながら、誕生日に翠星石に貰ったくんくんの目覚まし時計に目をやる。
「……えっ!?もう7時半なのっ!?」
「だからそうだってさっきから言ってるですっ!さっさとしないと遅刻するですよっ!」
マズイ…一応学校では優等生で通ってる身。遅刻なんかできるハズない…
「わっ、わかった!すぐ着替えるっ!」
「ったく…蒼星石が寝坊なんて珍しいですね…なんか夢でも見てたんですか?」
「夢…?」
そういえば何か昔の夢を見ていたような……………
あ。段々鮮明に思い出してきたぞ?
確かあれはあのときの……
「!!!///」
しまった……なんでよりによって彼との昔の夢を…
「ど、どうしたですか蒼星石?顔が赤いですよ…?」
「なっ、なんでもないよっ!//そ、それより…早くしないで大丈夫なの!?確か今日は翠星石日直なんでしょ!?」


「あーっ!忘れてたですっ!蒼星石!ご飯とお弁当はテーブルの上に置いてるですよっ!」
「わ、わかった…」
「じゃぁ翠星石は先に行ってくるですっ!」
「あ…待って翠星石」
「なんですかっ!?翠星石は急いで…」
「おはよう」
一瞬ポカーンとする翠星石。しかしすぐ笑顔になると…
「おはようです蒼星石♪それじゃ行ってきまーすですー」
そう言い残して高速で階段を部屋を出て行った。
「行ってらっしゃーい…さて、僕も準備しなきゃ……早くしないと遅刻しちゃう!」


「えっと、今の時間は…8時か。うん、ゆっくり歩いても間に合いそうだね」


通学路を歩きながら腕時計で時刻を確認する。
30分で洗顔・着替え・朝食・歯磨き・髪型のセットを終わらせたのか…人間やればできるんだなぁ…そのぶん朝から疲れたけど……
ちなみに今日はいつもよりスカートを短くしてみた。彼は気づいてくれるかなぁ?

そのまま少し速めに歩いていくと、眠そうに歩く彼の姿。
自然と笑顔になり、駆け寄って話しかける。
「ジュンくーん!おはよー♪」
「おー、蒼星石か。おはよー」


今はただの幼なじみっていう関係だけど、いつかそれ以上になりたいな…
それでずっと僕と一緒にいてね?
だって…君は僕のナイトなんだからさ♪

|